FC2ブログ

記事一覧

Go!プリンセスプリキュア 第23話感想

 「Go!プリンセスプリキュア」第23話「ず~っと一緒! 私たち4人でプリンセスプリキュア!」の感想です。


~ オープニング前 ~

 ホープキングダムの王女・トワと再会し、そして、トワがプリンセスプリキュアになった事に感動する、パフ、アロマ、シャムール。
 それと対照的に、トワは、自分が成すべき償いをしなければ、と真剣な表情を浮かべます。

 そんな中、はるかが勢いよく入室。みなみ、きらら、ゆいも一緒でした。
 はるか達は、トワを街に誘おうとしていました。


 今回のオープニングのナレーションはトワが担当。また、「真のプリンセスを目指す『3人』の物語」が「真のプリンセスを目指す『4人』の物語」に変わりました。
 さらに、主題歌紹介部分の映像が久々に更新。トワが追加されました。
前話   今回


~ Aパート ~
 少しして、はるか達は夢ヶ浜に到着。ここには、気晴らしのつもりで来ました。
 トワは遠慮がちですが、しかし、他の皆は、そんなトワをよそに、思いっきり楽しもうとテンションを上げます。
 その後、服屋でコーデチェンジ。
 今までのドレスではこれから不便なので、プレゼント。トワは感謝するものの、戸惑い気味。
 ですが、はるか達は、色んな場所にトワを案内します。
 

 

 

 
 トワの顔に少しづつ笑顔が見え始めます。

 次は、マーブルドーナツの店で間食。
 周りが美味しく楽しく食べている様を見て、トワはまた笑顔を浮かべます。はるかは、それに気付くと感動します。
 
 しかし、すぐに、トワは、ホープキングダムを救うまでは楽しい思いをしてはいけない、と責任感を感じています。
「私が奇跡的にキュアスカーレットになれたのは、天が償うチャンスをくれたからです。あなた方とは、違うのです・・・。」
「違わないよ! 私達は・・・、」
「もう、放っておいて下さい! これ以上、あなた方といると、私・・・。」
 そして、トワは店を出ます。

 その後、トワは、誰にも甘える事なく1人で生きなくては、と気負います。
 しかし、車道の真ん中をを歩いてしまったため、運転手や近くの警官に注意されます。

 その後、交通ルールの本を読みながら、街中を歩き、住むところを探そうと考えます。
 少しして、住宅展示会場の前を通ります。すぐに、トワは、住む場所の相談をしようとしますが・・・、
「お城はあるかしら? 今の私は、贅沢など言えぬ立場。メイドは3人もいればよろしくてよ。」
と言います。
 ・・・。ああ、よく考えれば、住めはしないけど、キミの目の前に「しろ」はあるね。世間の事を色々知って、グランプリンセスになる「伸び『しろ』」ってやつがさ!
 このシーン、「やべぇ、ポンコツ過ぎて、可愛いわー」といったような感想はありきたり過ぎますので、あえて、誰もがしないであろうコメントをしてみました(笑)。しかも、このような寒いギャグは、今の暑い時期にはうってつけだと思うのですが、どうっすか?(笑)


 店員は聞き流して、予算はあるかと聞きます。そう言われて、ポカンとなるトワ。
 考えてみれば、この世界のお金を持っていません。
 少しして、トワは、近くの八百屋のおばさんに手渡されたお金に注目します。
 
 その後、何が欲しいのかという、おばちゃんの問いに、お金と単刀直入に答えるトワ。
 ここで働きたいのか、と言われたトワは、働けばお金が手に入る事を知りますが、まだ子供ですので、働けません。

 少しして、トワは、ホープキングダムを救うどころか、1人で生きていく事もできないと、無力さを痛感します。
 ちょうどその時、18話に出てきた望月ゆめがトワに声をかけます。ゆめは、自分を手伝ってくれないか、と言います。

 その頃、ディスダークでは、ディスピアは、前話で受けた傷を癒すため、絶望の森に戻る事になりました。また、ロックに、あるアイテムを渡します。
 そのアイテムに人間達の絶望を集めるよう、ディスピアは言い、絶望の森に戻りました。


 今回のアイキャッチのパフ


~ Bパート ~
 ゆめとトワが訪れたのは、あんみつのお店。
 トワは、あんみつを食べて、美味しいと感動します。その様子を見たゆめは、自分のあんみつもトワに勧めます。
 ゆめは、あんみつを分け合う相手がほしかったと、トワが自分に付き合ってくれた事に感謝します。トワも、気力が戻ったと、ゆめにお礼を言います。
 直後、ゆめは、トワは笑った方が可愛いとほめます。そう言われたトワは照れつつも、どうして、この世界の人達はこんなに優しいのか、と聞きます。

 その頃、マーブルドーナツの店に残されたはるか達は、トワがあそこまで自分を思い詰めていた事を知らなかったと反省します。
 きららは、トワの気が済むまで放っておくよう言いますが、
「放っとけないよ。トワさん、ずっと絶望の中にいたんだよ。友達と笑ったり、遊びに行ったり、美味しいもの食べたり、きっと、そういうの今まで全然なかったんだよ・・・。このまま1人ぼっちにするなんて、そんなの私、できない!」
と、はるかは言い、店を出てトワを捜しに行きます。
 そうなるのは、みなみ達にも分かっていた事。みなみときららは笑い合います。

 一方、ロックは多くの絶望を集められる人間を探しに公園に来ていました。すぐに、トワとゆめを目にします。
 トワは、まだ辛い表情を浮かべます。そんなトワを見て、ゆめは、こう言います。
「私達って、お腹が空くと、動けなくなるでしょ? でも、ご飯を食べると、また力が湧いてくる。今のあなたみたいにね。心も同じよ。心が空っぽになると、動けなくなる。」
「心が・・・。」
「そう。でも、心にまた温かいものが入ってくると、動く力が湧いてくるの。」
「温かい・・・。」
 
 ちょうどその時、ロックがトワに声をかけてきました。
 すぐに、ロックは、ゆめを絶望の檻に閉じ込め、ゼツボーグを召喚します。
 トワは変身します。

「冷たい檻に閉ざされた夢、返していただきますわ。お覚悟を決めなさい!」
 そして、バトルスタート。
 まずは、ゼツボーグの多段攻撃を、「スカーレットイリュージョン」で相殺します。

 一方、トワを必死に探すはるか達。
 少しして、ゼツボーグが公園にいるのを発見。はるか達は、トワもそこにいると、公園に向かいます。

 スカーレットは、「スカーレットスパーク」を放ち、今度は攻撃に転じました。
 スカーレットはゼツボーグを追い詰めるものの、ロックは、その強さはさすが絶望のプリンセスだと蔑みます。
 そして、ロックは、トワが関わったものは皆、不幸になるとトワを追い詰めます。そこをゼツボーグに突かれて、スカーレットはダメージを受けます。
 さらに、ロックは、新たな錠前を出し、ゼツボーグを強化させます。
 
 それと同時に、ゆめの苦しみが増し、ディスピアから受け取った絶望のゲージが溜まります。
 スカーレットは、ゼツボーグの攻撃を何とか回避するものの、ロックも加勢してきました。
 そして、スカーレットは追い詰められ、ゼツボーグの強大攻撃が襲ってきました。

 しかし、フローラが救いました。マーメイド、トゥインクルも一緒です。
 すぐに、フローラは、ゆめが絶望の檻に閉じ込められていると知り、驚きます。その様子を見たロックは、トワイライトなんかと一緒にいたせいで、こんな目にあったのだと、またしてもスカーレットを追い詰めます。
 フローラは、そんな事ない、とロックに攻撃するものの、弾き返されてしまいます。

 直後、スカーレットがフローラの元に駆けつけますが、フローラは笑顔でした。
「笑おう、スカーレット! 嬉しい事、楽しい事、夢とか希望とか、そういうあったかい気持ち、みんなでいっぱい作ろうよ!」
「あいつらに何言われても笑い飛ばせるくらい、いっぱい作ろう! 一緒に強くなろう、ね?」

 
「温かいもの・・・。本当に力が湧いてくるのね。マーメイド、トゥインクル、そして、フローラ。今までの事、本当に、ごめんなさい! 今さら謝ったところで、私の罪は消えません。それでも! 私は、あの方を、ディスピアに苦しめられる人々を助けたい! だから、どうか私に、力を貸して下さい!」
 もちろん、フローラ達3人は、スカーレットの気持ちを温かく受け入れます。という事で、改めて・・・、
「つよく、」
「やさしく、」
「美しく!」
「Go!」
『プリンセスプリキュア!』
 

 


 その後は、ミーティアハミング、バブルリップル、リィストルビヨンでゼツボーグを追い詰め、最後は、フェニックスブレイズで浄化します。

 ロック撤退後、スカーレットは、ゆめを救出。ゆめを巻き込んでしまった事に謝るものの、助けられて良かったと安心します。

 ディスダークに戻ったロックは玉座に居座り、本気を出します。これまでの少年のような姿から、青年のような姿へと変貌しました。

 後日、はるか達は、トワを匿っていた事を理由に、学園長から呼び出されていました。学園長がどんな人なのかは、みなみも知らず、緊張感が高まっていました。
 ですが、18話ラストで明かされたように、学園長はゆめ。この事実に、はるか達は驚きます。
 ゆめは、トワとの再会に、これも何かの縁だと言い、ノーブル学園の生徒になってみてはどうかと誘います。
 トワが返答する前に、
「トワちゃん! 一緒に学園に通おう!」
と、はるかが言います。
 他の皆も、歓迎します。
 
「はい! 私、ここで、温かいもの沢山見つけますわ!」

 今回は、これで終了です。


次回:「笑顔がカタイ? ルームメイトはプリンセス!
 トワは、ノーブル学園の生徒として、はるか達と過ごす事になりました。
 しかし、ここでの生活は何もかも初めての事ばかりで、トワのみならず、フォローする方も一苦労です。
 特に、クラスメイトであり、ルームメイトにもなったきららは、トワのフォローでクタクタに。そんなある日、2人は洗濯当番をする事になりますが・・・。
 果たして、トワときららは、仲良くなれるのか!?


【まとめ】
 ホープキングダムの王女の使命ゆえ1人で頑張ろうと考えたトワですが、ゆめやはるか達の助言により、はるか達と共に歩んでいく道を選びました。

 さて、今回のテーマは「人は1人で生きられない。それは、プリンセスであっても同じ事」でしょうか。

 トワは、ディスダークにいた時は、トワイライトとして、多くの人々を絶望に陥れ、その罪悪感が残っています。
 それだけではありません。幼少時のディスピアの誘いに乗らなければ、ホープキングダムの国民達は絶望する事も、ディスダークに支配される事もなかった、と罪の意識を大きく感じている事でしょう。 
 客観的に見れば、子供の純真な夢を食い物にしたディスピアに非があるのは明らかな事。しかし、トワとしては、自分は、ディスピアの誘いを毅然と断るほどの勇気がなかった、弱い人間だと思っているでしょう。
 だからこそ、ホープキングダムを救うまでは楽しい思いをしてはいけないとか、誰にも甘える事なく1人で生きなくては、と責任を感じるのも、分からなくはないんですよね。

 でも、やっぱり、人は、1人だけの力で生きる事は不可能なんですよね。それは、プリンセスであろうと、王様であろうと、大企業の社長だろうが、同じ事です。もはや、人間の「摂理」と言ってもいいくらいでしょう。
 ですので、人は、助け合いながら頑張っていくもの。バトルシーンで、「どうか私に、力を貸して下さい!」という事は、決して恥じゃないんですよね。
 「国」には、「王」や「プリンセス」といった王族がいますが、しかし、彼らを支える沢山の「平民」がいなければ、成り立ちません。
 そして、その平民達に報いるために、王族達も頑張っていく。時には、平民達と同じ目線で物事を見る事も必要です。トワが次回以降、ノーブル学園の生徒として、はるか達と共にグランプリンセスを目指して頑張り合っていくのは、その一環と言えるでしょうね。

 ただ、他者と共存するとなれば、意見の食い違いが起こるなどして、「ほつれ」が生じる事はよくあります。場合によっては、「戦争」になる事もあるでしょう。
 しかし、それでも、人は基本、利他的にできていますから、美味しいものを分け合ったり、嬉しい事や楽しい事を共有したりするのでしょうね。つまり、「温かいもの」を作ろうとする方向に動くのでしょう。
 しかも、それは、潜在的に備わっているもので、無意識にそう動いちゃうものだと思いますね。だから、人は面白い生き物なんだな、と改めて思います。

 「1人だけの力で生きる事は不可能」なのは、ディスダークの親玉であるディスピアについても、同じ事でしょう。
 今回、自分のエネルギー源である、絶望のエネルギー収集をロックに託して、絶望の森で身体を休めに行ったあたりは、そう思いましたね。すべての人間を絶望に陥れる事が目的なのに、「希望を持った人間がいなければ生きられない」ように感じて、なかなか滑稽だと思いました。

 そのディスダークでは、ロックが青年のような姿へと変貌し、本腰を上げましたが、まあ、これについては、そこまで驚く事ではないですね。公式ホームページのキャラクター紹介には、謎をほのめかす記述がありましたし。
 更に言えば、ディスピアを利用してラスボスにのし上がるんじゃないか、とも感じていましたので、今回の変貌は少し早いなと思いました。「ファルセットショック」の方が何倍も驚きましたね。(笑)
 あ、ちなみに、「ファルセットショック」というのは、「スイート」36話のアレです。知りたい方は、こちらからどうぞ。pixiv百科事典に飛びます。
 ロックの強化はともかく、人間の絶望エネルギーを集めるためのアイテムの方が厄介ですね。プリキュアとの戦いに負けようが、誰かしらを絶望の檻に閉じ込めて、あのアイテムに絶望エネルギーを貯めていれば、ディスピアの体力回復に近付く、という利益がありますし。「フレッシュ」の不幸のゲージとか、「スマイル」のピエーロ復活のカウントダウンを思わせますね。

 まあ、敵側が少しばかり本気を出してきたといっても、プリキュア側は、4人で力を合わせて頑張っていく事を決意したとなれば、やはり、そちらに目を向けたいところ。
 はるか、みなみ、きらら、トワの4人が今後、どれだけ多くの「温かいもの」を作っていき、ディスダークにどう立ち向かい、そして、グランプリンセスになれるのか、大いに注目したいと思います。
スポンサーサイト



コメント

属性に合った戦い方を

キュアスカーレットは元トワイライトというだけあって高い戦闘力を持つプリキュアですが炎属性故に水中戦には弱そうです。
今作では2話や16話のように水中でゼツボーグを召喚するケースも見られますが当然水中では炎が燃えないのでスカーレットの炎技が使えず海でのゼツボーグには苦戦させられそうです。
ここは水中戦に強いキュアマーメイドに任せるのが得策で、海の中でも素早い動きが出来るマーメイドなら有利に戦えるし彼女は氷技も持つのでゼツボーグを凍結させキュアトゥインクルの流星技で粉砕するということも可能です。
反面、氷属性のゼツボーグには滅法強そうでスカーレットの強力な炎技で一瞬で蒸発させることも可能で極寒地での戦いはスカーレットが担当するのが良いと思います。また極寒地ではスカーレットの炎で3人を暖めてくれれば心強い味方にもなってくれそうです。
このように今作は適切な属性を利用して戦うことも大切だと思います。

Re:属性に合った戦い方を

 キュアパラファンさん、どうもです!
 今回もコメント、ありがとうございます!

 そもそも、スカーレットだけでなく、フローラとトゥインクルも水中戦は苦手かと。
 プリキュアに変身して運動能力が飛躍的に上がったといっても、基本的に水中を自在に動けるまでには至らないですので、水中戦はそんなに展開されないでしょう。今後あったとしても、1回くらいだと思います。
 マーメイドは、水中を自在に動く事よりも、水圧を活かした攻撃とか、泡でバリアを張ったり、冷気で水を凍らせたりなどの見せ場が多いでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスカウンター