FC2ブログ

記事一覧

ドキドキ!プリキュア 第29話感想

 「ドキドキ! プリキュア」第29話「マナのために! シャルル大変身!」の感想です。


オープニング前。
 今日も生徒会の仕事で大忙しのマナ。疲労感は見せずに楽しく仕事していますが、この後は、顧問との打ち合わせ、剣道部の助っ人、プリキュアミーティング、自宅の店の手伝い、と休む暇がありません。
 アイちゃんの世話をしているマナを見て、忙しくて可哀想だと言うシャルル。猫の手も借りたいくらいだと六花は続けます。
 シャルルはホッチキスを動かそうとしますが、非力なために動かせず、涙目になります。


Aパート。
 ソリティアの2階では、マナ達5人がお茶を楽しんでいる一方、1階では、シャルルがダビィに、人間への変身の仕方を教えてほしい、と申し出ていました。
 ダビィはその理由を聞き、シャルルはマナの手伝いをしたいため、と答えます。ダビィはシャルルの気持ちをくみ取り、承諾しようとしたところ、ラケルとランスも頼み込みます。
 しかし、人間になる事で、飛べなくなったり、通信ができなくなったりなど、できなくなる事があるとダビィは注意します。それでも、人間になりたい、とシャルル達は言います。さらに、ダビィは、人間に変身するにはパワーを使うので、最初は1時間くらいにしておくように、と忠告します。

 という訳で、ダビィは変身の仕方を教えます。一瞬で変身したため、よくは分かりませんが、要は気持ちが大事だそうです。
 シャルル達もやってみます。なりたい人間をイメージして、強く願うように、とダビィは教えます。
 シャルルはマナみたいな女の子に、ラケルは六花と同い年くらいの男の子に、ランスはカッコいい男子に、とそれぞれ願います。シャルルとラケルはともかく、ランスに「カッコいい」はちょっと・・・。今作におけるマスコットだと思ってますので、「カッコいい」は不要です!(笑)
 そして、それぞれが願った結果、ラケルは椅子に、ランスは長靴に、シャルルはヤカンになります。

 こういうのにもなれるって、ある意味すごいな。まあ、前作「スマイル」では、ポップは人間以外の姿にもなっていましたが。
 失敗したシャルル達に、もっと集中してみて、とダビィは教えます。そして、強く願い、今度は成功します。
 

 

 シャルルはイメージ通りといったところですが、ラケル、ランスはそうはならず、ランスは6歳くらい、ラケルは10歳くらいに見えます。っていうか、語尾はそのままなんだな。
 ダビィはシャルル達を見て、上出来だと褒めます。その一方で、慣れてないので変身している時間は1時間以内にするように、と忠告しますが、その間にシャルル達は2階に上がっちゃいます。

 マナ達は、人間になったシャルル達を見て驚きますが、亜久里は真剣に、人間になった理由について聞きます。
 ラケルは、六花と運動したり勉強したいと答えます。妖精の姿でもあれだけ一緒にいられるのは勝ち組だと思うのに、ゼイタクなやつめ(笑)。まあ、気持ちは分からなくもないですが。ランスは、ありすに子守歌を唄ってあげたい、と答えます。
 そして、シャルルはマナの手伝いをしたい、と言います。シャルルの気持ちに喜ぶマナ。
 ダビィと真琴は、そんなシャルル達の思いを認めてほしい、と言い、亜久里も、人間としてパートナーを手助けするように、と承諾します。

 その夜、マナの部屋では、シャルルがサクサクとホッチキス留め。手際の良さに、マナは、助かると言い、シャルルも喜びます。
 六花の部屋では、ラケルが宿題を終わらせる、と言いますが、六花は既に休み時間に終わらせていました。夕食を作ろうとしますが、それも準備済みのようで、あまり役に立てていません。とはいえ、六花は、一緒にいてくれるだけで嬉しい、と言います。
 ありすの部屋では、ランスが子守歌でありすを寝かせようとしますが、逆に、ランスが眠っちゃいます。ありすは、そんなランスの寝顔を見て、可愛いらしい、まるで小さな弟ができたようだ、と癒されています。
 それにしても、髪をおろしたありすは、いつもよりも美人に見えて良いですね。余談ですが、全作通して、変身前のプリキュアは、「スマイル」のみゆきとなおを除いて、髪をおろした方が良いな、と思っています。

 翌朝、シャルルは今日もマナの役に立てるように頑張りたい、と上機嫌です。
 一方、ラケルは、前夜あまり役に立てなかった事を気にしていますが、傍にいてくれるだけで嬉しい、と六花に言われ、六花の傍を離れない、と六花にくっつきます。
 やっぱ、ラケルは妖精態の方が良いですね。ランスと並び、カワイイ妖精2トップだと思っていますので(笑)、彼らは今後も妖精の姿で、サポートしてもらいたいものですね。


Bパート。
 放課後、シャルルは早速、人間に変身します。ラケルは変身しても小学生、という事で、シャルルはラケルの分まで頑張ると意気込みます。
 マナは、生徒会メンバーの十条に、シャルルを臨時のお手伝いとして紹介。シャルルは生徒会の仕事を引き受けます。
 書類のホッチキス留め、文化祭の備品チェック、とスムーズかつ正確に行います。そんなシャルルに驚く十条。マナは、いつも助けてもらっている、と自慢します。また、十条は、2人は姉妹のようだとも言います。

 あー、分かるわー。双子だと言われても信じちゃいますね。
 その直後、担任の先生が、大貝第二中学の生徒会長に渡したい書類があり、届けてほしいと頼みます。マナは引き受けますが、この後は文化祭の打ち合わせに、バレー部の助っ人もあります。
 引き受けた事を後悔するマナ。しかし、シャルルは目を輝かせ、書類を渡しに向かいます。

 書類を渡しに行く途中、大荷物があるため階段を上がるのに苦労している、年老いた女性を目にします。こんな時、マナなら助けるだろう、という事で、シャルルは手伝います。
 続いては、飛び出しで、トラックにひかれそうになった少年を助けます。少年の母親はシャルルに感謝しますが、届け物がトラックの荷台に入っちゃいました。
 何とか、届け物は取り戻しますが、変身してから1時間が過ぎました。しかし、ここでマナの手伝いをやめる訳にはいかない、とこのまま渡しに向かいます。

 その頃、マナはバレー部の助っ人をしていました。相手校の1人がズルしても勝ちたい、と思ったところをリーヴァとグーラに突かれ、ジコチューを召喚します。

 マナと六花は他の人達を避難させ、その間に、ありすと真琴が到着します。変身して戦いたいところですが、シャルルがいません。
 もしかしたら、闇の鼓動が聞こえてないかもしれない、とダビィ。マナはシャルルを探しに行き、他の3人は変身します。
 ジコチューのボール攻撃をロゼッタリフレクションで防いでいる間に、スパークルソードでボールを壊します。そして、エースショットで浄化。
 と思いきや、顔が裏返ります。このジコチューは表裏の顔があり、片面を倒しても、もう片面が戦えます。しかも、その間に、倒された方が復活するため、永久的に戦える仕様です。
 それならば、同時に両面を倒せば、とダイヤモンド。エースショットとラブリーフォースアローを同時に当てれば、といきたいところですが、今はハートがいません。

 その頃、シャルルは届け物を渡し終えたところで、かなり疲れていました。ちょうどその時、マナはシャルルに声をかけ、ジコチューが現れた事を伝えます。
 しかし、闇の鼓動は感じなかった、とシャルル。これも、人間になった事でできなくなった事の1つのようです。
 シャルルは責任を感じ、泣きますが、マナはシャルルを責めず、自分も悪いんだとフォローします。さらに、自分のための頑張ってくれたシャルルを励まし、今度は自分がシャルルのために頑張る番だ、とも言います。そして、マナも変身し、現場に急ぎます。

 同じ頃、4人は戦闘中。エースの戦闘時間もリミットに近付いていました。4人はハートが来るのを信じて待ち続けます。
 そして、ハートが来ました。すぐさま、エースショットとラブリーフォースアローを撃ちこみ、ジコチューを浄化します。

 その後、シャルルは自分のせいで苦戦した事に謝ります。でも、皆、シャルルはマナのために頑張っていた事を尊重していました。また、マナは、シャルルを本当の妹のように思っていて、大好きだと言います。感動して泣きだすシャルル。
 そんな中、さっきの年老いた女性と少年親子が声をかけます。助けてもらった事にお礼を言いに来ました。「シャル~」と言っていた、という証言から、マナ達は、シャルルに助けてもらったと察し、シャルルは素敵な友達で、自分達もいつも助けてもらっている、と彼らに言います。
 彼らが帰った直後、マナはシャルルを抱いて、自慢の仲間だと褒めます。上機嫌になるシャルル。
 その時、亜久里は、皆が妖精との絆を深めた事を称える一方で、最後の試練に挑んでもらう、と言います。
 最後の試練とは一体? 今回は、これで終了です。


次回、「最後の試練! 伝説のプリキュア!」

 

 放送では、予告は流されませんでしたので、公式ホームページから抜粋しました。
 新アイテム&新技が登場しそうですね。新技は5人合体技でしょうか? あと、「響け、愛の鼓動! ドキドキプリキュア!」の5人バージョンも、そろそろお披露目しそうですね。


~ まとめ ~
 シャルルのできる子っぷりに驚きました。
 9話では、アイちゃんを世話するつもりが、遊ばれてましたしね。今回も結構ドジやらかすんだろうな、と思ってたら、失点は、ジコチューの闇の鼓動を感じ取れなかったくらいで、生徒会の仕事とか難なくこなせていたのは予想外でした。しかも、人助けも積極的に行っていて、マナの影響って大きいんだな、と感心しました。
 しかも、人間態になると結構カワイイ! 髪の色ピンク、リボン、ミニスカニーソ、表情豊かと、マナと共通要素が多くあり、ストライクゾーンを突いてます(笑)。こんな子を今まで出さなかったなんて、何てもったいない!
 今回の話で、シャルルの評価が急上昇しました。今話視聴前までは、劇場版のマナの結婚相手の予想確率が、レジーナ69%、シャルル8%、亜久里23%だったのが、視聴後は、レジーナ45%、シャルル40%、亜久里15%に変わりました。(笑)
 だけど、シャルルが人間態になるのは今話だけっぽいですよね。ああいうカワイくてできる子を温存するのは非常にもったいないと思いますので、できれば、以降の話でも人間態シャルルは出してほしいです。スタッフ様、お願いします!


 ここからは、前回感想でも述べた、これまでの名セリフを挙げながらの中間感想・後編に入ります。
 今回は、真琴、亜久里、他キャラ総合の3部門で、それぞれの名セリフ5つを挙げていきます。対象は、1話から27話までの全セリフです。
 では、発表します!

剣崎 真琴/キュアソード
1位「うわ~。しゅごーい!」(19話Bパート)
2位「私達は帰って来る! 王女様と一緒に必ずトランプ王国を蘇らせてみせる!」(7話Bパート)
3位「私は歌う事が大好きです! 歌っていると、楽しくて嬉しくて、幸せな気持ちになります! そんな気持ちを、みんなにも感じてもらいたい! だから歌います!」(24話Bパート)
4位「本当の友達は本音をぶつけるんでしょ? だから、ぶつけてみたんだけど。」(16話Bパート)
5位「うるさいわよ、ダビィ! 仲間なんていらない・・・!」(2話Aパート)

 真琴は、1位から5位まで、簡単に決まりました。
 そして、1位はギャグ系セリフです。これを当てた人はあまりいないでしょう(笑)。この子は融通が利かないくらい真面目で頑張り屋ですからね。それに、16話、18話では、怒っていた事が多かった分、あれは破壊力がありました。(笑)
 2位から4位はいずれも、Bパート終了数分前から。この子は、そのあたりで印象に残るセリフが多いですね。
 5位は、懐かしさを感じて、決めました。あれから半年経つんですね。今は、仲間達と目的を共有し、楽しく笑い合ったり、時に天然ボケをかましたりして(笑)、「しゅごーく」変わりました。(しつけえよ&笑)


円 亜久里/キュアエース
1位「プリキュアたるもの自分を信じて決して後悔しない!」(26話Bパート)
2位「茶道の基本は、もてなしの心です。もてなす私が食べる訳にはいきませんわ。」(27話Aパート)
3位「プリキュアたるもの一流のレディたるべし!」(27話Aパート)
4位「これは・・・、愛のハーモニー!」(24話Aパート)
5位「プリキュアたるものいつも前を向いて歩き続ける事! もっと強くなりなさい。」(23話Aパート)

 初登場から、それほど日が経っていないため、対象セリフ数が少なく、ベスト5のうちの3つが「プリキュアの誓い」からとなりました。前話も対象にしていれば、ランクインしていたのもありましたが・・・。
 1位は、六花と同じく、「後悔しない」というのが決め手でした。
 2位は直前のカワイイ表情から真面目に取り繕ったところがツボにはまり、3位は他の「プリキュアの誓い」と比べると、取ってつけたような感じだったため、4位はケーキ一口食べただけであれだけ語れたのがインパクトあった事から、それぞれ決めました。
 5位は「プリキュア5つの誓い」残り3つの中で最も良いと思ったものを選びました。

他キャラ総合
1位「本当にマナみたいなバカ、見た事ない・・・。でも、マナを裏切ったあたしは、もっとバカ・・・。バカバカバカバカ・・・!」(レジーナ、20話Bパート)
2位「マナ・・・、大好き・・・。」(レジーナ、21話Bパート)
3位「あたしも・・・、友達に・・・、なりたい!」(レジーナ、17話Bパート)
4位「ボクだって本当はエースが正しいと思うケル。でも、ボクは、六花を信じるケル!」(ラケル、26話Bパート)
5位「女の子はみんなお姫様だからね。キミも、キミ達みんなが、いわば王女様さ。」(ジョー岡田、8話Bパート)

 5位は、ジョー岡田のキザなセリフから最も印象に残ったセリフを。あの時が、彼をぶん殴りたい度MAXでした。(笑)
 4位は、六花のベストセリフの後、という事で、決まりました。26話のラケルはカワイイところもあり、見所タップリでした。
 ベスト3は全部レジーナでした。多くの読者にとっては、「やっぱりな」って感じでしたでしょう(笑)。成長を感じたセリフでしたしね。他人の迷惑を考えずワガママに振舞っていた16話から約1か月半で、友達のために自己犠牲を選ぶなんて誰が考えたか!
 だからこそ、またマナと笑い合ってほしいですよね・・・。あれだけの事をしたんだから、これからは、楽しい事をどんどん体験してもらいたいよ・・・。
 キングジコチューにジャネジーを送り込まれてから、約1か月半が経ち、この間は、まったく出番がありませんでした。次出るのはいつになるのか? そして、マナ達はレジーナにどう向き合うのか? たとえ年明けになろうとも、レジーナが笑顔になる日を待ち続けます!


 さて、5日後は、昨年春に上映された「オールスターズ・ニューステージ1」が7時30分から放映されますが、私は、見る予定も感想を書く予定もありません。
 昨年は4回も映画館で見ましたので、見尽くした感がありますし、DVDも買ってますしね。
 そちらの感想を期待されている方には本当に申し訳ございませんが、来週はプリキュア感想を休みます。
 という訳で、ブログ開設してから初の休みです。私の事情的には、今週休みが良かったのですが、しょうがないですね。
 ブログ開設から半年以上、毎週更新し続けた疲れを癒して、来月1日からの視聴に備えたいと思います! では、また再来週!
スポンサーサイト



コメント

シャルルにまかせてウルトラハッピー

今週のスタッフ
脚本:高橋ナツコ×演出:岩井隆央&門由利子
いつも忙しいマナ達の力に成りたいシャルル達が人間に変身する珍騒動回。
題名はシャルルだけですが、キチンとラケルとランスも人間に変身します。

シャルルは今作の妖精の中では主役でありながら、他の連中の個性に押し潰され空気気味で、変身バンクでラブリーコミューンにラビーズをはめる所でしか見せ場は無いに等しかったです。
しかし今回の話のおかげで、シャルルの事が好きに成った人は多くなったと思いますね。
常にマナの背中を見続けていたからこそあんなに有能になるのかと思うと、マナは良い妹分を持ったもんです。

人間に変身すると、闇の鼓動を感知する事が出来ないというデメリットのおかげで、実は妖精の姿にもちゃんと意味を持たせたのは大きいですね。

勿論出番こそ多くはなかったもののラケルとランスも健気に行動しています。
六花のカエル好き徹底ぶりを見せつけるかのようなラケルのエプロン姿や、ありすに子守唄を歌おうとして先に寝たランス等、人間の姿に成っても相変わらず可愛らしさをキープしてたのが良い所です。
まぁランスだけは相変わらずアイちゃんに耳を殺られてましたけど…

そしてリーヴァ達が今回召喚したジコチューは、リバーシブルで同時攻撃でないと倒せず、シャルルが離れてマナ変身不能で合体技出来無いという嘗て無いピンチを煽るのが巧かったですね。
割と頭の切れる頭脳と変身不能という状況まで追い込ますのは、実はリーヴァは強運の持ち主なんじゃないのかと思ったりします。
またリーヴァは、その都度閃きでジコチューを作れる所も利点です。
優秀なキャラばかりが跋扈していても面白い話を送れるのが、この作品の良いとこでもありますね。
※担当回と詳しいプロフィールは、それぞれ6話(ナツコさん)、2話(岩井さん)の感想を書く際に紹介します。

作画監督:青山充(プリキュアオールスターズシリーズ総作画監督)
一人原画に定評のある彼の手によって、妖精の可愛さは人間体を含んで素晴らしい物です。
人間に変身する前に失敗した色々な無機物な姿は勿論、就寝しようとしたありすの長髪を見れたのもありす好きとして堪りませんでした。
又ジコチューが回転するというシーンも、並のアニメーターでは出来ない作画をやって退けたのは、ベテランの為せる荒業ですね。
※担当回と詳しいプロフィールは、15話の感想を書く際に紹介します。

さて次回は、予告が出なかったのでスタッフのみの紹介で終わらせますが、マナ達が大いなる試練に挑戦します。

脚本はメインライター・山口亮太
演出はオールスターズNS2監督・小川孝治
作画監督は古参デザイナー・濱野裕一がお送り致します。

注目は初めて作画監督を務める濱野氏。
次回紹介しますが、今まで過去全てのプリキュアシリーズに原画で参加して、最近はバンクの作画も手がける逸材です。

Re:シャルルにまかせてウルトラハッピー

 横浜学園都市部さん、どうもです!
 今回もコメント、ありがとうございます!

>人間に変身すると、闇の鼓動を感知する事が出来ないというデメリットのおかげで、実は妖精の姿にもちゃんと意味を持たせたのは大きいですね
 「プリキュア5」の妖精達は人間態でも敵の気配は感じ取れていましたが、今作は変身アイテムになれる利点がある分、あの欠点を付けさせて、彼らとの能力バランスを調整させたのかもしれませんね。

>まぁランスだけは相変わらずアイちゃんに耳を殺られてましたけど…
 ランスちゃんはマスコットなんで、しょうがないですね。愛されるマスコットキャラには、避けられぬ道です。(笑)

>就寝しようとしたありすの長髪を見れたのもありす好きとして堪りませんでした
 そうですね。本来の大人びた性格を増長させた感じがして良いな、と思いました。
 今後も、どこかの回で、髪をおろしたありすを出してくれると嬉しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスカウンター