FC2ブログ

記事一覧

おそ松さん 第10話感想

 「おそ松さん」第10話 「イヤミチビ太のレンタル彼女」の感想です。


 まずは、オープニング前の2分ほどの寸劇の感想。

 2話冒頭に出てきた釣り場で、おそ松とカラ松は釣り。

「イタイって何だ? 人は、俺の事を指して、イタイと言う。しかし、決して殴ってはいない。蹴ってもいない。なぜ、皆、イタがるんだ?」
「ああ、別にいいよ。気にしなくて。だって、痛いのがカラ松だから。そこがなくなったら、面白くないでしょ?」
「だが、俺は、何も人を傷付けるために生きてはいない。なぜだ? なぜ、俺はこんなに皆の事を愛しているのに傷付けてしまう? フ・・・。これか。ハリネズミのジレンマってのは。」
 何でお前がイタイと言われるのか、はっきりとした答えは分からないが、とりあえず、そのサングラスを壊したくなったよ。(笑)
 カラ松のセリフにイタがるおそ松。

 革ジャンを脱いだら、これ。トト子、カラ松に、8話のようなボディーブローかましちゃっていいぞ。(笑)

 サングラスをとったら、カラコン。一松、この男に目潰ししていいぞ。(笑)

「くっ・・・。俺は、どうしたって周りを傷付ける罪な男、ギルトガイ。八方塞がりだ。エイトシャットアウツ! 孤独に生きるしかない、オンリーロンリネスライフ!」

 その直後、おそ松はイタさを感じなくなりました。耐性がついちゃったらしいです。

 おそ松は、カラ松はそのままで、周りの感覚がバカになればいいと言いますが、トド松はツッコミ。
 
 お前が一番カラ松の事をイタイと感じてるんだろうけど、池から出てツッコむお前もたいがいだぞ? とりあえず、カラ松は、名前を「イタ松」にしても良さそうですね。(笑)


 ここからは、「イヤミチビ太のレンタル彼女」の感想。

 レンタル彼女の現場を見たイヤミは、チビ太に、一緒にレンタル彼女をやろうと相談。

 チビ太は、まったくやる気がありませんでしたが、女装したらきっと可愛いと言われて、付き合う事に。


 という事で、レンタル彼女始めました。ついでに、ダヨーンも参入。

 
 いや、何も、誇りのおでん屋の外装まで変えなくてもいいんだぞ?(笑)

 何の効果もなく1日が過ぎました。そこで、次は・・・、
 
 可愛さを少しだけ上げてみましたが、やっぱりダメ。この寒い時季に、2日もおでん屋休業とか、チビ太、めっちゃ損してるだろ。(笑)
 そして、さらに、パワーアップ。まあ、結果は、火を見るよりも明らかですね。(笑)

 そんな中、6つ子が近くを通ろうとしました。

 イヤミは必死に売り込みますが、ツッコミ6倍返しされます。

「ブス・・・? まさか客が来なかったのは、ルックスの問題・・・?」
「目からウロコだぜ、バーロー・・・。」
 
 私からすれば、警察官が来て逮捕されなかった事が、目からウロコだぜ。(笑)

 という事で、デカパンの発明に頼ります。その前に何か色々やってましたが、カット。あんなブス画像を何枚も載せたら、目に毒だと思いますので。(笑)
 デカパンが開発したのは、美女薬。これを飲めば、誰でも、可愛い美女になれるもの。効果は、1錠で1時間。

 後日、6つ子の家にレンンタル彼女のチラシが。
 ただし、料金は1時間10万円。だが、6つ子に限り、なんと1時間500円。うわー、明からさまなハニートラップですなあ。(笑)

 最初は、怪しいとツッコんだチョロ松でしたが、他5人に流されて、レンタル彼女と付き合う事に。チョロ松だけに、チョロいですなあ。(笑)

 少しして、レンタル彼女登場。おお! かなりの美人じゃないですか!

「実物ハンパねぇ! レンタル彼女っていうか、レンタル女神!」

 まあ、中身は、これなんですけどね(笑)。ちなみに、「イヤ代」と名乗っています。

 語尾に「ザンス」をつけたまま話してしまい、疑われる事に。

「ザン、ザン、ザンギエフって、すごく強いですよね?」
「ザンギエフ? ストリートファイターの?」
「え、ええ。」
「何、この人? こんな美人なくせして、ザンギエフの話題とかって・・・。もう好感しかない! もう結構好き!」
 チョロ松、お前、それでいいのか。ったく、お前ってヤツは、ホント、女の子絡むとポンコツになるよな。(笑)
 あ、ちなみに、この美女の中身はイヤミですが、中の人は変わっています。演じているのは、たかはし智秋さんです。

 少しして、手を繋いで映画館に来ましたが、オプション料金を支払う事になりました。
 オプション料金が、基本料金の1,000倍を優に超えるとか、何でやねん。(笑)

 そして、映画を見終えたチョロ松は、こうなりました。

 とはいえ、チョロ松は、彼女から、彼氏で良かったと言われて、大興奮。誰か、警察呼んでくれ。(笑)

 その頃、トド松も、別のレンタル彼女とデート。
 


 まあ、中身は、やっぱりこれなんですけどね(笑)。ちなみに、こっちは「チビ美」と名乗っており、中の人は野中藍さんです。 

 他の兄弟も、イヤ代、チビ美とデート。

 

 

 


 オプション料金でタンマリ儲けたイヤ代とチビ美。っていうか、赤塚先生の遺影まで手放すとか、何て罰当たりな・・・。(笑)
 そして、金が尽きた6つ子。金がないと知ったイヤ代とチビ美は無視。

 そんな中、トト子が声をかけてきました。君は、コスプレ路線からいいかげん離れろ。(笑)

 しかし、6つ子は、イヤ代とチビ美に夢中です。8話では散々トト子に萌え狂っていたのに、コイツら、感覚ぶっ壊れ過ぎだ。(笑)
 
 トト子はたまらず、まとめてボディーブロー。トト子カッコ良いよ、トト子。「おそ松さん」始まって、ようやくまともなトト子を見た気がします。(笑)

 イヤ代とチビ美は、女湯に入ろうとしました。

 しかし、早々と効果切れ。薬の服用回数が多くなると、効果時間が短くなるようです。

 そろそろ潮時かと思われたところに、6つ子が来ました。それも大金を持って。
 
 なぜ、こんなに大金があるのか? それは、立派に働いたから。
 

「2人に感謝。エロいことした一心で・・・、じゃなかった、デートをしたい一心で、僕達ニートを卒業できたんだ!」
 おそ松兄さん、本音出てまっせ。ついでに、一松までもがこの笑顔とか、6人一緒に鼻血垂れ流す仲の良さとか、「諸般の事情によりお見せできないお仕事」にウケちゃいますね。(笑)

 イヤ代とチビ美は大金を求めて、再びデートに。
 

 

 だが、薬の効果時間が短くなっているとなれば、そう上手くいく訳がなく・・・、
 

 ヒゲが出ちゃってます。

 
 電灯を壊して、暗くなっている間に逃げようとするも・・・、
 バレちゃいました。


 

 

 

 
 で、その後は、お約束の地獄絵図。読者の皆さん、美女薬の服用は程々にしましょう!(飲めねーよ(笑))


 今回はこれで終わらず、エンディング後も、30秒ほどの寸劇がありました。

 6つ子の父は、テレビで、ミスビューティコンテストを見ていました。
 
 まあ、優勝者は、美女薬を飲んだダヨーンだったというオチですが。
 
 うん、この寸劇が始まったあたりから分かってたよ、このオチは(笑)。ですが、そんなお約束をちゃんと出してくれたのは、やっぱり良かったですね。


 イヤミとチビ太のコンビ話、最高! 今回は、この一言に尽きますね。

 イヤミとチビ太が話の主軸として盛り上げる。私が小さい頃見ていた「おそ松くん」は、そんな回が結構多く、その影響で、イヤミとチビ太が「おそ松くん」のお気に入りキャラベスト2になりました。
 今回のように、悪巧みをしては、オシオキで締めというのも、よくありましたね。小さい頃は、イヤミとチビ太のコンビ話によく笑い、「おそ松くん」の真骨頂だと思ったほどです。

 それだけに、今回は盛大に笑い、童心に帰ったような気分でした。
 まさか、いい大人になって、「おそ松くん」の真骨頂を堪能できるなんて思いもしませんでした。スタッフ様には、大いに感謝しています。本当に、ありがとうございました!

 今後も、イヤミとチビ太のコンビ話が出てほしいと、大いに期待しています!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター