FC2ブログ

記事一覧

Go!プリンセスプリキュア 第34話感想

 「Go!プリンセスプリキュア」第34話「ピンチすぎる~! はるかのプリンセスコンテスト!」の感想です。


~ オープニング前 ~

 はるかは、前話手に入れたホープキングダムの紋章入りのボタンを見て、カナタはこの世界にいると考えます。
 はるかは、早速探しに行こうと言いますが、今は夜。それにそう簡単に見つかるものではないと、みなみが制します。
 そんな中、パフは外の星を見て、星に聞いてみようと言います。
 「星に聞く」とは、星占いの事。「迷える者は星に聞け」というのが、ホープキングダムに古くから伝わる言葉だと、シャムールは言います。
 という事で、はるかは、プリンセスパッドを使って、星占いで、カナタの居場所を聞こうとします。すると、周りは星一面の風景に。
 シャムールによると、プリンスはチョコレートに、との事。一体どういう事なのか?

 その直後、きららが仕事から帰ってきました。きららは、お土産として、差し入れでもらったチョコレートを出します。
 この事に、はるか達は驚きます。しかも、包装には「プリンセスコンテスト」の告知シールが貼られており、「王子様に会えるかも」とも書かれています。
 もしかしたら、これが、カナタに会える手がかりに?


 今回も、オープニング映像の一部が変わりました。今回は、ゆいとシャムールが出るところに、クロロが追加されました。

 また、今回も、オープニング直後の提供画像は、劇場告知動画に。
 


~ Aパート ~
 少しして、きららははるかに、そのコンテストに出てみてはどうかと言います。はるかは、カナタに繋がる唯一の手がかりな上、プリンセスコンテストなんて素敵そうだと、出てみたい気持ちでいっぱいです。

 後日、コンテストの1次審査の結果が来ました。
 結果は、合格。アロマは、提出書類のはるかの写真を見て、意外だと感じます。
 まったくだよ。普通は、こういう写真だったら、失格なんでしょうけどね。まあ、ただ、このアニメが女児向けである事と、今回のテーマを加味すれば、この写真で合格させるべきなのでしょうね。
 それにしても、このはるか、すごく幸せそうで、癒されるなあ。後で、この写真くれませんかねえ。疲れた時の清涼剤にしたいんで。(ギャグ感想を語るか、シリアス感想を語るか、どっちかにしろ(笑))
 

 次は、夢ヶ浜ホールで審査が行われるようです。そこは、4話できららが出たショーの会場です。
 次の審査では、プリンセスの格好でステージの上を歩くようです。つまり、モデルみたく、ランウェイを歩きます。
 それを聞いたはるかは、プレッシャーを感じます。しかし、ここは、きららがフォロー。はるかがステージに立てるよう、レッスンします。
「はるはるにはいつも応援してもらってるしさ、今度は、あたしが応援するよ!」
「分かった! 頑張ってみる!」
 
 レッスンは明日から、仕事の合間に行う事になりました。

 そして、その翌日、レッスン開始。まずは、きららが手本を見せて、その後、はるかが歩きます。
 最初はぎこちない歩きでしたが、きららの的確なアドバイスの下、はるかの歩き方が良くなってきました。
 しばらくして、はるかは、ヒールを渡されます。最後は、ヒールを履いてさっきのような歩き方をするよう、きららは言い、今日のレッスンは終了です。

 その後、メイクの練習。しかし、前話と同じく、上手くいきません。
 きららは、当日は自分がやると言います。朝から撮影の仕事があるため、ギリギリにはなりますが。
「あのね、はるはる。メイクも大事だけど、女の子を可愛く見せるのは、笑顔だよ。」
「笑顔・・・。」
「どんなにメイクしても、沈んだ顔だと可愛くないからね。」
 そう言っているうちに、メイクが完成しました。

 しばらくして、きららは、撮影の仕事に臨みました。
 

 メイク直しの時に、首もとのネックレスを目立たせたいと要求されます。すぐにきららは、1枚の布を取り出し、髪を上げました。
 スタッフはOKを出しました。そのまま、撮影再開。

 少しして、休憩。はるかは、きららが取り出した布に感心します。ショーにトラブルはつきものなので、常に持っています。
 靴のサイズが合わないとか、用意しているはずの物がないなどといった場合は、その場にある物で何とかするしかありません。
 そう言われたはるかは不安になりますが、きららは、自分がついているからと、フォローします。
「だからさ、明日は頑張ってね。ステージに上がったら、もう後ろを振り向かない。顔を上げて、最高の笑顔で最後までやりきる事。約束だよ。」
「うん!」
 その後、きららは、何人かの学生に囲まれて、サインを求められました。はるかは、先に寮に帰ります。

 その夜、きららは、事務所の社長の車で送られていました。社長は、前はサインを求められても応じなかったのに、今は変わったと感心します。
 きららは、たまたまそういう気分になっただけだし、応援されるのも悪くないと返します。
「ふーん。あの子達のおかげかしらね? ステラも言ってたけど、あんた、友達ができてから、何だか可愛くなったわね。」

 一方、ディスダークでは、シャットが前話のメイクの影響で、すっかりご機嫌でした。しかし、シャットに話しかけられた、ストップとフリーズは、メイクでパワーが満ちあふれるのか、と無関心。

 そして、コンテスト当日を迎えました。みなみとトワは、緊張でいっぱいなんじゃないかと心配します。
 そこで、ゆいは、大きな色紙を取り出し、皆で、これに励ましの言葉を書こうと提案しました。

 少しして、雨が降り出し、きららの撮影の仕事は一時中断に。
 一方、はるかも、衣装のサイズが合わないなどで、慌ただしい状況に。はるかは、不安に陥ります。


~ Bパート ~
 しばらくして、晴天となり、撮影が再開されました。
 
 撮影終了後、きららは、急いでコンテスト会場に向かいます。
 しかし、その途中、ストップとフリーズを目にしました。ストップとフリーズは、メイクスタッフの夢を絶望の檻に閉じ込め、ゼツボーグを召喚します。
 スタッフの夢

 今回のゼツボーグ
 きららは変身します。

 同じ頃、パフとアロマがドレスアップ。ゼツボーグが現れたのを感じ取って、変身したようです。
 トゥインクルは、1人でゼツボーグと戦っていましたが、少しして、マーメイドとスカーレットが加勢。パフとアロマも駆けつけました。

 一方、はるかは、きららがまだ来ない事に不安を感じ、自分で何とかしなければ、と考えます。
 そんな中、はるかの出番が近付き、不安が大きくなります。直後、はるかは近くにあったテープに目をつけました。
 ドレスは何とかして、後はメイク。しかし、ついに出番が来てしまいました。

 そして、はるかはステージに。メイクはできなかったものの、大きかった衣装は、テープでスカート部分を短くするなど、工夫しました。
 ランウェイを歩いている中、ゆいしかいない事に気付き、何かあったのだと不安になります。そんなはるかに、ゆいは声をかけ、色紙に書かれた応援の言葉を見せます。
「メイクよりも笑顔・・・。」
 そう感じたはるかは、笑顔でランウェイを歩きます。
 


 そんな中、トゥインクル達は、今もゼツボーグと奮闘中。中は々倒れてくれない事に、トゥインクルは焦りを感じ、1人で突っ込みますが、返り討ちを食らいます。
 その直後、はるかがやって来ました。はるかも変身。すぐに、フローラとトゥインクルは、ゼツボーグにダメージを与えます。
「ごめんね・・・。任せてって言ったのに・・・。」
「トゥインクル! 私、ステージに立てたよ! 色々トラブルがあったけど、私、ちゃんと最後までやり切ったよ!」
「そっか!」
 
 その後、ゼツボーグの攻撃が飛んできますが、リィストルビヨンで防ぎます。
「私ね、トゥインクルの言葉で頑張れたの。ありがとう、トゥインクル!」
「フローラ・・・。」
 
 そして、フローラとトゥインクルのダブル攻撃で、ゼツボーグを追い詰め、エクラエスポワールで浄化します。

 コンテストの結果は、優勝とはならなかったものの、観客が選んだ特別賞に選ばれました。はるかは、チョコレート王子から花束が贈られました。
 
 「王子様に会えるかも」とは、こういう事でした。しかし、はるかはすごく綺麗だったと、ゆいは言います。
「今までも、すごいなと思った事あったけど、はるはるは、あたしが思ってたよりも、もっとずっと、すごかったのかもね・・・。」
  

 結局、カナタの手掛かりはつかめず。しかし、はるかは、カナタと思われる後姿を目にしました。
 だが、後を追う事はできず。これは、本当にカナタなのか? 

 今回は、これで終了です。


 今回のエンディングの個別部分は、トゥインクルパートでした。


次回:「やっと会えた・・・! カナタと失われた記憶!
 13話ではるかにバイオリンをくれた錦戸の元にカナタはいました。はるか達はカナタに会うと、喜びでいっぱいでした。
 しかし、カナタは記憶喪失に・・・。プリキュアやホープキングダムの事を話しても、トワが思い出の曲をバイオリンで弾いても、何も思い出せません。
 そこで、はるかは、2人が初めて出会ったお花畑にカナタを連れ出します。果たして、カナタは、記憶を取り戻す事ができるのか?


 次回予告直後の提供画像も、劇場告知動画でした。
 


【まとめ】
 王子様と会えるかもしれないコンテストにはるかは出場したものの、手がかりはつかめず。しかし、ありのままの笑顔で、特別賞を受賞する事ができました。

 さて、今回のテーマは、はるかがランウェイ中に感じていた、「メイクよりも笑顔」でしょう。
 「メイク」といえば、前回、今回と多く出ている単語。特に、前回は、シャムールが「メイクの乱れは心の乱れ」などと力説したり、シャットは、シャムールと一緒に良いメイクをした事で元気になったりと、メイクが大切なものとして描かれていました。
 しかし、メイクは、いつか落ちるもの。まあ、たいていは、落とすものなんでしょうけど、一生メイクで生活するなんて事は、ありえませんよね。
 確かに、メイクで、自分の美しさを上げる事はできます。弱気な自分を隠す事もできるでしょう。
 でも、そんな自分を見せられるのは一時的であり、メイクが落ちれば、普段の自分に戻ります。メイク前の自分が沈んでいれば、再び、沈んだ自分が戻ってくる可能性もあるでしょうね。
 そう考えると、メイクは、自分を美しくさせる手段であるのと同時に、「弱気な自分からの一時的な逃避」と言える側面もあるでしょう。

 じゃあ、その後者にならないには、どうすればいいのか、と問われれば、それは、メイクで美しさを上げるのと同時に、「笑顔」になりたいと思う気持ちを持つ事なんでしょうね。
 単に笑顔になるだけだったら、無理やり作り笑いをすればいいだけであり、心が沈んでたってできます。
 でも、そんなのは、真の「笑顔」じゃありませんよね。本当の「笑顔」は、心が満たされてできるもの。「笑顔」になりたいと思う気持ちが重要ですよね。
 そして、「笑顔」もまた、自分を美しくさせる手段です。メイクは、外面は変わっても内面は変わらない可能性がそれなりにあるのに対し、「笑顔」は、外面も内面も変わる可能性を高く秘めています。そう考えると、メイクよりも「笑顔」が大切なのでしょうね。

 さらに、「笑顔」といえば、24話の重要フレーズであり、あの回は、学園生活を始めたばかりのトワのフォローや仕事の忙しさでクタクタだったきららが、「笑顔」の大切さを思い出した話でした。
 あの回があったからこそ、今回、きららは「笑顔」の大切さをはるかに伝えられたのかもしれませんね。今回は24話の延長的な話だったように思え、かなり面白いと感じました。
 それに、24話も今回も、作画監督が青山充さんなんですよね。たまたまでしょうけど、「笑顔」の大切さを説くきららメイン回で、作画監督が同じになったのは、何かの運命を感じ、ますます面白く感じました。

 また、今回は、タイトルに「はるかの」とありながら、はるか、きらら、両方に見所がありましたが、これは8話もそうでした。それだけに、今回は、8話との比較で更に楽しめる内容だったとも感じています。
 特に、きららは、すごく変わったと感心しています。8話ではBパート途中まで、はるかのドレス作りは1人ではできないと思っていたのに対し、今回は、Aパート始まって早々、コンテストに優勝できると思って出場を薦めたあたり、はるかへの信頼度が上がってて良い事だと思いました。
 そのおかげで、Aパートやバトルシーンでの2人の会話から、8話を超える親密さが感じられ、大いに癒されました。今作のカップリングは、はるか&きららが至高なんじゃないかと思ったくらいですね。
 はるかときららが揃ってメイン回を飾る事は、今後なさそうな気がしますが、それでも、2人の親密な雰囲気には、これからも期待したいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスカウンター