FC2ブログ

記事一覧

アイドルタイムプリパラ 第25話感想


 「アイドルタイムプリパラ」第25話「ユメユメ! タイムスリップ」の感想です。


~ オープニング前 ~

 ある夜、「みさき」という女の子が、楽しい夢を見ていました。それは、自分がプリパラのステージに立って、歌っている夢。
    
   
 しかし・・・、
   
 あるマスコットが、みさきの夢を食い尽くしていきました。
    
 みさきは、夢が食べられていく悪夢にうなされますが、マスコットが消えると、落ち着きます。ですが・・・、
「アイドルって・・・、何だっけ?」
   


 このマスコットは、その後・・・、
    
 第2回アイドルタイムグランプリ後に出てきた、ファルルに似た女の子の元に戻ってきました。マスコットの名前は「パック」。
「どんどん女の子の夢を食べるのよ!」
   


    オープニング直後の提供画像


~ Aパート ~

 その翌日、ゆいとらぁらは、プリズムストーンの前で、みさきと友達が険悪な雰囲気になっているのを目撃しました。
 みさき達は、プリパラに行く約束をしていたものの、みさきは、そんな約束はした憶えがないし、アイドルに興味ないと帰ろうとします。やはり、昨夜見た夢が原因?
 そんなみさきに対し、ゆいは・・・、
   
「いいなー、プリパラ行った事ないなんて! じゃあ、これから初めて、プリパラ行って、プリパラチェンジして、初めてのライブして、初めてのトモチケ交換もできちゃうんでしょ!」
    
    
   
「わー、いいないいな! やっぱり、初めてのプリパラは、ユメ特別だよね! いいないいな! ユメいいなー!」
   
    

「あたし、プリパラ行ってみようかな!」
「え、本当に!?」
   
「何だか急に行きたくなっちゃった! ねえ、プリパラ行こう!」
   
    
 マジかよ・・・。こんな、クスリやってそうな目をしたお姉ちゃんの言葉が効いちゃうだなんて・・・。怖るべし、プリパラ・・・。私の辞書に、「鳴かぬなら ユメってみよう ホトトギス」という言葉が生まれちゃいました。(笑)

 その夜、ゆいは、すごく眠たげながら、絵を描いていました。
   
 見たい夢を絵にかいて枕の下に敷いて寝ると、その夢が見られると聞いて、沢山の絵を描いています。
「だって、ゆめかわな具のおにぎりの夢も見たいし、タッキーと結婚する夢も見たいし、あと、らぁらと一緒に世界ツアーを回る夢も!」
「あ、その夢は、あたしも見たい見たい!」
    
   
 あ、タッキーとの結婚は勘弁して下さい。ジャニーズのタッキーなら話は別ですが。
 っていうか、炊飯器との結婚とか、役所が受け付けないだろ。でも、この世界なら受理しちゃいそうで怖い・・・。(笑)


 その後、らぁらも便乗。ゆいとらぁらは、楽しく話し合い、幸せな夜を過ごしました。
   

 少しして、2人は、寝てしまいました。ゆいは夢の中で・・・、
    
   
 しかし、ここにも、パックが来て、夢を食べていきました。
   
 ですが、ゆいはパックを怖れる事なく、タッキーに、ご飯でできた城とかを出させました。
    
 パックは、どんどん食べて、どんどん大きくなるも、限界を感じてきました。
   
 一方で、ゆいの夢はまだまだあります。これは敵わないと感じたパックは退散しました。
「えー、もう帰っちゃうの? ねえ! つまんないの。」
   

 こえぇ・・・。何だよ、この子、悪魔じゃねーか・・・。この子と結婚したら、旦那さん、パックのような目に遭うんだろうな・・・。うん、これは、タッキーと結婚するのが正解だわ。(笑)


 その直後、らぁらが飛んできました。らぁらの夢は・・・、
   
 食べ物とアイドルの事ばかりと、ゆいとそんなに変わりません。2人の夢は繋がっているようです。
「って事は、夢だけに、お菓子も炊き立てご飯も!」
「食べ放題だ!」
    
 そうね。まあ、その分、劇太りしそうで、ファンが幻滅すると思うのですが。っていうか、まだBパート入っていないのに、どんだけガンギマってんだよ。(笑)

 その後、2人は、プリパラの時計塔の傍に来ていました。すると、ファララの声が聞こえ、2人は、どこかに飛んでいきました。

 2人が行き着いた先は・・・、
「アイドル姿、かしこまっと、復活でーす!」
   
 らぁらがパパラ宿で初めてライブをした時にタイムスリップしました。
    
    
    
    
    
   
    
    
   

 ライブが終わると、2人の元にプニコンが。プニコンは、ゆいとらぁらを、どこかに案内します。
 ゆい達が着いたのは、タイムガーデンに似た場所。
   
 そこには、ファララがいました。
 ファララは、時計塔の針が動いている時しか目覚められないため、夢の中で2人を呼び出したとの事です。


~ Bパート ~
 ここは、古代のプリパラ。今よりも遥か昔のパパラ宿のプリパラです。
    
   
 しかし、パックに沢山の夢を食べられてしまい、夢の力が弱まって、このプリパラは消えてしまったようです。
 ですが、パパラ宿のプリパラができた時、神アイドルのらぁらがパパラ宿に来た事と、ゆいの夢の膨大さのおかげで、この場所は消えずに済んでいます。ゆいは、パックが食べきれないほど夢があり過ぎるようです。
「ゆい、ライブをして。このパパラ宿のアイドル達とチームを組んでライブを。」
「私が・・・、チームを?」
「ライブの力で、時計塔の針は進むの。そして、その間だけ、私は目覚める事ができるわ。」
   
    
 そして、ファララは、2つのアイテムを出します。
    
 時が来て、もっとアイドルタイムが溜まれば、これらを授けるとファララは言います。そして、チームを組んで、夢見る力でパパラ宿を救って、と。
 また、「ガァララ」を見つけてほしいとも言いました。ガァララは、ファララを止めたようで。

 ゆいとらぁらは、ファララに聞きたい事があるものの、タイムスリップされます。少しして、2人は、ゆいの初ライブを見ました。
    
    
     
    
   
    
    
   

 次に、ゆい達が見たものは・・・、
    
    
    
   
    
   
    
    
   

 ゆい達は、過去から未来へと進んでいるようです。そして、次に見たものは・・・、
「夢の中でも夜更かししましょ。今宵、あなたに幽体離脱。」
    
   

 曲は「GOスト♭コースター」。
    
    
    
    
    
    
 メイキングドラマは「絶対的誘惑アーチマジック」。
    
    
   
    
    
   
    
   

 その後、夢から覚めたゆいとらぁら。既に夜が明けていました。
 2人は、同じ夢を見ていた事に気付きます。

 そして、パパラ宿のプリパラには・・・、
   
    
「パック、また最近夢が増えているから、いっぱい、いーっぱい夢を食べるのよ!」
   
「じゃないと、ファララが起きちゃうわ!」
   


 今回は、これで終了です。


次回:「がんばれみちる!!
 あろまに逆らえず、都合よく利用されているみちる。そんな自分に嫌気がさし、みちるは、あろまの言いなりにならないと心に決めます。
 しかし、勇気が出ず、なかなか自分の気持ちを伝えられません。見かねたゆいは、みちるに、プリパラ内のみちる・ミーチルとの交換日記を勧め、みちるは、日記でミーチルに悩みを打ち明ける事にしました。
 ミーチルは、みちるにどんなアドバイスをするのか?


    次回予告直後の提供画像


【まとめ】
 ゆいとらぁらは夢の中で、遥か昔のパパラ宿のプリパラの存在と、ガァララがファララの時を止めている事を知りました。

 という事で、今回は、ストーリーの大筋の一端に触れた話。説明主体の回であり、特にポイント立てて語る事はないですね。
 また、ライブシーンは4つもあったものの、すべて既出もの。おかげさまで、今回の掲載画像の多くは過去回感想から持ってくる事ができ、約6割がそうなりました。
 あー・・・。感想作成、楽だわー・・・。これが、今回の主感想ですね。2回に1回はこういう話だと嬉しいんだけどなあ・・・。(笑)

 さて、ストーリーの方は、ファララそっくりの女の子の名前が「ガァララ」だと明かされ、沢山の子達の夢を奪っている悪い子だと認識させるのが、今話の趣旨でしょうね。
 と言っても、ガァララがそんな事をするのは、何かしらの理由や背景があるのでしょう。絶対悪がいないのが、このプリパラシリーズにおける基本的事項であり、ガァララについても例外ではないと思いますね。
 ネーミングは、ガァルルに似ており、そのガァルルは、アイドルを目指して頑張ってきたものの挫折してしまった子達の無念さが集まって具現化されたものである事を考えると、ガァララについても、似たような感じで、負の感情を大きく抱えているのでしょう。
 考えてみれば、「夢」は「成功」と「挫折」の連続により叶えられるもの。どちらか一方だけでは、夢は叶えられない訳であり、「挫折」側の代表格として、ガァララにスポットを当てたいのかもしれませんね。

 まあ、とはいえ、ガァララについて本格的に語られるのは、だいぶ先の事になるでしょう。ストーリーの核を担うキャラだと思うと、ここで目立たせ過ぎては、終盤に内容の薄い回が多く出てくるおそれがあるでしょうし。
 とりあえずは、次回に集中ですね。いつも通り、目の前の1話に集中して、深く感じた事やギャグ感想をしっかり綴っていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

主感想が切実だ…!

こんにちはー。

説明回かつ総集編。
以前パックを「バクだから敵役フラグ」と書きましたが、本当に夢を食ってましたね。
プリパラに興味無しだった初期のパパラ宿女子、20話までゆいが忘れていた夢の原点、12話のにのの「昔持ってた思い出せない夢」、おそらく全部ガァララ絡みですよね…(16話のミミ子はグレーゾーンかな)。かつてパパラ宿にプリパラがあったのは、ファララとガァララの過去としてなるほどなあと思いました。

ガァララとパックの行動が解りましたが、ファララが目覚めると何か危ないことでもあるのか?
謎の解明は引っ張るでしょうが、ゲームで11月から再登場するジュリィが、ジャニスと共に謎をほぐしてくれる展開も期待しています。

新しいマイクとハープも出てきましたね。
チームを組む話、しゅうかや次のグランプリと合わせて楽しみにしていこうと思います。
次回はミーチルとみちる、彼女の内面的な部分に触れそうで面白くなりそうです。
私も集中して次回を見ていこうと思います。それではー。

Re:主感想が切実だ…!

 ayaさん、どうもです!
 今回もコメント、ありがとうございます!


 今話だけでなく、今作最大ギャグ回の13話、前作3期初回なども、感想作成は楽でしたね。
 スタッフ様達にとっても、今話のような総集編回は、良い骨休みになっているでしょう。精巧な3DCGライブシーンを作るのは苦労しますし、年1回しか休みがないのは辛いでしょうしね。

 ストーリー序盤でパパラ宿の女の子達がプリパラに興味がなかったり、にのが昔持っていた夢を思いさせなくなったのは、確かに、ガァララの影響が考えられそうですが、ゆいが夢の原点を忘れた事については、関係ないんじゃないかと。
 あれは、両親が自分よりもゆいに構う事に嫌気をさした兄から冷たく接され続けてきた事が原因でしょう。そこから少しずつ、兄を嫌う気持ちが膨れ上がり、アイドルを目指すきっかけとなった兄を想う気持ちが薄れ、いつしか、夢の原点を忘れたんじゃないかと思いますね。
 ミミ子についても、夢を諦めたのは、他人が絡んでおり、ガァララはまったく関与してないでしょう。もっとも、アイドルタイムシステムが採用されていない場所にはガァララは出てこれないでしょうし、夢を諦めたのは、パパラ宿に来る前の事ですので、関与「できない」んじゃないかと思いますけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター