FC2ブログ

記事一覧

おそ松さん 2期 第11話感想

2017121700035267c.jpg

 「おそ松さん」2期 第11話「復讐のチビ太」の感想です。



   
 6つ子達は、チビ太のおでん屋に無銭飲食を繰り返しているため、ツケがタップリ。今日は食わせない気でいます。

 しかし・・・、
「確かに、お金ないのに来るのは良くないと思うよ。でも、気付いたら来ちゃうの! なぜなら、このチビ太の作るこのおでんが、すごーく美味しいから!」
    

「美味いよね、このおでん。」
「美味い。」
「そんなに?」
「なぜ、ミショランはこの店に注目しないんだ!」
「ミショラン!?」
   
 その後も、天才とか、おでんの申し子とか、才能の塊などと、褒め称えます。そして・・・、
「バ、バーロー! んな褒めんじゃねぇよ! 照れちまうじゃねーか・・・。」
   
 6つ子達の言っている事は本当の事だと思うけど、たぶん乗せられてると思うぞ。ヤツらがタダ食いするための罠だろ。冷静に考えろ、チビ太!(笑)

「でも、ダメだよ! ツケがこんなにも溜まってるんだから、チビ太に悪いよ・・・。今日のところは帰ろう・・・。」
    

 きたよ、あざトッティ。チビ太って、人情に熱いヤツだからなあ。これは、いい感じにトドメをさしたでしょう。(笑)

「待ちな! ほら、食ってけよ。」
   
『えーっ!? いいの!?』
「でも、ツケが・・・。」
「ケッ! ツケなんて水くせー事言ってんじゃねぇよ、バーロー! お代は、ある時でいいからよ!」
   
   
 そして、6つ子達はチビ太に感謝し、おでんをタップリいただいて、帰りました。

「ケッ! ったく、しょうがねぇヤツらだな・・・。」
   
 なあ、チビ太? 私が小さい頃「おそ松くん」を見ていた時は、お前のその人の好さにほれ込んでいたんだが、たまには心を鬼にしろ。まあ、こういう乗せられやすさも、チビ太の魅力の1つではあるんですが。
 っていうか、チビ太は、こんな調子でツケ溜めてんじゃねーの?(笑)

 後日・・・、
    
    
 ツケがあるにもかかわらずパチンコや競馬にハマっている6つ子達を目撃。

   
 そして、もみ合いに。トド松は助けずに応援するだけ。さすがドライモンスターと言われるだけの事はあります。(笑)

 その最中・・・、
    
    
    

「あ、あの・・・。ツケはそのうちちゃんと払うから・・・。」
   

 そして、6つ子退散。今払え! すぐ払え! それができないのなら地獄に落ちろ! 傷心のチビ太の代わりに、私が、言いたい事を言っておきました。(笑)

   
 それからしばらくして、街に暗雲が。しかも・・・、
    

    
 また、携帯も圏外、テレビもつかず、電気の調子も悪いと、不穏な雰囲気に。お父さんお母さんもいません。

 ついでに、一松もいません。そんな中、2階から大きな物音が。2階に行ってみると・・・、
    
    

   
 チビ太が復讐にきたと察したおそ松達は、家の中を完全防備。
「よし、これでもう入ってくるのは無理だろう・・・。」
「外に出なければ安心だよね・・・。」
「ああ・・・。」
    
 そうだね。チビ太がお前らをぶっ殺す効率が増してな。(笑)

   
    
   
 しばらくして、電気も完全に消えました。真っ暗な密室では、トイレに行くのも一苦労。

   
 まあ、そんな中でもバカをやるのがコイツら(笑)。だが、そんな中・・・、
   
 またしても、犠牲者が。

    
   
 チビ太は家の中にいると察し、隠れる事に。

    
 そんな中聞こえてくるチビ太の声。松狩りの歌とか、チビ太が楽しそうで何よりです。(笑)
   
    
 トド松は隙を見て、家から脱出しようとします。

   
 どうにかして板をぶち破りましたが・・・、
   
 まさかの鉄板。そして、逃げ場を失ったトド松は・・・、
    

   
 残った3人はイヤミの家に。

   
 イヤミの家には、1期のチビ太メイン回に出てきたあのキャラが!

    
 イヤミは3人を匿う事に。これで一安心。

   
 ・・・な訳がなく、イヤミが部屋を出ると、またしても密室状態に。そして、チビ太の松狩りの歌が。

   
 イヤミは、3人の味方ではなく、チビ太の味方。「おそ松くん」でのイヤミ&チビ太の目立ち具合を考えれば、まあ普通ですよね。

    
 そして、3人は、チビ太と対面。

「この毛はな・・・、この1本は、オイラの最後の砦だったんだ・・・。」
    
「これが抜けちまったら・・・、完全にツルッパゲの仲間入りじゃねーか!」
    
「いや・・・。仲間入りっていうか元から・・・。」
「思ってんだろ! 昨日からオイラの事、ツルッパゲだなって思ってんだろ!」
「いや、昨日っていうか・・・。」
「正直、出会った当初からずっと・・・。」
   
 ごめんな、チビ太。私も小さい頃から、お前をツルッパゲだと思ってたよ。この背の小ささがなければ「ハゲ太」って呼んでたかもしれない。(笑)

「オメーらにとっちゃ笑い種でも、オイラにとっちゃ世界が終わる程のショックなんだ!」
   
「だから・・・、殺すんだ、バーロー!」
   
 復讐って、ツケの事かと思いきや、まさか、毛を抜かれた事だったとは・・・。予想外だったぜ。っていうか、「おそ松くん」の時から結構歳とってるはずなのに、よく毛を1本だけ保てたな。(笑)

    
   
    
 その後、おそ松とチョロ松がアウト。

   
 残りは、十四松だけに。ちなみに、あの時毛を抜いたのは十四松です。

   
 しかし、十四松も黙っている訳にはいきません! バットを持って、本気モード!

   
   
 そして、お互い突撃。勝負の行方は?

    
 チビ太に軍配。一体何が起こったのか?
   
    
    
 なんと、まさかの協力者。こう見ると、チビ太って、人徳あるんだなあ。っていうか、一瞬でこんな事できねーよ。(笑)

    
 そして、チビ太は6つ子全員に勝利し、明るい朝が。

   
 トドメに、カラシを塗りたくって、復讐完了。その直後・・・、
「いやー、何が起きたのかまったく分からんが、これはきっと、何かしらの罰が下ったんだろうな。」
「そうだろうな。」
    
 息子どもが酷い目に遭ったというのに、それしか語る事ないんすか・・・。まあ、揃いも揃ってニートじゃしょうがないね! うん、お父さんお母さんの判断は正しい!(笑)

 その後、トト子がチビ太に話しかけてきて・・・、
「可愛い~。こっちの方がいいね!」
   
「え!? ホ、ホントに!?」
「うん! 似合ってる!」
    
「そう? いやー、実は、オイラもこっちの方がいいかなって、薄々思ってたんだよ!」
   
「1本だけ残ってるって、なんか中途半端だもんね! ツルツルの方がいいよね!」
「うん! 良いセンスしてるよ、チビ太君!」
    
   
「ありがとー! いやー、モテちゃったよ! まいっちゃったな!」
   

 6つ子涙目。世界が終わる程のショックとは、何だったのか。(笑)
 まあ、可愛い女の子におだてられりゃ、鼻の下が伸びるのは分からなくもないけど、チビ太! お前、チョロ過ぎっぞ、バーロー!(笑)



 という事で、以上、11話でした。

 チビ太KOEEE!
 これが、今話を見終えた主感想ですね。あんなに怖いチビ太、見た事がない・・・。ついでに、あんなにチョロいチビ太も初めて見ました。(笑)
 「おそ松くん」時代には見られなかったチビ太の怖さでしたが、チビ太の新たな一面が見られたと思えば、良い話だったと思います。ホラー要素が多かったものの、いい感じに笑えました。全キャラ出ていたのも良かったですね。

 今後も、チビ太メイン回が来たら、「おそ松くん」時代には感じられなかったチビ太の面白さを味わえたらいいな、と期待しています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター