FC2ブログ

記事一覧

キラキラ☆プリキュアアラモード 第19話感想


 「キラキラ☆プリキュアアラモード」第19話「天才パティシエ! キラ星シエル!」の感想です。


~ オープニング前 ~

 苺坂町にやって来たキラ星シエル。彼女が向かったのは、苺山。
 登山の途中、シエルは、妖精の姿に。
「みんな・・・。誰もいないキラ・・・。何があったキラ?」
    
   



~ Aパート ~
 少しして、いちかは青果店にて、難しい顔をしていました。
    
 いちかは、もっと美味しいスイーツを作ろうと思ってたら、色々考え過ぎてしまったようです。
 いちかが気を取り直して、メロンを選ぶと、シエルがやって来ました。いちかは驚きます。
   
 シエルは、いちかが選んだメロンは最高に美味しいものだと評価。
 その後、シエルは、並んでいる果物を見て、ひととおりのものを選びます。シエルが選んだものは、この街の旬のフルーツだそうです。
「地元で一番の素材を選ぶのは、基本でしょ!」
   

 直後、いちか達は、この女の子が天才パティシエのシエルだと気付きます。
「もうバレちゃった?」
    
 そりゃあ、サングラスだけじゃ、あっさりバレちゃうよ。金髪のストレートヘアーって結構印象に残りますし。帽子かぶるとか髪型変えたりするといいんじゃないかな。私的には、付け髭もアリだと思います。(お前、正統派美少女で遊ぶな(笑))


 すると、すぐに、多くの人が、シエルの近くに集まってきました。シエルは、この街で期間限定で店を開くとの事です。

 そして、後日、シエルの店が開店。店には、長蛇の列ができていました。
   
 少しして、いちか達5人も店の中に。店内の綺麗な内装に、5人は感動します。
   
 いちか達は、シエルとお話しできるカウンター席に案内されました。この店には、ショーウインドウはなく、アシェットデセール専門の店。
 シエルは、スイーツは目でも楽しむものだと、いちか達の目の前で調理を始めました。
    
   
    
  
  
 シエルのスイーツ作りを魔法のようだと賛辞するいちか。そして、スイーツができました。
   
「パルフェ!」
   

 「パルフェ」とは、フランス語でいう「完璧」。いちかは、シエルが作ったスイーツを見て、キラキラしていると感じます。

 そして、スイーツをいただくいちか達。
「何これ! 美味しい!」
   
 いちか達は、様々な味と食感を味わい、幸せを感じました。
「どうだった?」
「本当にすごいです! 美味しくて楽しくて、シエルさんのスイーツ、キラキラの遊園地みたい!」
   
「メルシー! アーティストでありエンターテイメントでもある。それが、私が目指す最高のパティシエよ!」
   
「最高の・・・、パティシエ・・・。うん! 決めた! シエルさん! 私を弟子にして下さい!」
    
 ひまりとあおいは、正気かと止めますが、いちかは、今までよりも美味しいスイーツを作れるようになりたいと本気です。
 しかし、シエルは、弟子はとらない主義だと認めません。シエルの下で働いている人達もいますが、彼らはスタッフであり、弟子ではありません。
「そこを・・・、そこを・・・、そこを何とかー!」
「ジャパニーズ土下座!?」
    
   

 まさか、女児向けアニメでジャンピング土下座が披露されるとは・・・。女児達がマネしちゃったらどうするんでしょうね。(笑)
 それにしても、土下座って、色んな種類があるんですね。前転土下座、スライディング土下座、焼き土下座などなど。土下座する局面が訪れたら、どんな土下座をしたらいいか迷っちゃいますね。(焼き土下座はやっちゃアカンぞ(笑))


「雑巾がけでも何でもしますから・・・。」
   
 おいおい、「何でもします」って言うと、ホモが湧いちゃうから、言っちゃアカンよ?(笑)
 っていうか、こんな時でもギャグ顔とか、すげーな・・・。これぞ、いちか! そこにシビれる! あこがれるゥ!(笑)


 シエルは、変な子だと笑いましたが、いちかの熱意は認めました。
 ですが、弟子入りを認めた訳ではなく、入門テストとして、スイーツで自分自身を表現するよう言います。実践するのは、次の店の定休日。
「な・・・、な・・・、何ですとー!?」
   


 キラキラパティスリーに戻っても、いちかは、どうしたらいいか悩んでいました。
    
    
   
 ギャグ顔のオンパレードのせいで、危機感が全然伝わってこねぇ・・・。次回で20話目となりますが、いちかのギャグ顔は衰えないどころか、ますますパワーアップしていて何よりです。(笑)

 その夜、ビブリーは、街のあちこちで行列ができているのを見て、苛立ちを感じていました。
 ビブリーは、並んでいる人から、天才パティシエと聞いて、何か思い付きます。


~ Bパート ~
 そして、テスト当日、不安いっぱいのいちかは、シエルの店を覗いてみました。すると・・・、
   
 いちかは、ペコリンじゃないかと感じ、もう一度店を覗いてみます。すると、今度は、誰もいませんでした。
 おそるおそる入店すると、横からシエルに声をかけられました。いちかは驚きます。
    
 その後、シエルの後をついていくと、沢山の試作品を目にしました。
   
 いちかは、食べてみると、あまりの美味しさにはしゃぎます。ですが、シエルは、足りないところを感じ取り、メモします。
   
 シエルは、いつもこのようにして、スイーツを作っているようです。
「同じ素材でも、品種や産地、収穫時期、それぞれみんな違う顔がある。どう調理して何と合わせるか、無限の可能性の中から、私は、最高の一品を追求したいの!」
「無限の・・・、可能性・・・。」
    
   
 そして、シエルはいちかに、自分自身を表現したスイーツを求めます。
 調理開始。いちかは、シエルのように指で音を鳴らそうにも上手くいきません。
   
    
 その後も、シエルは、いちかの調理を見て、呆れた表情を浮かべます。
    
   
 その頃、ひまり達4人は、キラキラパティスリーにて、いちかを心配していました。4人は、あまりの心配さに耐えきれず、シエルの店に行く事に。

 少しして、いちかは、ウサギのショートケーキを完成させました。
   
 このケーキは、スイーツ作りの原点であり、また、ベリーソースはシエルへの尊敬の気持ちを込めていると、いちかは言いました。シエルは、ケーキをいただくと・・・、
「うん、全然ダメ。」
    
「バランスが壊滅的。特に、このソースがすべて壊してる。」
    
「しょんな・・・。」
   

 ケーキの味はてんでダメでも、ギャグ顔が壊滅的に面白いんですが。今回はシエルが主役だというのに、いちかがメインに思えなくもないです。(笑)


 とはいえ、一つ一つの要素は悪くないと評価。さらに、新しいスイーツを作りました。
   
 これは、シエル流のウサギケーキ。いちかは食べてみると、あまりの美味しさに感動します。
「すごいな・・・。やっぱりキラキラだ・・・。」
   

「いちかも作れるかなって思ったんだけどな・・・。」
「え?」
    

 結局、弟子入りは認められず。いちかも、未熟だと反省します。
 シエルは、紅茶を入れ直しに場を離れました。残されたいちかは、シエルとの歴然の差を感じます。
 その直後、いちかは、シエルのノートを手に取りました。
「すごい・・・。美味しいスイーツを作るために、こんなに努力してるんだ・・・。」
    
 さらに、ページを開くと・・・、
「スイーツでみんなを幸せに・・・。想いは、私と一緒なんだ・・・。」
    


 その直後、ビブリーが店にやって来ました。
 ビブリーは、シエルの作ったスイーツを見て、キラキラルを吸い寄せました。そして、ノワールフィリングでイルを巨大化。
   
 いちかは変身します。

 イルはブラックホールを作り、奪ったキラキラルを持っていこうとしますが、ホイップが守りに立ち向かいます。
 ホイップはホイップデコレーションを放つも通用せず、反撃で身動きをとれなくされます。
 ビブリーは、天才ペパティシエのスイーツから抜き取ったスイーツなだけあって、すごいパワーだと感心しますが・・・、
「やめて! シエルさんのスイーツの力を、こんな事に使わないで! シエルさんのスイーツは、みんなを幸せにする、とっても・・・、とっても素敵なスイーツなんだよ・・・。」
   
「まだまだ私には作れないけど・・・、シエルさんの想いは、絶対に渡さない!」
   
 ですが、ビブリーは、イルに攻撃を指示。しかし、ショコラが、ショコラアロマーゼで打ち破りました。
 ショコラだけではありません。カスタード、ジェラート、マカロンもいます。
 その後、ジェラートシェイクとカスタードイリュージョンで、イルにダメージを与え、マカロンジュリエンヌで、ホイップの拘束を解きました。
 そして、ワンダフルアラモードで、決着をつけました。

 それからしばらくして、気を失ったシエルが目を覚ましました。いちかは、シエルが無事なのを知って、帰ろうとします。
「シエルさん! 今日は、ありがとうございました。でも・・・、私、諦めませんから!」
    

 そして、シエルと別れました。

 その後、いちかは4人と合流。
「あそこでああ言うところが、」
「いちかちゃんらしいです!」
   
「シエルさんも努力してるんだもん! 一度不合格だったくらいで、へこたれてられないよ! キラパティのためにも頑張らなくちゃ!」
   
    
「キラキラのスイーツ目指して・・・、ホイップ、ステップ、ジャーンプ!」

   


 今回は、これで終了です。


次回:「憧れまぜまぜ! いちかとシエル!
 いちか、ひまり、あおいは、商店街のPR動画の取材で、シエルに1日密着する事となりました。
 山を抜けたところにある養蜂家を訪ねたシエルは、採れたての蜂蜜で食べるパンケーキを焼くと言います。ひまり、あおい以外の取材陣もいる中、いちかも自分なりのパンケーキを焼く事に。

 また、次回の放送は、25日(日)です! 18日(日)は、全米オープンゴルフの中継のため、お休みですので、お間違いなきよう、ご注意を!


    今回のエンドカード
 という事で、今話放映日であった6月11日は、ゆかりの誕生日。
 うーむ・・・。ひまりの時と同じく、誕生日回とはならなかったか・・・。まあ、直近のメイン回が16話と、1か月も経っていないことを思えば、致し方ないですかね。
 次に誕生日を迎えるのは、あおい。大企業のお嬢様という事を考えれば、大体的に誕生パーティーを開きそうですが、ストーリーの大きな節目を迎えそうなのも気になるところ。一体どうなる?


【まとめ】
 パリの天才パティシエ「キラ星 シエル」が苺坂町に期間限定のスイーツショップを開き、いちかは、スイーツでみんなを幸せにしたいシエルの想いを感じました。

 今回のポイントは、「自分らしさ」でしょう。これは、いちかがシエルの弟子入りのテストに求められたものであります。
 自分自身を表現する。いつも通りの自分を出せばいいと考えれば、簡単に思えますが、実際は結構難しいものです。
 というのは、相手に良いところを見せようと、つい見栄を張って、元々自分にはない要素を出そうと考えちゃうからでしょう。
 面接がその最たる例でしょうか。自己PRで、自分にはない長所を述べるも、面接官に指摘されて言葉に詰まる、なんて経験をした方は多いんじゃないかと思います。

 今回のいちかについても、シエルに認められる事を第一に考え過ぎて、何のために弟子入りするのかを、そして、自分らしさを忘れてしまったでしょう。
 そして、スイーツ作りでは、憧れのシエルのマネをしようにも、上手くいかず、ダメ出しを受けました。元々スイーツ作りは失敗が多めなのに、カッコつけようなんて考えてしまっては、自分らしさを出すなんざ、夢のまた夢です。

 自分らしさを出すために大事なのは、変に見栄を張らずに、あるがままの自分を見せる事でしょう。
 とはいえ、その結果が必ずしも成功に繋がるとは限りません。ですが、自分を最大限を出しての失敗なら、さほど悔いは残らず、明るい今後に繋がるでしょう。小細工をしてボロが出るよりは何倍もマシです。

 その一方で、ラストで「私、諦めませんから!」とシエルに言い残したところは、いちからしいと評されました。
 この「諦めない」は、シエルへの弟子入りなのか、みんなを幸せにするスイーツを作る事なのか、それとも、他の意味なのかは、明言されませんでしたが、いずれにせよ、「諦めない」というのは、いちからしいでしょう。いちかは、スイーツ作りがすごく得意ではなく、失敗も結構あるものの、誰かの笑顔のために頑張るのが魅力なのですし。
 天才パティシエの登場には、大いに悩む事はありましたが、自分自信を見直す事にもなって、良かったと思いますね。

 また、今話は、シエルのキャラが掘り下げられた回でもありました。
 特に印象的だったのは、「天才」という称号にあぐらをかいておらず、スイーツで多くの人を笑顔にするために日々努力している事ですね。プリキュアシリーズでは、何かしら得意分野を持っていて、かつ、努力を怠らない子が多く、シエルもそれを踏襲しているのは何よりだと感じました。

 そして、前話感想でも述べた、6人目のプリキュア「キュアパルフェ」になる可能性がますます高まったでしょう。Aパートでは「パルフェ」と言っていた上、スイーツで皆を幸せにしたいという想いは、いちか達と同じですし。
 まあ、そういう事よりも、エンディングの声役紹介が、ほぼ確定に思わせているでしょうかね。
   
 水瀬いのりさんは、キュアパルフェの声役に決定しているとなると、シエルがキュアパルフェになるのは、ほぼ間違いないでしょう。
 また、元は妖精なのも目を引くところ。オープニングにも出ているとなると、妖精形態の描写も多そうですね。そちらにも期待したいもの。

 とまあ、シエルについては、楽しみな要素が増えましたが、まずは、次回に注目ですね。
 次の日曜日はお休みですので、しっかり英気を養い、そして、万全の気力で次回の視聴に臨みたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター