FC2ブログ

記事一覧

Go!プリンセスプリキュア 第46話感想

 「Go!プリンセスプリキュア」第46話「美しい・・・!? さすらうシャットと雪の城!」の感想です。


~ オープニング前 ~

 今年の終わりが近付いているある日、ノーブル学園の生徒達は大掃除に取り組んでいました。
 

 

 そんな中、はるか達は、冬休みはどうするかを話していました。
 トワは、カナタと一緒に錦戸のバイオリン工房で過ごすようです。みなみは家族旅行、きららは自宅でのんびり、はるかは実家の和菓子屋の手伝いをするつもりでいます。

 その一方、シャットは、前回の敗戦ですべてを失い、ディスダークには帰れないと、外をさまよっていました。


~ Aパート ~
 その翌日、前日に降っていた雪が積もり、寮の外には綺麗な風景が広がっていました。
 ホープキングダムではこんなに雪が積もる事はないようで、トワや妖精達は、この光景に感動します。それを知ったはるかは、もっと広い所に行こうと、トワの手を取って案内します。

 すぐに、はるか達は、その場所に到着。まだ誰も足を踏み入れていません。
 その後、雪に足を踏みしめたり、雪だるまを作ったりなどして、はるか達は楽しみます。
 

 

 

 

 トワが雪で何を作ろうか考えていたところ、はるかに雪玉が。投げてきたのは、ゆうき。男子達も来ていました。
 そんな中、トワは、ホープキングダム城を作ろうとしていました。はるか達は、トワが早くホープキングダム城に戻れるように願いを込めようと、城作りを手伝います。
 その後、先程の男子達も、面白そうだと城作りを手伝う事に。この話は、寮にいる生徒達にも伝わり、皆、手伝おうとしていました。ゆいは、イメージ図を考案。
 少しして、沢山の生徒達が城作りに励んでいました。
 
 妖精達は皆の頑張りを見て、プリンセスパレスを使って優しい音色を響かせます。
 

 
 また、ここ最近、こういう集まりで異様に目立とうとしているらんこも意気込みます。
「話は聞いたわ! 雪の城なんて、キャッチーなもので世間をアピールしようたって、そうはいかないんだから! この私も、参加させなさ~い・・・。」
「勝手にどうぞ・・・。」
 
 そう言う君も随分キャッチーだよなあ。ウサ耳フードをかぶっているあたり。変に可愛く目立とうとすると、かえってドン引きされると思うから、気を付けた方がいいよ?(笑)

 その後も、差し入れが出たり、ビデオ撮影したりなどで、一層盛り上がります。
 

 

 

 

 
 相変わらず、らんこは変な方向にぶっ飛んでますなあ。うん、トップコメディアンになる夢に順調に向かっているようで何より。本当の夢はトップアイドルだと言われても、「またまたご冗談を」としか返せないですね。(笑)

 その頃、シャットは、夢ヶ浜商店街をさまよっていました。シャットは、周りの人達から白い目で見られ、近くにいた鳥からは紫のバラを取られてしまいます。
「今の私は・・・、あの鳥以下だというのか・・・? この私が・・・?」
 そう感じたシャットは、悔しさのあまり走ります。

 それからしばらくして、雪の城が出来上がりました。生徒達や妖精達は、城の出来に感動します。
「私1人では、こうはいきませんでしたわ。沢山のお友達のおかげです。」
「良かったですわね、トワ様。」
「ええ!」
 

 その後、はるか達は寮に戻ろうとしますが、トワは手袋を忘れてしまいました。
 アロマは、自分が取りに行く事を申し出ますが、トワは、自分の事は自分でやると言い、取りに向かいました。そんなトワを見て、はるか達は、すっかりノーブル学園の生徒になったと、感心します。
 

 少しして、トワは手袋を手にしましたが、直後、シャットを目にします。シャットは、眼前にある雪の城を見て、自分を嘲笑っているようだと怒りを感じ、一部を壊しました。
 シャットは、自分を貶めるものはすべて破壊すると叫びます。危機を感じたトワは変身します。


~ Bパート ~
 その後、スカーレットはシャットと1対1でバトル。しかし、すぐに、はるか達が駆け付け、4対1となりました。
「つよく、やさしく、美しく・・・。美しくだと!? 貴様らの何が美しいものか。美しいのは、この・・・、私のみだ!」

 
 シャットの攻撃を、フローラ、マーメイド、トゥインクルは避けますが、スカーレットは、後ろにある雪の城は壊させまいと、受け止めます。
 スカーレットの事情を察したフローラ達は、リィストルビヨン、バブルリップル、ミーティアハミングでシャットを遠くへ吹き飛ばします。
 その後、シャットは自らの絶望でパワーが増し、獣のようにフローラ達を襲います。
 

 
「トワイライト・・・。思えば貴様との出会いが、私の運命を狂わせた・・・! 貴様がいなければ、私はここまで落ちぶれる事はなかった・・・! そう、貴様さえいなければ、私は! 再び美しく、返り咲ける!」
 
 シャットがそう叫んでの攻撃をスカーレットは抑えきれず、ダメージを受けます。
「これが私だ! 美しい私の美しい力だ!」
「美しい? 冗談。」
「自分の顔を見てご覧なさい。」
 直後、マーメイドはフローズンリップルで、シャットの前に氷塊を作ります。氷塊には、自分の姿が鏡のように映りました。
「醜い・・・。これが、私・・・?」
「だって、アンタのしている事、八つ当たりじゃん。」
「すべて人のせいにしているだけ。」
「それは、たぶん、美しくなんてないよ。」
 
 自分の醜さを認めたくないシャットは、氷塊を壊します。
「ロックに見下され、クローズに見下され、ディスピア様にも見捨てられ、残されたのは自分のみ・・・。信じられるのは、もう! この私のみだ!」
 
 そして、シャットは、巨大な怪物へと変貌しました。

 そんなシャットを見て、フローラ達は、シャットを救おうと一致団結。
 

 
 その後、マーメイドとトゥインクルがシャットの注意を引き、その隙にフローラが足払い。そこをスカーレットイリュージョンで抑え、グランプランタンを放ちます。

 シャットは深手を負い、元の姿に戻りました。そんなシャットに、スカーレットが歩み寄り、手を差し伸べます。
「何のつもりだ? トワイライト。」
「トワイライトは孤独で、人の事など考えない人間でしたわ。気高く、尊く、麗しく。ただそれだけで良いと。でも・・・、今の私は違います。温かくて大切なものを沢山いただきましたから・・・。」
 
「温かくて、大切な・・・。」
「それを守るために、強く優しくある姿を。それが美しさだと、今はそう思っています。変わりましょう、シャット。私と一緒に。」
 
 そう言われたシャットは、スカーレットの手を差し出すものの、払いのけます。その後、シャットは何も言わず、場を去りました。

 それからしばらくして、はるか達は、壊れてしまった雪の城を作り直そうと意気込みますが、既に、他の生徒達がその作業に取り掛かっていました。
「みんなが私達の夢を守ってくれているんだもん。このお城くらい、自分達で守りたいじゃない?」
「ゆいちゃん・・・。」
 
「とても・・・、とても美しいですわ・・・。」
 
 その様子をシャットは遠くから見つめていました。
「つよく、やさしく、美しくか・・・。」
 そんなシャットにシャムールは、風邪をひいたら美しくないと、マフラーを差し出します。シャットは無言でマフラーを手にし、場を離れます。
 
 無言で去ったシャットに、シャムールとクロロは表情が暗くなるものの、すぐに、安心した表情を浮かべます。

 後日、冬休みを迎え、はるか達はそれぞれの休みを過ごします。
 

 

 一方、シャットは孤独に、街中を歩いていました。


 しばらくして、はるかは年賀状を書いていました。
 
「みんな、良いお年を!」

 そんなはるかの明るさの一方で、今も絶望のツタに覆われている花の城。しかし、城は、淡い光を放っていました。

 今回は、これで終了です。


 今回のエンディングの個別部分は、スカーレットパート。今回は、トワイライトからトワへの変化の総決算的な話でしたしね。
 そして、スカーレットパートは今回が最後でしょうか。残りは、フローラパート、マーメイドパート、トゥインクルパートを1回ずつ入れて、最終回は、特別映像を流すか、もしくは、フローラパートで締めるんじゃないかと思いますね。



次回:「花のように・・・! つよくやさしく美しく!
 カナタから、花の城の様子がおかしいと連絡があり、はるか達はホープキングダムに行く事になりました。
 すると、小鳥の声に誘われて、はるかだけが花の城の中に入りました。そこでは、見知らぬ王子様、執事やメイド達が、はるかを花のプリンセスとして迎えます。
 そして、はるかは、素敵なドレスで王子様と一緒にアフタヌーンティーや散歩を楽しみますが、城の外にいるみなみ達は嫌な予感を感じます。それは、一体何なのか?

 なお、次回の放送日は、来年1月10日(日)です翌週3日(日)はお休みですので、間違えないように!


【まとめ】 ※今回は、かなり長いです。長文苦手な方は、ご注意下さい。
 トワは、雪でホープキングダム城を作ろうとしていましたが、はるかをはじめとした沢山のノーブル学園の生徒達のおかげで、城を完成させる事ができました。

 ああ・・・、また今回も、キャプチャー画像数が、かなりの数になっちゃったなあ・・・。(笑)
 今回の画像枚数は86と、39話と並びました。しかも、今回は本編以外のものが1枚もなかったため、本編のキャプチャー画像枚数は今回が最高記録になりました。今月に入って、画像枚数が75を超えた回が、43話(83枚)、45話(79枚)、今回と3回もあるとか、私を過労でダウンさせたいんでしょうか?
 あ、もちろん、冗談ですので、「そう思ってるんだったら、無理してキャプチャーしなけりゃいいじゃん」などとマジレスしないで下さいね?(笑) 画像編集は疲れますが、やっていて楽しいですし。

 よく考えれば、43話、45話、今回と、沢山のノーブル学園の生徒達が何かのイベントの準備をしたり、盛り上げたりして、頑張っているんですよね。それが楽しそうに見えて、ついその姿をキャプチャーしまくって、必然、沢山の画像枚数になっちゃったのだと思います。
 そのあたり、親元を離れての寮生活が基本という、今作の独特設定を上手く活かしていると思いますね。それゆえ、子供達には自主性が求められ、色んなイベントを自分達で考えて、盛り上げて、その楽しみを共有する、というところに感銘を受けているのだと思います。そこに、大きな成長や絆がある訳ですし。
 しかも、それを今月は、43話、45話、今回と3回も入れているのが良いですよね。来月から最終決戦だというのに、そのムードを感じさせない明るさは、メイン視聴層である女児達にも楽しさを与えていますし。はるか達メインキャラ以外の成長も感じられ、親元を離れての寮生活を今作の基本にしたのは大成功だったと思いますね。


 あ、すいません。今話の感想というよりは、それから逸脱した今作のまとめ的な感想になっちゃいまして。
 では、改めて、今話の考察系感想に入ります。

 今回のテーマは、「自尊心を貫き続けた『ツケ』」と「温かいものを受け入れる『美しさ』」でしょうか。
 まあ、「ツケ」と言っても、ある程度の自尊心を持つ事は大切でしょう。自分に自身がなければ、夢に近付く事はできないと思いますし。
 そう思うと、自尊心を高く持つ事は、それだけ自分に自身を感じている事であり、良い事と言えるでしょう。そこに「つよく、やさしく、美しく」の「つよく」や「美しく」は存在していると思います。

 だけど、自尊心をあまりにも強く持ち過ぎるあまり、他人の優しさを否定してしまったらダメなのでしょう。
 いくら自尊心が高かろうと、誰にだって過ちは犯すもの。ただ、問題は、そうなった時にどうするかでしょう。
 自分の過ちや弱さを認めず、その過ちが間違っていると、自尊心を貫くか、それとも、過ちを認めて、他人の優しさ、すなわち、「温かいもの」を受け入れるかどうかの2択がありますが、前者だったらダメなのでしょうね。
 自尊心を貫いたところで、たいてい、その過ちは覆らないものです。となると、誰かに助けを求める事になりますが、手遅れでしょう。自尊心を貫いて他人を見下してきた反動として、冷たく見られて、助けに応じなくなると思いますし。それが「自尊心を貫き続けた『ツケ』」ってやつでしょうね。

 だからこそ、自尊心は程々にして、「温かいものを受け入れる『美しさ』」を持つ事が求められるのでしょう。人は、1人だけの力で生きる事は不可能であり、助け合いながら頑張っていく事が当たり前となれば、なおさら大事ですよね。
 思えば、トワは、23話では、罪悪感と責任感の強さゆえ、誰にも甘えずに1人だけで頑張ろうとしていたんですよね。だけど、自分の無力さ、弱さ、そして、他人の優しさを知り、力を貸してほしいと頼りました。
 それから20話以上が経ち、多くの「温かいもの」をもらい、それを守ろうと強くなっていきました。そして、今回、沢山の生徒達が雪の城作りを手伝ってくれ事により、トワは、これまで以上の「温かいもの」をもらい、すごく嬉しく感じ、幸せだったでしょう。
 そう思うと、トワは、トワイライトとして自尊心を貫き続けて破滅の道に進まなくて本当に良かったと、改めて感じますね。


 さて、今回で、今年の「Go!プリンセスプリキュア」は終わり、残り話数は4話となりました。
 その一方で、次回作については、つい先日、新しいプリキュアが公式ホームページにて紹介されました。見た感じでは、新プリキュアも、かなりの可愛さがあり、どう動くのかが楽しみです。
 ですが、まずは、今作に集中ですね。次回から最終決戦を迎えるでしょうから。
 はるか達は、ディスダークとどう戦い、どう決着をつけて、そして、最終回でどんな大団円を迎えるのか、残り4話、これまで以上に熱く見ていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター