FC2ブログ

記事一覧

魔法つかいプリキュア! 第12話感想


 「魔法つかいプリキュア!」第12話「満天の星空とみらいの思い出」の感想です。


~ オープニング前 ~

 ある朝、リコは、学校に行く準備をしていました。
 その一方、みらいは、まだ寝ていました。もう少し寝ていても遅刻ではありませんが、リコは早起きだと、みらいは感心します。

 みらいが起きた直後、魔法の水晶越しに校長が話しかけてきました。リコは、トパーズのリンクルストーンを手に入れた事を報告します。
 リコは、この調子でエメラルドも見つけると言いますが、校長は、そう簡単ではないし、焦らないようにと、返します。
「いえ、私、魔法界の代表として、このナシマホウ界でも全力で頑張ります。」


 今回も、オープニング直後の提供画像は劇場告知動画でした。
 

 
 今回も、中盤のシーンから映されましたね。
 ちなみに、ピーチ達4人は、ミラクルの活躍を称えていますが、その直前に、心地良い笑いをもたらしています(笑)。気になる方は、ぜひ映画館へ!



~ Aパート ~
 少しして、みらいとリコは一緒に登校。みらいはリコと一緒に登校できる事に嬉しく感じる一方、リコは、今日から授業が始まるし、最初が肝心だと意気込みます。
 そんな時、はーちゃんが声をかけてきました。はーちゃんは、おしゃべりが楽しいものの、学校にいる間はガマンです。

 しばらくして、教室に入室。リコは、クラスの皆にかしこまってあいさつします。
 その後、リコは教科書を開いて予習。まゆみ達が声をかけても、簡単にあいさつするだけ。
 直後、みらいは日直の仕事として、黒板消しに取りかかりました。まゆみも手伝います。みらいとまゆみは、楽しく話しているものの、リコは気にしません。

 それから少しして、数学の授業。円錐の展開図を描く問題が出され、リコが答える事に。
 リコは自信満々で答え、正解ではありますが、黒板をはみ出すほどの大きな展開図を描いてしまいました。
 「スイート」のエレンが黒板にデカく名前を書いたネタを思い出しますね。(笑)
 っていうか、黒板の上部に手が届くとは思えないんですが。踏み台を使って展開図を描いたんでしょうかね? だとしたら、とんでもない笑い話になりそうです。(笑)


 その後、理科の授業で、「春の大三角」と言われる3つの星座を答えますが、これも、魔法界での呼び名を答えてしまい、正答ならず。失敗続きに、リコは肩を落とします。
 前話感想では、体育や家庭科の授業でボロが出ると思ったのに、まさか、数学や理科の授業でこうなるとは・・・。いやー、さすが、愛すべきドジっ娘。今回も、私の斜め上を行くドジっ娘要素を味わえて、大満足です!(笑)

 しばらくして、今日の授業が終わり、リコは、明日こそ完璧に頑張りたいと意気込みます。しかし、みらいは、リコは朝から難しい顔をしていると指摘。
 その直後、まゆみはみらいに、バレーボールをやろうと声をかけます。みらいは、リコを連れて体育館に向かいました。

 そして、みらいは、クラスメイトと一緒にバレーボール。しかし、リコは、一緒に遊んだりはせず、皆が遊ぶ様子をメモしたり、じっと見ているだけ。
 少しして、みらいは、そろそろ一緒に遊ぼうと声をかけますが、リコはいませんでした。調べ物があると、先に帰ったようです。

 リコは、本屋でバレーボールの本を読んでいました。
 バレーボールの奥深さを感じたリコは、本を買う事に。本屋を出る時、リコは店員から、風船を1つもらいます。
 その後、リコは、モフルンに声をかけられます。リコは、さっき体育館を出る時、間違えてみらいのカバンを持っていったようです。
 おお! これは、みらいのカバンの中を物色するチャンス!
 ・・・とは、いかないですよね・・・。健全な女児向けアニメですし。そんなバカな事を考えるのは、私のような、老けたお兄さん&お姉さんだけで十分ですね。(笑)


 少しして、リコは河原で、さっき買った本や、風船を使って、バレーボールについて研究。モフルンは、ボール代わりの風船をトスしたりなどして協力します。
 

 

「モフルンも、みらいやリコと一緒に、バレーボールやりたいモフ。きっと楽しそうモフ。」
「そんなのんきな事じゃないわ。私は、魔法界を代表して来てるの。ルールだって、プレイだって、完璧でなくちゃならないの! だから、もっともっと練習しなくちゃ! モフルン、お願い!」
「分かったモフ!」

 同じ頃、リコ達から少し離れた所では、スパルダが、さっさとエメラルドを見つけてドクロクシーに渡すんだと意気込んでいました。
 

~ Bパート ~
 しばらくして、みらいとリコは、母・今日子、父・大吉と一緒に夕食。
 今日子が、授業はどうだったかを聞くと、リコは数学や星座の事などで先生が出した問題についてバシバシ答えていて、周りがすごいと称えていたと、みらいは言います。しかし、リコは、今日は全然ダメだったので、明日こそは頑張らなければと思っています。
 大吉は、星座というフレーズを聞いて、昔の事を思い出します。

 みらいが幼い頃のある夜、家族で星を見に、山に行きましたが、両親が目を離した隙に、みらいは、どこかに行ってしまいました。
 両親が必死にみらいを探していると、少しして、大吉がみらいを発見。声をかけられたみらいは、怖くて泣いているかと思いきや、モフルンを抱いてニコニコ笑っていました。
 その時は、ホッとするやら拍子抜けするやらで大変ではありましたが、しかし、今となっては、良い思い出です。

 夕食後、リコは星座の勉強をしますが、みらいがベランダから声をかけます。しかも、魔法学校の制服を着用。みらいは、キラキラの星を見に行こうと誘います。

 その後、みらいとリコは、魔法のホウキを使って空を飛びますが、なかなか星は見えません。 
「さっきのお父さんの話ね、小さい頃、山で迷っちゃった時、私、本当は怖くてずっと泣いてたの。」

 
 そんな時、みらいは、空に綺麗な星空が広がっていたのを目にします。
 
「暗くて怖かったはずなのに、キラキラしてて、明るくて。同じ夜なのにね。」
「見方が変わったのね。」
 
「そう、それ! リコも同じだと思うの! まっすぐ前を見るだけじゃなくて、ぐるーっと周りを見たら、星空みたいにキラキラでワクワクな事が、きっと一杯見つかるよ!」
「キラキラでワクワク?」
「うん! せっかく一緒にいられるんだもん! 魔法界と同じように、2人で楽しい事見つけよう!」
「楽しい事・・・。」
 
 その後、みらいは、星を見ようと、雲の上まで行こうとしますが、クモの巣が張られていました。
 その直後、みらいは落下。リコは急いで、みらいの手を掴むものの、みらいと一緒に落下してしまいます。
 みらいとリコを見つけたスパルダは、ヨクバールを召喚します。
 という事で、みらいとリコは変身。今回は、ルビースタイル。

 バトルスタート。今回のヨクバールは、雲が素体となっているため、ミラクルとマジカルの攻撃は素通りしてしまいます。
 一方、ヨクバールは雲を吸い込んで、ますます巨大化。しかし、その分、動きは遅くなっており、ミラクルはそこに勝機を見出します。
 ミラクルとマジカルは、ヨクバールの攻撃を回避し、ダブルキック。再生能力も落ちているため、ヨクバールにダメージが通りました。
 そして、すかさず、ルビーパッショナーレでヨクバールを撃退します。

 スパルダが撤退後、綺麗な星空が広がりました。
「気が付かなかった。星がこんなに綺麗だなんて。」
「良かった。いつものリコだね。」
「え?」
「リコ、ずーっと、んーってかおしてたよ。」
「ヤダ・・・。」
 
「まゆみ達がね、リコともっとおしゃべりしたいって。」
「明日、何て話しかけたらいいかな?」
「いっしょにあそぼう、だよ。」
「そうね。」
「私、見つけたい。この世界でも、素敵な事、沢山!」

 
 その直後、ある星が光り、それはリコの手元にまで来ました。これは、「タンザナイト」のリンクルストーン。
 

 同じ頃、家の窓から空を見ていたかなは、流れ星を目にしますが、よく見てみると、流れ星ではなく、人。もちろん、みらいとリコですが。かなは、一体何なのかと驚きます。
 かなは今後も、ナシマホウ界では起こりえない様々な不思議現象を目撃し続ける事になるんでしょうかね? あまりにも驚き過ぎて、心臓が止まらなければ良いのですが。(笑)
 
 その翌日、みらいだけでなくリコも笑顔で登校。まゆみに声をかけられても、笑顔であいさつしました。
 また、今日も、放課後バレーボールで遊ぶ事になりました。
「あ、あのね。私もバレーボールをしたい。でも、ルールを知らなくて、やり方教えてくれる?」
「うん、もちろん!」
 
 その直後、壮太が声をかけてきました。
「リコでいいわ。十六夜さんって、まだ慣れなくて。」
「慣れない?」
「ううん。な、何でもないの。」
「えっと、じゃあな、リコ!」
「じゃあ、私も、リコちゃんって呼んじゃおうっと!」

 

 その後、みらいとリコは、数人の友達と一緒に登校します。

 今回は、これで終了です。


次回:「たのしいBBQ! 幸せたくさんみ~つけた!
 みらいとリコは、クラスメイトの友達と一緒に、大吉の車に乗って、バーベキューに行く事になりました。
 川原へ着くと、魔法界からリコの姉・リズもやって来ました。リズもバーベキューに加わる事に。
 リコは、みらいが魔法を使わずに準備をする様子を見て、ちょっと不思議に感じます。果たして、リコは、バーベキューを楽しむ事ができるのか?


 次回予告直後の提供画像も、劇場告知動画でした。
 

 
 こちらは、終盤のシーンですね。それにしても、プリキュアでなくても志はプリキュアなゆいを映すとは、何てもったいない・・・。


 今回のイラストコーナー
 似顔絵って、奥が深いですよね。感受性や画力で、何通りもの絵が生まれるのですから。あと、みらいの頭の上で気持ち良さそうに眠っているはーちゃんに癒されますね。


【まとめ】
 魔法界の代表として全力で頑張ろうとしていたリコでしたが、綺麗な星空を見て、楽しい事を沢山見つけたいと思うようになり、また、「タンザナイト」のリンクルストーンを手に入れました。

 という事で、今回のテーマは「物事に対する見方の柔軟性」でしょうか。
 これは、リコに欠けているものであり、今話前にも何回か出ていましたが、今回は、より大きく取り上げていたと思いますね。

 リコは、真面目で努力家な印象が強いですが、その一方で、物事が上手くいかなくても自分のペースを貫こうとする融通の利かなさもあり、それがますます泥沼にはまっていく事も少なくありません。5話で押しくらまんじゅうの輪の中に加わらずに、成功もしない魔法を唱え続けた事や、6話で姉・リズに追いつきたいと、できもしない魔法に挑戦して失敗続きだったのは、その一例でしょう。
 確かに、真面目で努力を惜しまないのは、すごい事だと感心はしますが、しかし、上手くいかない時は、いくら頑張っても上手くいかないもの。そのため、物事に対する視点を変える柔軟性も必要なんですよね。

 しかし、それは、自分1人だけでは上手くいかないもの。特に、リコのように、自分の考えに頑固な者なら尚更でしょう。
 となれば、他人の存在が大事になるでしょうね。その他人が誰なのかは、人生の様々な局面で変わっていきますが、今のリコにとっては、みらいに依存する部分が大きいでしょう。

 そのあたり、みらいは、「まっすぐ前を見るだけじゃなくて、ぐるーっと周りを見たら、星空みたいにキラキラでワクワクな事が、きっと一杯見つかるよ!」とか「魔法界と同じように、2人で楽しい事見つけよう!」と、良い事を言っていたと思います。
 6話感想でも書いたように、魔法には努力と根性だけでなく、魔法を楽しむ姿勢も大事なんでしょうね。夜の綺麗な星空をリコに見させて、リコの気負い過ぎなところを上手くほぐしたのは、ナイスプレイだったと思います。

 そんな訳で、今回も、みらいのリコへのフォローが光った回でしたが、いずれ、リコのみらいへのフォローを大きく描く回が来るでしょう。
 その時には、今回培った柔軟性を上手く活かして、絆を深めてほしいと、大いに期待したいですね。



 今回の感想は、これで以上です。
 最後に、次回13話の感想についてですが、来月1日(日)、2日(月)は、感想を書く時間がそんなにとれず、投稿するのは3日(火)になると思います。
 ですので、次回の感想投稿はいつもより1日遅れる予定です。ご了承下さい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター