FC2ブログ

記事一覧

魔法つかいプリキュア! 第18話感想


 「魔法つかいプリキュア!」第18話「魔法界再び! リンクルストーンを取り返せ!」の感想です。


~ オープニング前 ~

 はーちゃんは、前話ガーネットのリンクルストーンがガメッツに奪われてしまった事に落ち込んでいました。
 みらい、リコ、モフルンは、きっと見つけるからと安心させますが、元気がないのは変わらず。
 そんな時、みらいの部屋に、紙でできた鳥が来ました。
 すぐに、それは、手紙に変化。送り主はガメッツで、内容は果たし状。「最果て島」で待つとの事です。
 「最果て島」とは、魔法界の島の名前で、海を越え空を越えた遠い最果てにある島。みらいとリコは、その島に行く事を決断します。


~ Aパート ~
 しばらくして、みらいとリコはみらいの両親達に、リコの故郷に行くという口実で、魔法界に向かいました。
 同じ頃、ドクロクシーのアジトでは、ヤモーがカメッツからの手紙を受け取り、あの力を使うんじゃないかと危惧します。

 一方、魔法学校の校長は、休む間もなく探し物をしていました。魔法の水晶は、校長の身体を気遣うものの、みらいとリコが頑張っているのだから自分が休む訳には行かないと、自分の役目を果たそうとします。

 魔法学校では、休日にもかかわらず、生徒達が魔法の授業に取り組んでいました。そんな中、ジュン、エミリー、ケイは、みらいとリコが魔法のホウキに乗ってどこかに向かっているのを目撃します。
 そんな3人を、アイザック先生は注意。その時に、入れ歯が取れてしまいますが。
 
 息を吐くようにこのネタを入れてきますなあ、この人は。(笑)

 みらいとリコは、魔法学校に寄り道する事なく、とにかく最果て島へ向かいます。
 その途中、海中から、7話に出てきた、人魚のロレッタが現れました。シシー、ナンシー、ドロシーも一緒です。
 

 
 ロレッタ達は、空を飛ぶ練習をしていました。
 みらい達は、最果て島に向かっている事を話すと、ホウキで向かってたら3日もかかると、ロレッタは言います。その後、ロレッタ達は、2人をある場所へと案内します。

 少しして、みらい達は、海中を走る船に乗っていました。
 
 はーちゃんも、船から見る海中の風景を見て、明るい表情を浮かべます。
 この船なら、最果て島のすぐ近くにまで行けるとの事。また、ロレッタ達が空を飛ぶ練習を始めたのは、人魚の里の外に出たいと思ったからです。
「空飛ぶ人魚は本当にいた。プリキュアが、みらいさんとリコさんが、私達に勇気をくれたの。」
 

「プリキュア・・・。ゆうき・・・。」


 しばらくして、みらい達は、最果て島の近くに到着。しかし、そこからも難関があり、遥か上空まで飛び、嵐の中を進んで行かなければなりません。
 ホウキで行くには無理があります。
 そんな時、2匹のペガサスがやって来ました。8話で一緒に記念撮影したペガサスの親子です。
 ペガサス親子は、どうしてここに来たのか? ペガサスは言葉を話せないので、分かりません。
 シシー達は、魔法で言葉を話せるようにしてみてはどうかと言いますが、みらい達は、目を見れば伝わると、魔法は使いませんでした。
 互いの目を見合って、ペガサスの親子はみらい達を乗せると察します。正解です。ペガサスの翼なら、嵐を乗り越える事もできます。
「ペガサスは人に懐かないのに、2人の事は、とても好きみたいね。」
「私達と同じだね。」
「2人の強さが、私達を変えたのよ。」

「そんな事ないよ。」
「ええ・・・。私達は、みんなの強い思いに支えられて、これまで頑張れただけ。」
 ペガサスの親子は、はーちゃんにもお礼の意を示します。8話でピンクトルマリンのリンクルストーンをリンクルスマホンにセットして出したホットケーキのお礼です。
「はーちゃんも、みんなの力になってるモフ。」
 

 という事で、ペガサスの力を借りて、最果て島へ。しばらくして、嵐を乗り越え、最果て島が見えました。
 その後、みらい達は、ペガサス親子と別れ、ホウキで最果て島へ。

 そして、なかなかみらい達が来ない事に焦れていたガメッツと対面。
「やっと来たか、プリキュア。待ちぼうけてこちらを苛立たせ、油断させようという、お前らの作戦は分かっているぞ。」
 
 作戦じゃねぇ。どう考えても、お前が悪いよ、ガメッツ。みらい達は、お前のようにワープで移動できないんだから、近くで待ってあげようぜ? 前回戦った公園とかでさ。
 過去作では、「スプラッシュスター」のキントレスキーがプリキュアに果たし状を送ってきたけど、ヤツの方が断然紳士だったぞ。お前は一度、ヤツの元で修行してこい。まあ、この後の展開を考えれば、ムダなアドバイスですけど。(笑)


「だが、そのような小賢しい手には乗らん。今回は、しっかりお前らの戦い方を学んできた。今まで抑えてきた我が力、お前らのためにすべて解放しよう。」

 
「ここから先は、我にはどうなるか分からぬ・・・。」


 
 ガメッツは、赤いプリキュア、すなわち、ルビースタイルでの力比べを要求します。
 

~ Bパート ~
 という事で、みらいとリコは、ルビースタイルに変身。

「プリキュア、お前達の本気の力、見せてみよ。」

 

 
「強さとは、力。強大なパワーを持った者が、世界を手に入れる。闇の魔法の強大な力こそが、今の軟弱な魔法界、ナシマホウ界を支配するに、ふさわしいのだ!」
 

 ミラクルとマジカルは、ガメッツの踏みつけを押し返し、反撃に出ますが、たやすく防がれます。
「我はすべてを・・・、力で滅ぼす!」
 

 ミラクルとマジカルは、そんな事させないと、攻撃しますが、またしても軽々と防がれ、吹き飛ばされます。
 


 大ダメージを受けて立ち上がれないミラクルとマジカル。そこに、ガメッツが、勝負ありと歩み寄ります。
 ですが、はーちゃんが間に入りました。
 
「だめ・・・。」
「何だ? お前が我を止めるというのか? それでも戦ってるつもりか? 痛くもかゆくもないぞ。」

 
 ミラクル、マジカル、モフルンは逃げるよう言いますが、はーちゃんにその気はありません。
「にげない・・・!」
「その勇気は立派だが、誰かを思う気持ちだけでは、我には勝てん。」

 
 はーちゃんは、ガメッツに立ち向かうものの、カメッツの一息で吹き飛ばされます。
「ムダな事を・・・。もうプリキュアは起き上がれん。」
「そんなことない!」
 
「ミラクルとマジカルは、あきらめない! プリキュアは、つよい! つよいのー!!」

 はーちゃんがそう叫ぶと、リンクルスマホンが強大な光を放ちました。
 すると、辺りの暗雲が晴れました。ガメッツは、小賢しいマネをと、モフルンとはーちゃんに拳を振るいますが、ミラクルとマジカルが防ぎます。
 
「はーちゃんの思い、伝わったよ!」
「ありがとう!」
「何を今更。お前らは、我の力に勝てぬ。」
 ですが、ミラクルとマジカルはガメッツのパワーに押される事なく、今度は、ガメッツを後ずさりさせます。
「何・・・?」
「戦う力が強さじゃない!」
「誰かを思う気持ちだって、強さなのよ!」
 


 

 そして、ガメッツを吹き飛ばしました。だが、ガメッツは、これで怯みません。
「我は認めぬ・・・。そんなもの、強さではない!」
 その後、ミラクルとマジカルは、ルビーパッショナーレを放ちます。ガメッツはプリキュアの力を押し破ろうとするも、思いの力の前に屈しました。
「それが、お前達の強さか・・・。誰かを思う力・・・。全力を尽くせる強敵と出会えた事に、悔いはない・・・。」

 ガメッツは、小さい亀の姿に。ガメッツが敗れたのを見たバッティは、強大な力を秘めたリンクルスマホンをドクロクシーが欲している理由に疑問を持ちます。

 一方、ガーネットを取り返したみらい達。
「みらい、リコ、だいすき!」
 

 

 リンクルスマホンから出た光が何だったのか気になるものの、はーちゃんの可愛さに癒され、今回は終了です。


次回:「探検&冒険! 魔法のとびらのナゾ!
 みらいとリコは、今回出たリンクルスマホンの強大な光が何なのか、魔法学校に行って、校長に聞いてみる事にしました。
 しかし、校長は、誰にも言わずに突然いなくなったとの事。教頭やアイザック先生が探している中、リズは、魔法樹の頂上に「開かずの扉」がある事を話しました。
 しかも、その扉の向こうには、誰も行った事がないようで・・・。校長は「開かずの扉」の先に行ったのか?


 今回のイラストコーナー
 皆さん、キュンキュンされ過ぎっす(笑)。まあ、その気持ちは分からなくもないですが。ガメッツとの熱戦があったとは思えないくらい癒されますね。


【まとめ】
 ガメッツの果たし状を受け取ったみらい達は、ガメッツとの戦いに勝ち、ガーネットのリンクルストーンを取り返す事ができました。

 はーちゃんが健気過ぎて、生きるのが辛い・・・。
 今回見終えて強く思った事は、これですね。あれ? 似たような事を、以前の感想でも書いたような?(笑)
 まあ、いいか。事実、そうでしたし。今回も、はーちゃんの画像を多めに載せましたし、読者の皆様も、はーちゃんの健気さや可愛さを十分堪能できた事でしょう。
 じゃあ、今回の感想は、これで終わりにしますか。


 ・・・とは、いきません。深く考察させる要素があったのも、見逃せないところですね。(だったら、「終わりにする」なんて書くなよ(笑))。
 今回のテーマは「誰かを思う気持ちが、自分を強くする」でしょう。
 と言っても、それは、プリキュアシリーズにおける基本理念であり、今作でも、これまでそう感じさせる描写がいくつもありましたが、今作においては、今回がその事を最も強く打ち出していたと思います。

 そう思ったのは、7話に出てきた人魚達や8話に出てきたペガサス親子の再登場が要因ですね。
 7話では、人魚の里を守りたいと思う気持ちから、ミラクルとマジカルは新たにサファイアスタイルへと変身し、里を守る事ができました。そして、それが、人魚達に、かつてのように空を泳いだり、他種族との交流を交わしたい勇気を与えました。だからこそ、今回、最果て島に行くのに時間がかかって困っているみらい達を何とかしようと、海中を走る船に乗せて、恩返しするに至ったのでしょうね。
 また、8話では、元気のない子供のペガサスと、ヨクバールにされたお母さんペガサスを助けた事から、同話の記念撮影や、今話の最果て島へ行くためのアシストに繋がりました。
 みらいとリコの「誰かを思う気持ち」が、7話の人魚達や8話のペガサス親子との絆、そして、2人が困っている時の力になりたい気持ちを強めさせたのだと思いますね。最果て島に行くまでの過程は、まさしく「情けは人のためにならず」という感じがして、素晴らしい展開だったと思います。

 そして、極めつけは、はーちゃんでしょう。
 プリキュアの活躍は、多くの者に色んな勇気を与えていて、自分は、そんなプリキュアに多くの愛情を注がれて育てられている。15話では勝手に家出して、前話ではリンクルストーンを落としてガメッツに奪われてしまい、迷惑をかけたものの、それでも、大切な家族のようなものとして受け入れられている。
 精神年齢は幼くても、身体は小さくても、自分の存在がみらい達に力を与えている。それが、はーちゃんに大きな勇気を与えた事でしょう。
 そして、ミラクルとマジカルががピンチに陥った時に、体格差のあるガメッツに必死で向かっていったのは、すごく立派だったと思いますね。あまりの立派さに、画像をキャプチャーしながら感想を書いていた時は、涙腺が緩みかけていました。あのシーンのはーちゃんは本当に健気過ぎて、生きるのが辛いわ・・・。(またかよ(笑))

 その一方で、ドクロクシー達は、誰かを思う気持ちは強さではないと否定し、誰かを支配したり、何かを滅ぼす力こそが強さだと考えています。
 誰かを思う気持ちは、他者との繋がりを強める一方、誰かを支配したり、何かを滅ぼす力は、人間関係を疎遠にさせるでしょう。そして、孤独になってゆくものと思われます。
 16話でスパルダが言っていた、ドクロクシーの闇とは、孤独から生まれたものなのかも? ドクロクシーがリンクルストーン・エメラルドやリンクルスマホンを求めているのは、その闇を解放する魔力を秘めているからなのでしょうか?
 今回は18話。これまでのプリキュアシリーズ同様、3、4回後はストーリーが大きく進展すると思われ、これらの疑問が解明されてもおかしくないでしょう。ドクロクシーの存在に疑問を持つバッティが次回どう動くのかも気になるところであり、ここ数話は、プリキュアの活躍のみならず、敵側の動向にもしっかり注目しておきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター