FC2ブログ

記事一覧

プリキュア新聞 秋号

 一昨日から、「プリキュア新聞 秋号」が発売されました。
 これは、今年3月に出た「プリキュア新聞」の続刊です。その時の記事は、こちらから。
 前号と同じく、近くのコンビニの新聞売り場を見て、買いました!


 前号は「プリキュアオールスターズ・ニューステージ2」に合わせた内容でしたが、今回は、明後日から上映開始となる劇場版「ドキドキ!プリキュア」に合わせた内容となっています。
 では、この新聞の構成について、感想を交えながら、紹介します。


2~5面:ドキドキ!ワールド
 「ドキドキ!プリキュア」の柴田宏明プロデューサーの談話。
 プリキュア5人とレジーナを中心に、今作について語ります。

 また、2、3面下部では、「プリキュアオールスターズ・ニュステージ2」までの劇場版全14作の簡単な紹介があります。
 さらに、5面左部分では、今作までの10作品を簡単に紹介しています。


6、7面:現場リポート
 プリキュアシリーズの制作過程について、東映アニメーションの永富大地さんにインタビュー&ガイド。


8面:「あつめてフィギュア2」などのグッズ広告


9面:見どころきいたよ
 劇場版「ドキドキ!プリキュア」の見どころについて、脚本担当の山口亮太さんの談話。
 女児と一緒に映画を見ているお母さんに感動して、泣いてほしいらしいです。


10面:マジカルラブリーパッドなどのグッズ広告

11、14面:劇場版キャラ名鑑
 「オールスターズ」を除いた劇場版全作のゲストキャラ&ボス敵の紹介。


12、13面:ぬりえ
 プリキュア5人&妖精達の塗り絵。
 小さいお子さんがいる方は、彼らに塗らせて楽しませてあげましょう!


15面:「ドキドキ」のDVD、主題歌シングルなどの広告


16、17面:声優インタビュー
 プリキュアを演じる5人の声優の座談会。
 自分の演じるプリキュアに対する思いや、劇場版の見どころなどを語ります。


18、19面:我が家のプリキュア
 プリキュアコスを着た、小さいお子さんの写真がいっぱい! 2面合わせて50人以上います。
 ちなみに、コスプレ率はエースが一番多かったです。5人の中で最後に出たのと、亜久里が女児達の年齢に近いのが要因かもしれませんね。
 中には、前作以前のプリキュアコスをしている子もいますが、みんな可愛いです! 微笑ましい気分になりますね。疲れた時の清涼剤と言っても過言ではありません!


20~23面:エンディングダンス
 20面は前期エンディング「この空の向こう」の踊り方について、21面は後期エンディング「ラブリンク」の踊り方について、それぞれ載っています。

 22、23面は、エンディングダンスの振付師であるMIKIKOさんの談話。
 エンディングダンスを担当する事になったいきさつ、振り付けの工夫などを、柴田プロデューサーと交えて語ります。
 また、この方は、3人ユニットPerfumeの振り付けも担当。彼女達の事についても、少し語っています。


24面:結末を大予想
 今作の結末、次回作について、柴田プロデューサーにインタビュー。

 今作の今後のストーリーについては、「そこまでやる?」と言いたくなるような更なる試練が待っている、との事。
 レジーナと再び笑い合うまでが、そうなのかもしれませんね。23話のマナとの別れ方や、3か月以上も出番がなかった事を考えると、再会してすぐにキングジコチューとの和解の道を歩むとは考えにくいです。たぶん、4、5話はかける、と思っています。
 まあ、その展開は先延ばしになればなるほど、感動は増すでしょうし、最悪、最終回になったって構いません。プリキュア達とレジーナとスタッフ様達を信じて、私は、ひたすら待ち続けますよ!

 また、トランプ王国が戻ってからの真琴について、劇場版が手掛かりになる、との事。
 私としては、トランプ王国に戻って、再びアン王女の下に仕えてほしいな、と考えています。真琴メイン回では、王女が心の支えになっている事が強調されてますので、王女に仕えて楽しく笑い合う事が真琴にとっては幸せなんじゃないか、と思っています。

 柴田プロデューサーによると、「ラストは絶対に面白い」との事。楽しみですね。

 また、1話から34話までの1カットが、この面の上端、左端、下端に載っています。


抜き取り面:ビッグポスター&ストーリーあらすじ
 プリキュア&妖精のビッグサイズポスター。4面分あります。
 裏面は、今作の1話から34話までのあらすじが載っています。


 こんな感じでした。やはり、これで300円は安いです! 日刊スポーツ様、ありがとうございました!
 まだ買っていない方は今すぐ、近くのコンビニなどに行って買いましょう!!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター