FC2ブログ

記事一覧

Go!プリンセスプリキュア 第42話感想

 「Go!プリンセスプリキュア」第42話「夢かプリキュアか!? 輝くきららの選ぶ道!」の感想です。


~ オープニング前 ~

 ある日、マーブルドーナツの店を訪れたはるか達。きららは、最近の仕事続きで、久しぶりにマーブルドーナツを食べられると喜んでいました。
 しかし、一口食べようとしたところ、きららのファンがやって来ました。
 彼女達はサインを求めます。きららは、好物のドーナツを食べたい気持ちを抑え、サインに応じます。
 ですが、きららに集まってきたのは、この2人以外にも沢山いました。
 ドーナツを早く食べたいと思うと、ウンザリするところもありますが、ファンの応援にはしっかり応えます。
 


 オープニング直後の提供画像は、今回も劇場告知動画でした。
 


~ Aパート ~
 それからしばらくして、はるか達は学園に戻りました。
 すぐに、きららの所属事務所の社長が、やって来ました。彼女は、きららが「ジャパンコレクション」のメインモデルになった事を告げました。
 「ジャパンコレクション」とは、選び抜かれた一流の人気モデルだけが舞台に立てる、世界でもすごく注目を集めているファッションショー。それも中学生にして選ばれたとなれば、すごい事です。
 今年の開催地はニューヨーク。このショーで成功すれば、海外進出の大きな足がかりになります。
 それを聞いたきららは、世界に繋がる大きなチャンスが来たと意気込みます。

 その頃、カナタは、絶望のツタに覆われた星の城を見つけました。城は光を放っており、カナタは、炎の城のようにこの城も目覚めようとしているのではないかと察します。

 社長は、1人の女の子を紹介します。きららと同じ事務所の新人モデルで、名前は「明星(あけぼし) かりん」。
 「ジャパンコレクション」までの間、きららのアシスタントを担当します。

 それから後日、きららは撮影の仕事に。きららが「ジャパンコレクション」に出られる事は、仕事場にも広がっていました。
 少しして休憩に。かりんは、仕事で頑張るきららを気遣いますが、きららは、かりんを「りんりん」と呼び、モデルを目指すなら、現場の様子をしっかり勉強するようアドバイス。自分の世話は気にしなくていいと言います。
 

 その後日、きららは、プリキュアとしてゼツボーグと戦っていましたが、決着がつくと、すぐに仕事場に向かいます。きららは最近、TVでの仕事も増えており、忙しくなっています。
 それほどきららはすごくなったと感じている一方、みなみは、ふと憂いの表情を浮かべます。

 きららは、インタビューに答えていました。
「モデルになったきっかけは、やっぱりママ、ステラを見たから。初めてモデルとしてのステラを見た時の事、今でも覚えてる。ステラが舞台に立った瞬間、会場の空気が変わった。あたし、すごくドキドキして・・・。その時、モデルになりたいって、思ったんです。」
 
「ステラは、きららちゃんの憧れなのね。」
「悔しいけど、そうかも。」
「『ジャパンコレクション』で、きららちゃんもついに正真正銘、トップモデルの仲間入りだけど、次の目標は?」
「世界で活躍するトップモデル! それが、小さい頃からのあたしの夢なんです!」
 

 

 

 

 その後の休憩で、かりんは、きららのための手作りドーナツを出しましたが、大きくなり過ぎたようです。
 半分に分けて食べる事になりました。きららは、美味しくいただきます。
 かりんは、きららがトップモデルを目指すきっかけとなった母のステラがスーパーモデルだなんて、想像できないと言います。
 直後、きららは、かりんがモデルになろうとした理由を聞きます。
「私、夢がなかったんです。勉強もスポーツも絵を描くのも、何をやっても上手くできなくて・・・。私、何ができるんだろうって、悩んでて・・・。それで落ち込んでる時に、たまたま見かけた雑誌の表紙に思わず、見とれちゃったんです。そのモデルさんの姿がすごく輝いてるように見えて・・・。」
 

 
「じっと眺めているうちに、何だか元気出てきて! 私もオシャレしたいなって思い始めて! 雑誌を見て、可愛い服や髪型を研究したり、ポーズをマネしてみたり! そうするうちに・・・、私もモデルになりたいと思うようになったんです。」

 

 
 だったら夢は叶ったと、きららは言いますが、かりんにとっては、そうではないようです。
 ただのモデルじゃないとなれば、歌って踊れるモデルなのか? それとも、トップモデル? かりんは秘密にします。

 その頃、ディスダークでは、炎の城から出ている虹が気に入らないクローズが、ストップとフリーズに出撃を求めます。
 シャットは、ここは自分の出番だと言いますが、クローズは引っ込むよう言います。という事で、ストップとフリーズが出撃。


~ Bパート ~
 ニューヨークへ向かう日の夜明け前、トワが目覚めると、きららが起きていました。
「緊張してますの?」
「世界が注目しているショーだし、絶対に失敗できない・・・。」
「きらら・・・。」
「でも、早くランウェイを歩きたくてウズウズしているあたしもいるんだ。」
「きららは本当に、パワフルですわね。モデルも仕事もプリキュアも、何をするのも全力ですもの。」
「仕事もプリキュアも、あたしにパワーを与えてくれる。だから、ずっと走っていられるのかも。」
 

「今日のあたしは、今までで一番輝いている! 世界が、夢が、あたしを待ってる!」

 

 それからしばらくして、きららは空港に。はるか達や、かりんも一緒です。はるか達は、きららはもうすぐスーパースターになれると、夢膨らみます。
 しかし、その時、ストップとフリーズが現れました。ストップとフリーズは、かりんに狙いを付けました。
「私の夢は、モデルに・・・、見る人に夢を与えられるようなモデルに・・・、きららさんのようになりたい!」
 そう、かりんがモデルを目指そうと思ったきっかけは、きらら。しかし、非情にも、かりんは絶望の檻に閉じ込められ、ゼツボーグが現れました。
 きららは変身しようとしますが、はるか達は、世界に羽ばたくチャンスを逃してはならないと、先に空港へ行くよう言います。

 という事で、はるか、みなみ、トワが変身して戦いますが、きららは戸惑っていました。そんなきららに3人は、早く空港へ行くよう強く言います。
「『ジャパンコレクション』は、大事な大事なスタートライン・・・。あたしの小さい頃からの夢・・・。」
 そう思ったきららは、空港へ向かいます。
「あたしの夢。世界で活躍するトップモデル。それが・・・、あたしの夢・・・。」
 しかし、かりんが自分の夢は秘密だと言った事を思い出します。
「ごめん、りんりん・・・。聞いちゃったよ・・・。りんりんの夢は、あたしを見て描いてくれた夢なんだよね。」
 
 その直後、きららは引き返しました。
「あたしがやらなきゃ・・・。りんりんの夢は、あたしが、あたしの手で守りたい! 夢を守るのが、プリンセスプリキュアの使命。そして、あたしは、プリンセスプリキュアだから!」
 そして、きららも変身します。

 変身直後、トゥインクルは単身突撃して戦いますが、ゼツボーグに大きなダメージは与えられず、ストップとフリーズの攻撃で吹き飛ばされます。
 フローラ達3人も、リィストルビヨン、バブルリップル、スカーレットフレイムを放ちますが、強風を起こされ、かき消されます。ゼツボーグの強風になかなか近付けないフローラ達ですが、トゥインクルは、かりんの夢を絶対に取り戻すと諦めません。
 そして、トゥインクルはギンガキーをプリンセスパレスに差し込み、「ギャラクシーコーラス」を放ちます。
 ゼツボーグがひるんだところで、最後は、グランプランタンで浄化しました。

 その後、トゥインクルは、かりんを解放。
「きららさん、頑張って下さい・・・。」
「ありがとね、りんりん・・・。」
 

 きららは、ニューヨークに行く事ができず、「ジャパンコレクション」は不参加に。社長は、その謝罪に追われていました。
 社長は、きららに何かしらの事情があった事は察するものの、「ジャパンコレクション」不参加のダメージは大きく、海外どころか、これまでの仕事も当分なくなるかもしれない、ときららに言います。

 一方、はるか達は、寮のテレビで「ジャパンコレクション」を見ていましたが、表情は暗いです。
 そこに、きららが、さすが一流のショーだと明るく声をかけました。はるか達は気まずいと感じ、テレビを消しますが、きららは、気にしなくていいと言います。
「あたし、あの時、どうしても、りんりんの夢を自分で守りたかった。その事を後悔なんてしてない。もし、また同じ事があっても、あたしは、あの子を助ける。100回でも、1,000回でも。やっぱり、同じ事をすると思う。だから、いいの!」
 悲しい表情を浮かべはるか達をよそに、きららは、大丈夫だと言って、寮の自室に戻ります。
 そして、自室に戻ったきららは、夜空を見上げました。

 今回は、これで終了です。


 今回のエンディングの個別部分は、フローラパート。今回はきららメイン回だったものの、次回、きららに大きな見所がありそうなために、今回は別キャラにしたのでしょうね。
 また、今回も、始めの約7秒間は劇場版仕様でした。



次回:「一番星のきらら! 夢きらめくステージへ!
 「ジャパンコレクション」に出れず、周りに迷惑をかけてしまったきららは、しばらくの間、モデルの仕事を休む事に。
 その分、学園の皆と一緒にいる時間が増えて、きららは楽しそうに振舞いますが、どこか無理をしてるようにも・・・。
 そこで、はるか達は、学園長であるゆめに相談して、きららへのあるサプライズイベントを企画しました。それは、一体どんなものなのか?


 次回予告直後の提供画像も、劇場告知動画でした。
 

 今回は、涙を流しているところばかりですね。今回は11月最後の回ですので、劇場告知は今回で終わりっぽい?


【まとめ】 ※今回は、かなり長いです。長文苦手な方は、ご注意下さい。
 きららは、選び抜かれた一流の人気モデルだけが舞台に立てる「ジャパンコレクション」のメインモデルに選ばれたものの、自分のようなモデルになりたいかりんの夢を守る事を優先し、「ジャパンコレクション」に出られなくなってしまいました。

 今回の話を見終えて、やはり、「フレッシュ」の9話を思い出さずにはいられませんね。あの時のメインだった美希も、きららも、世界で活躍するモデルを目指していますし。今から6年半以上も前に放映されたとはいえ、あの話は今でも強く印象に残っています。
 ちなみに、「フレッシュ」の9話は、美希が、海外で活躍できるチャンスを手に入れるためのオーディションに受ける話でした。しかし、オーディション中に、幼なじみであり、プリキュア仲間でもあるラブと祈里がピンチになったのを知り、美希は、オーディションを棄権して、2人のピンチを救いに行きました。
 要するに、夢よりもプリキュア、さらに言えば、友達を選んだ訳ですね。そこは、今回のきららとかぶっており、「フレッシュ」の9話にも大いに感動したように、今回の話もすごく良かったと感じています。

 ただ、あの回と今回が違うのは、まず、スケールの大きさでしょう。美希は、海外での活躍という「チケット」を手に入れるためのオーディションを蹴ったのに対し、きららは、その「チケット」を手に入れてはいたが、使えなかった訳であり、夢を諦めた事のダメージは、きららの方が大きいでしょうね。
 もう1つ違うのは、夢よりも友達を選んだ理由ですね。
 美希は、プリキュアとして戦っているラブと祈里のピンチを助けたいというものでしたが、きららについては、フローラ達3人は、別段ピンチに立たされていた訳ではないんですよね。あのままいけばフローラ達がゼツボーグを倒してくれるという信頼は、きららの中にたぶんあったと思います。
 でも、きららは、そういうのは関係なくプリキュアとして戦う事を選んだんですよね。それは、自分のようなモデルになりたい夢を持っているかりんを自分の手で救いたかったから。この「自分の手で」というのが重要なんでしょうね。

 きららは、母ステラのようなモデルになりたくて、トップモデルを選んだ。そして、かりんは、そんなきららの活躍を見て、きららのようなモデルを目指すようになった。
 それがきららにとっては嬉しく、自分と同じだと思ったのでしょう。きららは、ステラから母として多く支援されたように、自分もかりんを支援していきたい。
 皆の夢を守るのがプリンセスプリキュアの使命だという思いもあるでしょうけど、母親的な思いが「自分の手で」かりんを救いたいという気持ちに大きく繋がったのだと思っています。そう思うと、きららは母に一歩近付いたのかもしれませんね。

 そして、その事に後悔していないと言ったのも良かったと思います。
 美希も、オーディションを蹴ってラブと祈里のピンチに駆けつけた事を後悔していないと言っており、そこはすごいと「フレッシュ」9話を見た時は思っていましたが、今回のきららについても同じです。夢を諦めた事によるダメージは、きららの方が大きいはずなのに、「もし、また同じ事があっても、あたしは、あの子を助ける。100回でも、1,000回でも。」と言ったのは、特に感動しました。

 そう言えたのは、やはり、はるかの影響でしょうね。5話で、はるかが自分のハードな仕事に親身に付き合ってくれた事から、友達付き合いの大切さを学び、かりんを救おうとした事に繋がったのでしょうし、後悔もしてないんだと思います。
 4話ではプリキュアになっても、夢のために辞退した唯我独尊さを思えば、ものすごく成長したと思いますし、Bパートでトワが言っていた「モデルも仕事もプリキュアも、何をするのも全力」なのは至極正論だとも思いました。

 でも、きらら、無理に笑顔を作らず、泣いたっていいんだよ・・・?
 世界が注目しているショーに出れなかったのは、ものすごく辛いはずなのに・・・。自分を応援してくれた人達の期待を裏切ってしまった申し訳なさも、相当感じているはずなのに・・・。
 いくら、そのショーのメインモデルに選ばれたとはいえ、キミは、まだ13歳の女の子。泣いたっていいんだ。
 なのに、涙を流さないどころか、大きな夢よりも1人の友達を優先した事に「後悔してない」と笑顔で言うだなんて、見ていて辛い・・・。私が泣いちゃいそうだよ・・・。

 ・・・すいません。突然、丁寧語も使わずに感情的に語っちゃいまして。それだけ、今回はものすごく感動したと解釈して下さい。
 まあ、しかし、きららがあそこで泣かなかったのは、夢に対して一途ゆえなのかな、と考えています。母ステラのようなトップモデルになりたいと思った日から、きららは、その夢に対して、どんな困難でも弱音を吐かず決して泣かないと決心していたのかもしれません。だから、泣けなかったのだと感じています。
 それに、「笑顔」は、きららメイン回でもあった24話と34話のテーマだっただけに、辛い時こそ笑顔でいようと心掛けていたのも、その要因かなと考えています。少なくとも友達の前では笑顔で振舞って、悲しく感じさせてはいけない、と思っていたのかもしれませんね。

 とはいえ、多くのファンの期待を裏切ってしまった事には変わりなく、今後の仕事に大きな支障が出ると思うと、これまでのように夢を追いかけるのは厳しい事かと思われます。きららにとっては、辛い現実が待ち受けている事でしょう。
 そんなきららをはるか達がどう支えるかが、次回に見所になるのかもしれませんね。そして、きららが立ち直り、再び、夢に向かって高い志を持つ事ができるのかどうか、大いに注目したいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセスカウンター