FC2ブログ

記事一覧

プリパラ 第102話感想


 「プリパラ」第102話「変幻自在! ジュエルチェンジぽよ♡」の感想です。


~ オープニング前 ~

 第1回神アイドルグランプリが終わって何日か経ったある日、らぁらのサイリウムパクトから着信音が。相手は、ひびきでした。
 ひびきは、らぁら達が第1回神アイドルグランプリで優勝した事を祝福し、プレゼントがあると言いました。それは、プリパリのある有名映画監督が、らぁら達を主役とした映画を撮るというもの。
 パラデミー賞監督なだけに、映画がヒットすれば、らぁら達の活躍の場が広がる可能性があります。ただ、厳しい監督なようですが。

 それからしばらくして、らぁら達6人は、プリパラTVの屋上で、パラデミー賞監督の到着を緊張した面持ちで待ちます。
 少しして、ヘリがやって来ました。ヘリから現れたのは、1体のメカ。
 



~ Aパート ~
 このメカの名前は「メカ姉ぇ」。初代のめが姉ぇで、ひびきの言っていた映画監督のようです。
 すぐに、メカ姉ぇは、映画のセットを出して、撮影に取りかかります。
 

 また、ジュルルを高い高いします。
「らぁら、みれぃ、そふぃ、シオン、ドロシー、レオナ。最高ノ映画ニシマショウ。」
 

 まずは、主役を決めます。皆、主役を演じたいと乗り気です。シオンだけを除いて。
「申し訳ないが、私は、演じる事に興味を覚えぬ。なぜなら、唯我独尊! 私は私。東堂シオンで十分だからだ!」
 
 その直後、メカ姉ぇは、シオンを主役に決定。撮影完了まで、主役を降りる事はできません。
 その後、メカ姉ぇは、脚本を出しました。シオンが主役なら、女剣士ものとか、囲碁に関係するもの?
 だが、そうではありません。
「シオンが演じるのは・・・、カラフルシオンちゃん!」
 
「シオぽよ! あたし、シオンちゃん。虹の国からやって来た、ちょっぴりおちゃめな女の子ぽよ。」
「ふえーん、ふえーん・・・。たーいへん! 心が雨降りのお友達見っけ。あげぽよしなきゃぽよ!」
「牛さんが尻尾を7回フリフリしたら、魔法の合図! カラフルカラフル、シオシオのパー!」
 
「ラリルレインボーで、ぽよんぽよーんのぽよよよよーんのぽよりんチュ! シオぽよー!」
 
 ですが、シオンは、キャラに合わな過ぎると却下します。
 
 ですよねー。まあ、中の人である山北早紀さんなら、超ノリノリで演じそうですが(笑)。シオンに対してカッコ良いイメージを抱き過ぎているファンにとっては、クレームものかもしれませんね。

 それに、みれぃとドロシーの出番もありません。ですが、役はちゃんとあるようです。
「これは、どういう事ぷり!」
「ふさけんなよ! この鉄クズが!」
 うん、さすがにこれは怒っていいと思う。だけど、この2人なら適役だな、と思う自分もいます。(笑)

 その直後、メカ姉ぇはビームを出して、天井に穴を開けます。さらに、この部屋から出られなくします。
 

 
「生マレ、変ワレ。レッツ・・・、リボーン!」
 

 殻を破り新しい自分に生まれ変わる。それが演技、芸術だとメカ姉ぇは言います。
 シオンは、新しい自分には興味がありませんが、クマとウサギがなだめます。

 という事で、作戦タイム。シオンはカラフルシオンを演じる事に抵抗を感じていますが、ウサギは、殻を破って新しい自分の魅力を発見する事は良い意見だと感心します。
 それに、この映画がヒットしてパラデミー賞を受賞すれば、SoLaMi SMILEとDressing Pafeが世界的な人気者になり、神アイドルに近付きます。

 シオンがどうするか考えていた時、ガァルマゲドンの3人が出現。3人も、映画に出たいと騒ぎになります。
 

 これには、メカ姉ぇの怒りゲージが溜まっていきました。
 ちょっ。他のテレビ局のあの放送のポイントゲージ、パクるな。(笑)

 そして、またしても、目からビーム。
 
 さらに、ジュエルも吐き出しました。
 これにより、らぁら達のジュエルが散乱。らぁら達は、自分のジュエルを探そうとしますが、暗くてよく見えません。とにかくジュエルを手にします。
 すると、らぁら達はいつもと違う格好に。
「生マレ、変ワレ。」
 果たして、これは生まれ変わったと言っていいのだろうか? ただのコスプレ祭りじゃね?(笑)


~ Bパート ~
 その後、ホログラメーションのセットで撮影開始。
 みれぃは、見た目はプリパラチェンジ前と変わらないものの、語尾の「ぷり」は変わらず、クールキャラのようです。
 良いですね。この調子でパプリカ学園でも、ぷりぷり言いまくって、「ぷり生徒会長」の異名がついてほしいもの。(笑)

 そふぃは、ポップキャラに。
 お、この髪型、良いじゃないですか! アホ毛とパッツンヘアはしっかり保たれてますし。この髪型は、次回以降でも出してほしいですね。

 らぁらとみかんは、セレブキャラに。
「セレブになったなんて、ビックリ。ダメダメ。取材NG。」
 
 このらぁらのセリフは声質も変わっています。あまりの変わりっぷりに「誰だよ、キミは」と大笑いしたのと同時に、「中の人すげぇ・・・」とも感心しました。

「セレブになっちゃいましたわ。肉まんやめて、トリュフまんにいたしますわ。」
 
 なんかカッコ良く見えるのですが、肉まんも「なの」もないみかんは、みかんじゃねぇ・・・。まあ、それでも、「まったく、小学生は最高だぜ!」と叫ぶ人はいるんでしょうね、きっと。(笑)

 ガァルルもセレブキャラとなり、あろまはラブリーキャラへと変わりました。
 
 ヤダ・・・、このあろま、めっちゃ可愛い・・・。まったく、小学生は(以下略 & 笑)

 ドロシーもラブリーキャラに。
「キュンキュン! アタシの魅力の広さと深さを物語っているわ!」
 11話で初めて登場してから、最もキレイなドロシーを見た気がする・・・。直近のメイン回であった100話でこういうドロシーが出ていたら、テンション100MAXだったでしょうね。(笑)

 そして、シオンもラブリーキャラに。
「ぼ、茫然自失ですぅ・・・。周章狼狽だわ・・・。」
 自分の思わしくないキャラになろうと、四字熟語を忘れないとは、さすがシオン。そこにシビれる、あこがれるゥ!(笑)

 レオナはクールキャラに。
「可愛いよ、シオン。」
「レオナ、なんかアタシに近くなってる・・・。」
「ドロシーは、僕みたい。」
 レオナも声質が変わっています。まるで男の子のようですね。(実際は、男です(笑))。
 それにしても、レオナに「ホワイトスワンコーデ」を着させるの好きですね。だいぶ前のアニメ雑誌に、このコーデを着たレオナと、「ツインギンガムコーデ」を着たそふぃとのツーショットイラストがあったのを思い出します。(つまり、互いに互いのコーデを着合っているイラストですね)


 メカ姉ぇは少しガタがきていたようで、めが姉ぇは修理していました。少しばかりポンコツ度が上がっていますが。
 そんなこんなで撮影開始。なぜかタイトルが変わっていますが。
 衣装はラブリーものになったとはいえ、やはり、ラブリーの役を演じるのに抵抗があるシオン。という事でNGです。
 
 ですが、メカ姉ぇは、ビームを反動で少し壊れてしまいました。という事で、修理。
 
 少しして修理完了。
 「修理というより、破壊行動では?」ってツッコんだら負けですかね?(笑)

 その後もシオンは、ラブリーキャラを演じる事ができず、NG連発。そして、メカ姉ぇの見た目もますます酷い事に。
 また、ジュルルは、なぜかメカ姉ぇの上に乗っていました。少しして、ジュルルは・・・。
 
 で、メカ姉ぇの暴走はさらに強まりました。
 
 子を見守る親的な意味では、やっちゃった感がありますが、このアニメに見慣れた視聴者の多くは「ジュルル、よくやった。グッジョブ!」と思ったでしょうね。(笑)

「こうなったのは、すべて私の・・・。だから、私があいつを倒す!」
 

 まあ、そうなりますよね。私も、シオンが「シオぽよ」を言うよりは、メカ姉ぇをぶっ倒した方が手っ取り早いと思います。(笑)

「1人では行かせない。」
「自分だけカッコつけないでよね!」
「仕方ない、ハデにやりますか!」
「パーティーの始まりね。」
「本気出しますわ!」

「アタシもレオナと一緒よ!」
「ああ。」
 
 そして、らぁら達はメカ姉ぇに突撃しますが、メカ姉ぇの吐き出した水流に飲まれてしまいます。
 そんな中、あじみが乱入。
 
 Dressing Pafeの3人は、そんなあじみを無視して、なぜか戦隊もののコス。
 シオン達はメカ姉ぇを攻撃しますが、あっさり吹き飛ばされます。ついでに、あじみも。

 少しして、メカ姉ぇから、ジュルルが転がり落ちました。このままでは、ジュルルが地に直撃してしまいます。
「うおーっ! 背水の陣!」
「アアン♡ カラフルカラフル、シオシオのパー!」
 
「ラリルレインボーで、ぽよんぽよーんのぽよよよよーんのぽよりーんチュ!」
 
「ウフッ♡ アハッ♡ クルクルクルクルクルー! シオぽよー!」

 

 

 覚悟を決めたシオンの「シオぽよ」パワー、おそるべし・・・。そこにシビれる、あこg(以下略 & 笑)

 メカ姉ぇの爆発で吹き飛んだジュルルは、らぁらがキャッチ。
「コレダ・・・。私ガ見タカッタ演技ハ・・・、マサニ、コレ・・・。シオンハ、ツイニ、生マレ変ワッタ・・・!」
 


 これにて、撮影終了。メカ姉ぇにとっては感動ものでも、シオンにとっては、恥ずかしさ全開でした。
「うう・・・。東堂シオン、一生の不覚・・・。忘れてくれ・・・。」
 とはいえ、ドロシーはバッチリ写メを撮って、プリッターで拡散するつもりです。
 そうはさせまいとシオンが竹刀を振るったら、メカ姉ぇの爆破スイッチに当たり、爆発。
 
 「ちゅど~ん!」を四字熟語にしやがったよ・・・。まったく、このギャグセンスは、一体どこから来るんでしょうね。(笑)

 しばらくして、Dressing Pafeの3人はライブに出ました。
 コーデは、前話と同じく、シオンは「クロスウォークバイオレットコーデ」、ドロシーは「クロスウォークスカイブルーコーデ」、レオナは「クロスウォークスカーレットコーデ」。
 曲も、前回と同じく、「ラン♪ for ジャンピン!」。
 メイキングドラマは「アイドル戦士プリパラガールズロックオン!」。
 

 

 


 ライブが終わると、メカ姉ぇは、パラジュクのプリパラを離れました。プリパラTVの屋上でメカ姉ぇを見送るらぁら達の近くには、2期中盤でちょくちょく出ていた紫の蝶が。
 ひびき、ファルル、ふわりは、この蝶を通じて、らぁら達の撮影を見ていました。メカ姉ぇがパラデミー賞監督なのはウソで、実際は、ラズペリー賞監督。ダメ映画の賞です。
 すぐに、ひびき達の部屋に誰かが来ました。来たのはメカ姉ぇではなく、あじみ。まあ、その後の展開は、2期をご覧になった読者なら、察しがつくでしょう。
 
「私ハ、メカ姉ぇ。未来ノスターハ、アナタヨ。」

 今回は、これで終了です。


次回:「落第アイドル始めちゃいました(T T)
 らぁらは、ジュルルのお世話と神アイドル目指す事に頑張る一方、勉強はおろそかになりがちで、とうとうテストで最低点記録を更新。
 心配して家庭訪問に来た大神田校長から、次の学期末テストで合格点を取らなければプリパラ禁止を言い渡され、らぁらは必死に勉強する事に。果たして、らぁらは、合格点を取れるのか?

 3期で「○○アイドル始めちゃいました」というタイトルが出たのは、これで3回目ですね。ホント、このギャグセンスには感服します。(笑)


【まとめ】
 いやー、超絶酷いギャグ回だったわ。
 今回の感想を簡単にまとめると、こうですね(笑)。あ、もちろん、「超絶酷い」と言っても、褒め言葉ですよ? 「めちゃくちゃ面白かった」という意味ですので、勘違いしないで下さいね?

 また、いつもだったら、まとめ部分の最初の一文は、その回のあらすじを書いているのですが、今回はあらすじを書くのがバカバカしく感じました。(笑)
 これといって考察する要素もないですね。「生まれ変わる」というところでは、考えさせる要素に思えるものの、少し無理矢理な感がありましたし。それに、シオンは、今のままで十分だと私は思いますね。
 まあ、ここ何話かは、考察度高めの回が続いていましたし、プリキュアでも、先週今週と、考察度が高かったですので、ちょうどいい骨休みになったと思いますね。

 さて、今回の話を超絶酷いギャグ回と思わせた要素の1つである、ジュエルチェンジによるキャラ変化はかなり面白かったですね。ゲームでは、ラブリー、ポップ、クールなどといった、キャラの属性は変化できませんが、もし、変化させたらこうなる、というのを、このアニメ特有の濃いギャグテイストで旨く味付けしていたように思います。
 特に、一部のキャラの声質まで変わった事には、大笑いしたのと同時に、声優の演技力のすごさを感じました。きっと、この回のアフレコ現場は、めちゃくちゃ盛り上がったでしょうね。(笑)
 今回は、多くのキャラの変わりっぷりに悶絶しまくり、おかげさまで、今回の感想記事の見出し画像を何にするか迷いました。
 長時間考えた結果、ラブリードロシーをチョイス。シオンメイン回ではありましたが、あれだけ可愛いドロシーはもう見られないように思いますし、純粋な意味でもネタ的な意味でもドロシーを好きな読者は多いと思いますしね。まあ、私自身がひねくれているところもありますが。(笑)

 また、ライブでは、新しいメイキングドラマが出ましたが、これは、「ずっとともだち! 青春ジャンピンスナッピン!」とともに、6月上旬から新たにゲームに出たメイキングドラマの宣伝みたいなものですね。ちなみに、ゲームでの名称は「大怪獣あらわる!! アイドル戦隊プリパレンジャーロックオン!」と、アニメと異なっています。
 アニメでは、Dressing Pafeの3人がガァジラをやっつけていましたが、センターキャラに、シオンのブランド「ベイビーモンスター」の特定のコーデを着させれば、他のキャラでもこのメイキングドラマを見る事ができます。そのため、ガァルマゲドンがガァジラをやっつけるというネタもできるんですよね。ああ、早くそのネタやってみたいなあ。(笑)

 そんな訳で、今回は、ギャグ満載の話でしたが、次回は、学業とアイドルの両立の大切さを説いてきそうで、深く考えさせる話になるのかも? まあ、大神田校長が目立つんじゃないかと思うと、油断はできませんが。(笑)
 まあ、何にせよ、次回も楽しみですね。
スポンサーサイト



コメント

ぽよりんチュ

こんばんは。

いやー参りましたね。ここまでサービス満点のお話やられちゃ、かなわないなぁ(褒
シオンさんの新たな魅力(南委員長はドン引きでしたが)、たまらんです。ドロシーさんも異常に可愛かったですし、レオナさんイケメンでしたし。コンテが「ラブ●イブ」の方だそうで、茫然自失ですぅ~。
こういう型破りなことができるのが、プリパラさんの強みですね。絶好調なんですなあ。
あじみ先生、どうやってプリパリに行ったんだろう…とかいうのも野暮な、楽しいお話でした。

ボクも、ワタシも、ムービースター?

こんばんはです。
最初の神アイドルグランプリが終わり、トライアングルの正体バレもあっての閑話休題エピソード…とはいえ、かなり吹っ切れた方向に舵を切ってきましたね。
こちらも一度観たあとに改めて録画したのを観たのですが、一言で言うと「わけのわからない話だった」という印象でした(笑)。

その一方、アニメの中ではゲームと違って自分の元のタイプと異なるブランドのコーデを着る機会が少ないので、もとのタイプとは逆の衣装と演技を当てはめてシャッフルさせるというのは新鮮に見えた人もいそうです。
いつもは文部両道・冷静沈着なシオンがラブリー属性の衣装を着て、さらに演じる山北さんの地声(高い声)でしゃべるという場面はこの回でしか見られないかもしれません。むしろここまでやらないと、普段のシオンのキャラクターを崩すという題材のエピソードはできなかっただろうとも思っています。

…と真面目にコメントしてみましたが、結局は「どんとしんくふぃーる」なのかも(笑)。

(たぶん)史上最狂

こんにちは。

…過去最高にカオスな回でしたね、とにかく。プリパラで映画撮るとか普通じゃ済まないだろうなぁとか何となく予想してましたが…まさかこう来るとはww

全員キャラが良い感じにブッ壊れておりました。まさかあんなラブリードロシー&イケメンレオナが見られるとは思わなかった。
シオぽよはもう笑うしかなかったwしかも虹つながりだからってBGMがレインボウ・メロディーってどういうことなのww

…なんかもう収拾がつかなくなるので、今週はこの辺で切り上げます。とにかく凄い回だった!!良い意味で!!それではまた次回!

P.S.
コメントの件、前回は間違えてしまいお手数おかけしました。イゴ、じゃなかった以後気をつけます…。←

Re:ぽよりんチュ

 三十路さん、どうもです!
 コメント、ありがとうございます!


 確かに、今回の話は、サービス満点でしたね。まあ、制作者の頭がイカれてると言った方が正しいのかもしれませんが。(笑)
 偵察気分で見ていたのが茫然自失となってしまっては、もはや「偵察」とは言えない!?(笑)

 そして、あじみ先生は、相変わらずの平常運転でしたね。もちろん、キチガイという意味で。(笑)
 あじみ先生は、メカ姉ぇに乗ってプリパリに行ったんじゃないでしょうかね。あの後、ひびき様に語尾爆弾をどのくらい投下したのか、少しばかり気になります。(笑)

Re:ボクも、ワタシも、ムービースター?

 MiriAさん、どうもです!
 コメント、ありがとうございます!


 このアニメって、数か月に1回は、ギャグに振り切った、訳の分からない話を入れてきますよね。今話見終えて、「あのメカ姉ぇ、実は森脇監督じゃね?」なんて思いました。(笑)

 今回のジュエルチェンジによるキャラ変化は、ゲームを多くプレイしている視聴者にとっても、面白く感じたかもしれませんね。
 ゲームでは、シオンやひびきに、イケメンキャラに似つかわしくないコーデを着させても表情は変わらないですので、シオンにラブリーキャラを演じさせて恥じらいをつけさせたのは、良い着眼点だったと感じています。
 今回の脚本を務めた福田裕子さんは「まあ、私にかかれば、イケメンキャラなんぞ、こんなもんよ」って、ほくそ笑んでるかもしれませんね。(笑)

Re:(たぶん)史上最狂

 ayaさん、どうもです!
 今回もコメント、ありがとうございます!


 確かに、今回は、これまでの「プリパラ」の中で最もカオスな回だったと思いますね。頭を空っぽにした方がアニメを楽しく見れる時もありますが、今回は、頭を空っぽに「させる」ものだったと思います。(笑)
 前回の神アイドルグランプリとは違った意味で話を盛り上げるセンスには、脱帽です。今後も、今回を超えるギャグ回が出るんじゃないかと期待したいものです。

Unknown

のんはでてこなかったね

追記、のような話

こんばんはです。

一週間遅れでこの回の動画配信サイトでの配信もスタートしたので、反応を見るのを兼ねてもう一度見てみました。 やはり、シオンのキャラクターブレイクに注目が集まったようです。
その一方で、今回の事件のきっかけを作ったひびき。 二期でらぁらたちに対して敵意を感じていた頃と比べると、こんなドッキリを自分から仕掛けようとするとは……すっかり、考えが改まったようですね。
それでもやはり語尾アレルギーは治らないみたいだし(トリコの口に×マーク付きのマスクが)、イタズラも少しやりすぎたのかラストのあじみ先生の襲来には「ひびき、因果応報だね…」というコメントもありました。
今後はプリパリ組の三人がふたたびパラ宿にやってくる展開が待っていそうで楽しみです♪

Re:追記、のような話

 MiriAさん、どうもです!
 再度のコメント、ありがとうございます!


 カラフルシオンについては、お笑い度MAXだったでしょうね。これまでの100話以上のギャグの積み重ねがあったからこそできた芸当だと思います。
 シオンにとっては、忘れてほしいものではありましたが、多くの視聴者にとっては、忘れたくとも忘れられないものだったでしょう。(笑)

 ひびきの語尾嫌いについては、ふわりが定期的に「なちゅ」をつけて少しずつ治していくのが効果的かもしれませんが、完璧キャラの唯一の弱点として残した方が、味があるでしょうね。まあ、いっその事、語尾ワクチンを開発、接種するなんて方法もありそうですが。(笑)

 ひびき、ファルル、ふわりがパラジュクに来るのは、昨年のファルルみたく8月ですかね。神アイドルグランプリへの参戦は3回目からかな、と私は考えています。

Unknown

のんが出てこなかったのどうしてかな?
呼ばれなかったのかな

Unknown

連続投稿申し訳ないがガルマゲドンは呼ばれなくても来てたね。

名前がUnknown のままだとよくないですか?

Re:Unknown

>名無しさん

 私に返信を求めていないのであれば、名前はUnknownで結構ですが、そうでない場合は、何かしら名前を付けて下さい。「あ」とか「A」とか「1」でもいいですので。
 返信はほしいけど名前は付けたくない場合、その理由を入れて下さい。その理由が、私にとって納得できるものでなければ、返信はしません。

 そもそも、名無しでコメントするのは、決してマナーが良いとは言えないですよね。そのため、ブログによっては、名無しのコメントは削除対象としているところもある訳です。
 とはいえ、私は、名無しコメントはマナーがなっていないと思いつつも、このブログを気に入ってコメントしてくれたと感じてもいますので、削除はせず無返信という事にしています。

 という事で、私の返信を要求しているのであれば、名前を付けるか、名無しで投稿する正当な理由を述べて、改めてコメントして下さい。

レビューに関して疑問点が

ドレッシングパフェの3人って、あじみ先生の飛行機に乗ってたんじゃ…

Re:レビューに関して疑問点が

 KSトートさん、どうもです!
 コメント、ありがとうございます!


 シオン達3人があじみの飛行機に乗っていたかどうかは、どうなんでしょうね? そこに乗っていた描写はなく、3人とも、あじみの方を向いていませんでしたので、無視したんじゃないかと思ってますが。
 まあ、話全体を見れば細かい部分ですので、結論はどっちでもいいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター