FC2ブログ

記事一覧

Go!プリンセスプリキュア 第33話感想

 「Go!プリンセスプリキュア」第33話「教えてシャムール♪ 願い叶える幸せレッスン!」の感想です。


~ オープニング前 ~

 はるか達は、ミス・シャムールのプリンセスレッスンに取り組んでいました。今日の課題は、メイク。


 今回も、オープニングの主題歌紹介部分が変わりました。今回は、ステラの左に、キミマロが追加。
 また、オープニング直後の提供画像も、劇場告知動画に。
 


~ Aパート ~
 そして、メイクに取り掛かったはるか達。まずは、きららとみなみが完成させました。
 
 きららは仕事柄ゆえ、みなみはパーティーに出席するためにメイクする機会が多く、手馴れています。
 続いて、トワ。
 よく分からないとは言うものの、なかなかのもの。小さい頃に、メイドに少し教わった事があるようです。
 最後は、はるか。
「私のメイク、どうですか~?」
 ・・・。まあ、とりあえず、鏡見ればいいんじゃね? たぶん、割れちゃうんじゃないかと。(笑)

 これは塗り過ぎだと、シャムールは注意。あくまで繊細に、エレガントに、とアドバイスします。

 そんな中、はるか達は、妖精「クロロ」を目にします。
 31話でも触れられていたように、この子は、元々はロック。ようやく目覚めたものの、元気がありません。
 シャムールは、クロロの事は自分に任せて、はるか達はレッスンに励むよう言います。

 それから後日、寮の自室でメイクの練習に励むはるか。まだ塗り過ぎなようで、上手くいきません。
 そこで、はるかはレッスンパッドを使って、シャムールを呼び出そうとしますが、反応しません。シャムールは朝、クロロと一緒に出かけたと、パフは言います。
 パフが指を差した先は、夢ヶ浜。どうして、夢ヶ浜に行ったのか? シャムールは、この世界は初めてなのか? 心配になったはるか達は、夢ヶ浜に向かいました。

 少しして、はるかは、屋根の上にシャムールとクロロがいるのを目にしました。
 バスを降りて急いで、その家に向かいますが、いませんでした。しかし、その直後、道路の向こう側にいるのを見かけました。
 ですが、信号待ちの時に、どこかに行ってしまいました。その後も、発見しては掴まえられずの連続です。
 

 
 しばらくして、曲芸をするシャムールを発見します。
 芸は大評判。観客達が去った後、はるか達はシャムールに声をかけました。
 ですが、シャムールは、事情を話すのは後にし、次の場所に行こうとしていました。一体どこに行くのか? はるか達もついて行きます。

 少しして、沢山の猫がいる場所に来ました。
 シャムールはクロロを紹介し、クロロは元気がないながらも名乗ります。
 シャムールは、様々に学問に詳しく、特に、語学が得意との事。そのために、シャムールは猫達とコミュニケーションがとれており、時々、猫の集会に参加しているほどです。
 そんな中、三毛猫チームと黒猫チームがケンカを始めました。
 そこで、シャムールは、レッスンフェアリーパワーで、レッスン空間に、はるか達、三毛猫チーム、黒猫チームを招待。
 ついでに、三毛猫や黒猫達も二本足で立つようになり、しゃべれるようにもなりました。
 
 毎日毛並みを揃えるように、猫にだってオシャレは大切です。という事で、オシャレ対決で勝負をつける事に。
 黒猫チームは、ボスと思われる黒猫を、三毛猫チームはクロロを、それぞれコーディネートします。ついでに、きららとトワは黒猫チームに、はるかとみなみは三毛猫チームに、それぞれ協力する事になりました。これも、オシャレを磨くためのレッスンです。
 より素敵なコーデをした方が勝ちです。

 という事で、勝負スタート。
 三毛猫チームは、クロロにどんな服を着せようか盛り上がりますが、クロロは暗い気分です。
「オシャレなんてしても意味ないロロ・・・。王国に帰りたいロロ・・・。みんなに会いたいロロ・・・。」
 そんなクロロにシャムールが声をかけます。
「クロロ。ミーも同じ気持ちよ。でも、悲しんでいても、願いは叶わないわ。」
「じゃあ、どうすればいいロロ?」

 一方、ディスダークでは、ストップとフリーズがシャットの部屋に乱入。シャットは化粧中でした。
 クローズは、有無を言わさぬ怖さで、シャットに、人間の絶望を集めるよう命令します。


~ Bパート ~
 そして、どちらのチームも、コーディネートが完成しました。
 
 勝利チームはどちらか?
 が、その前に休憩。シャムールは、お茶のセットを用意しました。

 そして、お菓子をいただくはるか達。お菓子は、超がつくほどの絶品でした。
 それも、そのはず。シャムールは、この街の色んなお菓子を食べ歩いて、勉強したからです。
 

 今だ暗い気分のクロロも、ドーナツを一口食べると、たちまち食が進み、少しだけ元気が出ました。
「願いを叶える方法、レッスン1。美味しいものを食べる事。まずは、しっかり食べるのが、元気にもハッピーにもなる近道よ。」
 その直後、シャットが現れました。しかし、シャムールは、シャットのメイクがみっともない事を指摘します。
 シャットは、周りの妖精や猫達がオシャレにしているのに、腹を立て、黒猫達の夢を絶望の檻に閉じ込め、ゼツボーグを召喚します。
 黒猫達の夢

 猫を絶望の檻に閉じ込めるとか、26話といい、シャットは、いい感じに暴走してるよなあ。こんなお遊びができるのは、シャットだけでしょうね。そこにシビれる! あこがれるゥ!(笑)

 という事で、はるか達は、変身して戦います。しかし、意外にも、フローラ達は苦戦します。
 この機に乗じて、シャットは、妖精達を攻撃しようとします。ですが、ここは、シャムールが相手します。
 シャムールは、バレエの動きを駆使して、シャットの攻撃を軽々と回避します。
 

「ただの妖精ではないな、何者だ!?」
「ロイヤルティーチャー、ミス・シャムールよ。」
「身だしなみの乱れは、心の乱れ。今あなたの心は、とても乱れている!」

「ああっ、こ、これは、クローズ達にジャマされて・・・、」
「言い訳はノー! 誰にジャマされても信念があればやり通せるものよ! それができないほどに、今あなたは自信をなくしている。イエ~ス?」
 何か悩みがあるんじゃないかと聞かれたシャットは、最近嫌な事ばかりだと吐露します。
 この瞬間、シャムール>>>(越えられない壁)>>>シャットが確定しちまったわ(笑)。いやー、ホント、シャットのギャグキャラっぷりが酷いですね。いいぞ、もっとやれ。(笑)

 そこで、シャムールは、メイクセットを出し、メイクを決めて気持ちを整えるようアドバイスします。
 そして、シャットは、シャムールと一緒にメイクに取り掛かりました。
 

 なあ、おい。今って、バトル中だよな? なのに、敵幹部が呑気にメイクしてるって、どういう事? シャット以外ではこんな芸当ができないと思うと、ある意味、シャットはすごいヤツだと思いますね。そこにシビれ(以下略 & 笑)

「笑顔を守るのが、プリンセスプリキュアの使命。元気のない人を励ますのも、プリンセスのたしなみよ。たとえ、戦う相手であっても、それがエレガントというものよ。違うかしら!?」
 
「確かに、人がへこんで弱ってるところを突くのは、美しくないかもね!」
「そして、ピンチは自分を高めるチャンスでもあるわ!」
「いついかなる時でも、つよく、やさしく、美しく!」
「そして、正々堂々と! それが、プリンセスだと思います!」
 

 

「願いを叶える方法、レッスン2! 心を強く持って、前向きにゴーよ!」
 
 そして、フローラ達は、エクラエスポワールで、3体のゼツボーグを浄化します。
 ちょうどその頃、シャットのメイクもでき上がりました。
 シャムールも、よく似合っていると、シャットのメイクを認めます。
「そうだ・・・。私は、やればできるのだ・・・。私は、美しいー!」
 シャットは、上機嫌にそう言って、撤退します。
 
 なんか、シャットの笑顔が素敵に見えて、困るんですけど。まあ、ゼツボーグは敗れても、お前が幸せそうで何よりだよ。(笑)

 そして、絶望の檻に閉じ込められた黒猫達を解放。
「王国はいつかプリンセスプリキュアが必ず取り戻してくれる。ミーは、そう信じてるの。だから、ミーは、今はこの世界で色々な事を学ぶの。そして、それをいつか王国に帰った時、誰かに教え役立てたい。それが、ミーの夢よ。」
「夢?」
「うん。レッスン3! 今を大事にしながら、よく遊び、よく学ぶ。そうすれば、きっと夢に繋がるわ。」
「ボクも頑張るロロ! 王国に帰れる日まで、いっぱい勉強して、元気に楽しむロロ!」
「それが、ユーの夢かしら?」
「そうロロ!」
「グーッド!」

 ディスダークに帰ったシャットは上機嫌で、そばを通ったクローズ達に、自分の美しさをアピール。
「クローズ、今、私を見ただろ? 素通りできない、この美しさ! 参ったか! ハハハハ! 美しいって罪ー♪」
 ああ、参った。参ったよ。絶望に満ちた職場で、そんな元気を晒せるなんて、ホントすごいわ、お前。そこに(以下略 & 笑)

 しかし、クローズ達は、下らないと一蹴。しかし、絶望の森は育っていると言います。

 しばらくして、猫達は、ケンカを収めたお礼にプレゼント。
 これは、ホープキングダムの王家の紋章。という事は、カナタが近くにいるのかも? はるか達は、希望にあふれます。

 今回は、これで終了です。


 今回のエンディングの個別部分は、スカーレットパートでした。


次回:「ピンチすぎる~! はるかのプリンセスコンテスト!
 はるかは、「王子様に会えるかもしれない」というプリンセスコンテストに出る事になりました。
 コンテストでは、プリンセスのファッションでウォーキングする事になり、きららの指導の下、はるかは一生懸命練習します。しかし、メイクもウォーキングも上手にできなくなってしまい、はるかは弱気になってしまいます。
 果たして、コンテストの行方は? そして、はるか達は、カナタに会う事ができるのか?


 次回予告直後の提供画像も、劇場告知動画でした。
 


【まとめ】
 ホープキングダムに帰れない事に暗い気分だったクロロでしたが、シャムール達の励ましにより、再び前を向く事ができました。

 という事で、今回のテーマは「夢を叶えるための秘訣」でしょう。
 29話感想でも述べたように、「夢」を叶えるとなれば、必ずと言ってもいいくらい、「挫折」がつきまといます。「夢」を叶える過程において、落ち込む事は、しばしばあります。
 それでもなお「夢」を叶えるには、「絶望しない事」が大事です。それは、29話で先代のプリンセスプリキュアに問われた答えですね。

 「じゃあ、そのためには、具体的にどうすればいいのか?」というのが、今回の話だったでしょう。今回は、29話の延長的な話だったと思います。
 その問いの答えは、シャムールが言っていたように、「美味しいものを食べる事」「心を強く持って、前向きに」「今を大事にしながら、よく遊び、よく学ぶ」でしょうね。至ってありきたりな生活を送る事であり、私達大人にとっては、当然心得ているようなものでしょう。

 しかし、このアニメのメイン視聴層は未就学女児。シャムールが言っていた3か条が、我々人間にとって当然持つべきものだと言っても、ピンと来ませんよね。
 それを今回は、分かりやすく説明していたと思います。クロロとか沢山の猫などの可愛いキャラが沢山出ていましたし、ゼツボーグもギャグ風味で怖さがありませんでしたし、シャットもいつも以上の愉快さを見せていましたしね。
 これだけ多くの可愛さが出ていれば、女児達にはすごく受け入れやすかったんじゃないのでしょうか。その分、シャムールが言っていた「夢を叶えるための秘訣」も覚えやすかったんじゃないかと思いますね。

 シャムールが言っていた3か条を持っていれば、夢に近付く。それは、間違いないでしょう。
 だがしかし、31話感想でも述べたように、夢と絶望は表裏一体的なものであるのも、また事実。夢に近付けば近付くほど、その挫折から生じる絶望も大きくなるものです。
 31話以降、ゼツボーグが召喚されては、絶望の種が育っていく描写があり、今後、大きな絶望が世界を襲う前触れと考えられるでしょう。そうなった時でも、はるか達は、シャムールが言っていた3か条を忘れずに前を向く事ができるのか、注目したいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター