FC2ブログ

記事一覧

劇場版プリパラ「み~んなでかがやけ! キラリン☆スターライブ!」 みれぃのコース感想

 劇場版プリパラ「み~んなでかがやけ! キラリン☆スターライブ!」は、ストーリーがある程度進むと、ストーリーが3つに分岐します。
 こちらは、そのうちの1つ、みれぃのコースの感想となります。全コース共通部分、および、他の2つのストーリーについては、別の記事をご覧下さい。


 では、みれぃのコースの感想に入ります。ネタバレが嫌な人は、くれぐれも注意を
 準備がよろしければ、下にスクロールして下さい。

































 プリパラレルワールドに迷い込んだ一行。このコースでは、みれぃの「もしも世界」が展開されます。


 プリパラレルワールドに来たみれぃは、プリパラチェンジ前の姿に戻っていました。
 しかも、同じ姿のみれぃがもう2人もいました。ですが、他の2人の服装は異なっており、1人は「検事みれぃ」で、もう1人は「弁護士みれぃ」。
 検事みれぃ
 弁護士みれぃ

 弁護士みれぃは、裁判を始めようと言い出し、検事みれぃは、風紀委員長みれぃに違反チケットを切りました。
 風紀委員長みれぃは、違反をしていないと反論していますが、他2人のみれぃは、「恋」をしていると言いました。そして、裁判に。

 ここからライブシーン。曲は、「TRIal HEART~恋の違反チケット~」。
 TV本編にはない、プリパラチェンジ前のみれぃが、検事みれぃ、弁護士みれぃを加えての3人ライブを展開します。

 みれぃの「裁判」は勝訴となり、笑顔を交わす3人ですが、ちょうどその時、足元に穴が。
 3人は、穴に飲み込まれ、みれぃのプリパラレルワールドは、これで終わりとなりました。


【まとめ】
 他2つの分岐コースよりも、パラレル要素が濃くて、面白かった!

 このコースの感想を簡単にまとめると、こうですね。
 6話でみれぃの両親が描いていたアイドル検事&アイドル弁護士との邂逅、プリパラチェンジ前のみれぃのライブと、みれぃファンにとってはたまらない内容だったでしょう。このコースを見終えて、雨宮化しちゃった人もいるんじゃないでしょうか?(ねーよ(笑))

 このコースの一番の見所は、プリパラチェンジ前のみれぃのライブであり、プリパラチェンジ前の姿でもライブした事に驚いた方は多いでしょう。
 TV本編には、プリパラチェンジ前の姿でのライブは一度もないだけに、今回のライブは、「もし、風紀委員長のみれぃがライブをしたらどうなる?」という問いに対する答えを出していたように思え、良いパラレル要素を演出していたと感じてます。
 ただ、ゲームでは、1年半くらい前からプリパラチェンジ前のみれぃがプレイアブルキャラとして使えるようになっているんですよね。私は、その頃は、近々TV本編のライブシーンにも出てくるんじゃないかと期待していましたので、今回、プリパラチェンジ前の姿でのライブシーンが出た事には、「やっとか。待ちくたびれたぜ・・・」って感じでした。

 とはいえ、こちらのみれぃも、ポップアイドルみれぃに劣らぬ良いライブを見せてくれたと思います。主に、生足で。(笑)
 歌とダンスに集中しようにも、あのミニスカと生足率の高さに目が行っちゃいましたね。あれは、違反チケットものでしょ。まあ、老けたお兄さんの性と言われれば、その通りではありますが。(笑)

 また、検事みれぃ、弁護士みれぃとの邂逅も、パラレル要素としては面白かったと思います。実際、検事から弁護士に、弁護士から検事に転職する事はあっても、兼職はできないですしね。
 それに、中学生のみれぃでは、検事、弁護士になるための司法試験を受験する資格がないと思うと、検事としての自分、弁護士としての自分を見る事は幻でしかなく、検事みれぃ&弁護士みれぃを同時に出したのは、良いパラレル要素だったと感じています。

 そういえば、風紀委員長のみれぃは「恋」をしていると言われていましたが、相手は誰なんでしょう?
 本命はやはり、シオンですかね。みれぃは、シオンと2人っきりで会話する事が多い上、「ライバルでありながら友達」と深く感じさせてくれますし。
 もしかしたら、らぁらの可能性も? 誰かと一緒にライブをしたのは、らぁらが初めてですし、運命を感じているかもしれませんね。
 同じチームメンバーという点では、そふぃも外せないでしょう。61話のキスで目覚めちゃった可能性も?

 すいません。下らない百合談義を展開しちゃいまして。
 その前には、色気的な感想も語っちゃったりと、このようなネタが受け付けられない読者の方には、本当に申し訳ございませんでした。
 3つの分岐コースの中で一番面白かったとだけ受け取ってくれれば、それで十分です。



 みれぃコースの感想は、これで以上です。

 このコースが終わっても、まだ、全ルート共通部分が少しあります。
 全コース共通部分感想記事のリンクから、別ウィンドウまたは別タブで来られた方は、リンク元の記事にそのまま戻りましょう。同一タブで来た方は、ブラウザの戻るボタンで戻って下さい。


 また、他の分岐ストーリーはどんな内容だったのか? 気になる方は、下のリンクからどうぞ。もちろん、ネタバレには注意して下さい。

   らぁらのコース
   ひびきのコース
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター