FC2ブログ

記事一覧

劇場版プリパラ「み~んなのあこがれ♪ レッツゴー☆プリパリ」 親衛隊コース感想

 劇場版プリパラ「み~んなのあこがれ♪ レッツゴー☆プリパリ」は、ストーリーがある程度進むと、ストーリーが3つに分岐します。
 こちらは、そのうちの1つ、親衛隊コースの感想となります。全コース共通部分、および、他の2つのストーリーについては、別の記事をご覧下さい。


 では、親衛隊コースの感想に入ります。ネタバレが嫌な人は、くれぐれも注意を
 準備がよろしければ、下にスクロールして下さい。

































 そふぃ親衛隊、なお、栄子、栃乙女愛、蘭たん、ななみは、ニューヨープの地下FCに来ていました。
 画像は、89話オープニングより
 アイドルもので「FC」といえば、「ファンクラブ」。ここでは、さぞかし、沢山の女の子達がライブで盛り上げている事でしょう。

 ・・・が、そんな事はなく、女の子達はプロレスをやっていたり、それを応援していたりしていました。とてもライブをやりそうな雰囲気ではありません。
 めが姉ぇによると、ここはファンクラブではなく、ファンシークラブ(Funcy Club)だとか。ここではアイドルデスマッチが行われており、それに勝たなければ、ここを出れないそうです。

 皆、やる気マンマンですが、1度負けると次は100回勝たないと出られません。それを聞いて、皆、プレッシャーを感じて、及び腰になります。
 しかし、誰かが挑戦しなければ、プリパリには行けず、ファルルを救う事はできません。一体、誰が挑戦するのか?
 ちゃん子がそう言うと、全員、ちゃん子に視線を向けます。という事で、ちゃん子が挑戦する事に。

 その後、ちゃん子は、マイチケをスキャンして、コーデチェンジ。
 画像は、89話オープニングより
 パンクなコーデでリングに登場。ちゃん子よりひとまわり大きいのが、相手です。
 すぐに、ちゃん子には、体格差を活かした踏みつけがきました。しかし、ちゃん子は、そふぃに会いたい一心で、相手を投げ飛ばし、デスマッチに勝利します。

 その後、ちゃん子は、単独ライブを披露します。曲は「Just My Chance Call」。
 画像は、89話オープニングより
 メイキングドラマは「爆裂! 海鮮ちゃんこ鍋」。
 サメに張り手をかましたり、大きなイカを投げ飛ばし、それらを具材にしたちゃんこ鍋を、そふぃと親衛隊メンバー達で仲良く食べ合うというもの。ここは、2Dシーンでしたが、なかなか見応えがありました。

 その後、サイリウムチェンジも披露して、大盛り上がりでライブ終了。さらに、四股踏みで場を盛り上げます。
 ちゃん子のチャームの属性は「クール」。私的には、ラブリーな気がしますが、そふぃに合わせているのかもしれませんね。

 沢山の「いいね!」を集めたそふぃ親衛隊達は、そふぃダンジリ屋台を舟のようにして、海路でプリパリを目指しました。これで、親衛隊コースのストーリーは終了です。


 まさか、ちゃん子の3DライブCGシーンを拝めるとは・・・。迫力のあるライブ、ごっつあんです!(笑)
 ちゃん子は、親衛隊コースに出てきた子達の中で、唯一ゲームで声の出演があるキャラなために、今回、3DライブCGシーンを作ったのかもしれませんね。

 そのちゃん子のライブは、とにかくすごかったです! そふぃを想う気持ちで強さを発揮したり、張り手、投げ、四股踏みを披露したりと、ちゃん子らしさ全開でしたね。
 ちゃん子好きな方や、相撲ファンは、たまらず座布団を投げたくなるような心境になるんじゃないかと思います(笑)。分岐コースの「千秋楽」にふさわしいストーリーだと感じ、他2つの分岐ストーリーと比べて格段に面白いと思いました。

 この勢いで、TV本編でも、ちゃん子の3DライブCGシーンを出してほしいですが、難しいかな・・・。
 まあ、ライブで目立たなくても、そふぃのフォローで活躍してほしいですね。ちゃん子に限らず、他の子達も、らぁら達メインアイドルをしっかり支えてほしいもの。らぁら達が有名アイドルとして輝いているのは、サブキャラ達がいてこそだと思いますしね。
 3期でも、サブキャラ達の活躍を楽しみにしたいものです。



 親衛隊コースの感想は、これで以上です。

 このコースが終わっても、まだ、全コース共通部分が少しあります。
 全コース共通部分感想記事のリンクから、別ウィンドウまたは別タブで来られた方は、リンク元の記事にそのまま戻りましょう。同一タブで来た方は、ブラウザの戻るボタンで戻って下さい。

 また、他の分岐ストーリーはどんな内容だったのか? 気になる方は、下のリンクからどうぞ。もちろん、ネタバレには注意して下さい。

ふわり・あじみのコース
ひびきのコース
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター