FC2ブログ

記事一覧

プリパラ 第52話感想

 「プリパラ」第52話「ふわり舞う! 初ライブトリ!」の感想です。


~ オープニング前 ~

 ふわりがパプリカ学園に転入してきてから、何日も過ぎました。
 花への水やり、ヤギの乳搾りなど、朝の日課を終えたふわりは、自分のコーデはまだできないのかと気になり、早くライブをやりたい気持ちが高まっていました。

 そんな時、プリパスの着信音が鳴ります。
 しかし、ふわりは、これが連絡を取り合う道具だとは分からず、着信音に合わせて歌って踊ってしまいます。トリコは、電話に出ない事に、不安に陥ります。
 

 オープニングの画像が、一部変わりました。
 まずは、「君とならどこまでも行けるよ 終わらない物語 スタートしよう」のシルエット部分がなくなり、ふわり、ひびき、ファルルが出ました。
 最後のメインアイドル集合も変化。ふわり、ひびき、ファルルが追加されました。
 ファルルは2期にも出るだろうと思っていましたが、この時期にここに出るとは早いですね。公式ホームページのキャラクター紹介にも追加されており、もしかしたら、ファルルは今月中に再登場するのかも? 待ち遠しいですね。



~ Aパート ~
 しばらくして、ふわりは、らぁら達6人と仲良く話していました。
 ふわりは、まだ学園生活に不慣れな部分はあるものの、都会に染まらないところが良いところだとシオンは評価します。

 そんな時、プリンセス授業の時間が来たと、校長がやって来ました。
 プリンセスは、単に「アイドルドリームグランプリ」で勝てばいいというものではなく、心技体を備えていなければならず、その勉強は必須だと、校長は厳しく説明します。
 らぁら達は、ふわりと別れようとしますが、らぁらは校長から、靴のかかとを踏んでいる事を注意され、校長は、らぁらにもプリンセスの授業が必要だと言います。
 らぁらは、慌てていただけだと言い訳するものの、校則1315条「普段はちゃんとしてても、ちょっと慌ててただけで、靴のかかとを踏んではならない」に違反している、とみれぃはらぁらに違反チケットを貼り付けます。
 2期入ってからどころか、今年入ってから初めてですね、らぁらが違反チケット貼られたのって。それに、18話で累計200枚もらってから、まだ20枚しかもらってないなんて、みれぃの取り締まり、最近、生ぬるいのでは?(笑)

 その後、らぁらとふわりは、校長の指導の下、プリンセス授業に取り組みます。
 プリンセスにはおしとやかさや気高さが求められますので、「かしこまっ!」と返事するのは、アウト。「よろしくてよ」と返事するよう求めます。

 まずは、重さが5キロもあるハイヒールを履く事を求められます。プリンセスたる者、ハイヒールでダンスができなくては、パーティーにも行けません。
 少しして、2人は、背筋を伸ばしてエレガントにあいさつ。
 といっても、実際は寝ていますが。
 
 次は、重りをつけたティアラを乗せる事を求められます。
 重いティアラを乗せても、顔をゆがませず、常にクールで笑顔である必要があります。

 そして、そのまま授業に。
 プリパラのプリンセスたる者、ファッションには人一倍気を遣う必要があります。そこで、コーデに関する問題を出します。
 問題は「チャイナロックコーデに飾り付けられている動物は?」。ヒントは、白と黒の動物。
 
 2人は、牛、ペンギン、シマウマなどを答えます。
 当然、どれも不正解。
 校長はさらにヒントとして、可愛くて大人気の動物を挙げるものの、その後も、ことごとく不正解。正解は、パンダです。
 白と黒の動物というヒントが与えられながら、パンダという答えが出ないとか、結構難しいぞ。ああ、そうか、「わざと外して!」って書かれたカンペが前方にあって、不正解を出し続けたんでしょうね、きっと。(笑) 

 次は、マナーの勉強。プリンセスたる者、箸の使い方にも美しさが求められます。
 そこで、お箸強制ギブスで徹底指導。
 
 「『プリンセス』授業なのに、幕の内弁当は不釣合いじゃね?」とか「プリンセスなら、ナイフとフォークの使い方を知った方が良いのでは?」とかツッコんだらダメですかね? あ、ギブスへのツッコミは面倒なのでパス。誰か代わりにツッコんでおいて下さい。(笑) 

 あまりのきつさにダウンのらぁら。一方、ふわりは部屋から逃げ出していました。

 少しして、ふわりは、木の上にいました。
 ふわりは、プリンセス授業が思っていた以上に難しいと感じるものの、パルプスで自分を見送ってくれた動物達のためにも頑張らなければ、と意気込みます。
 しかし、それと同時に、ホームシックを感じます。
「みんな、どうしてるかな? ここからは、山も空も見えない。元気でいるかな、みんな? 巣作りしてたツバメのヒナは、もう飛べるようになったかな? 森の小リス達や草原のウサギ達、今頃、何しているんだろう? あ・・・。ホームシックなんて、まだ早いよ、ふわり。」

 一方、校長はふわりを捜していました。声に気付いたふわりは枝に手をやると、その枝が折れてしまい、木から落ちてしまいます。
 それに気付いたひびきは、バイクでふわりを助けます。
 やだ・・・、このプリンス様、カッコいい・・・。私、男なのに、なんか、ときめいちゃってるよ・・・。(笑)
 でも、ひびきよ、ここって、学園内の敷地っしょ? バイクを走らせるのは、マズいのでは? まあ、あれだけイケメンで、しかも、学園長代理なら、許されちゃうか。むしろ、「僕がルールだ!」の一喝で、警察官などを一蹴しちゃいそう。(笑)


「空から舞い降りてくるなんて、一体どこの女神様?」
「ごめんなさい。あの木のてっぺんまで上れば、パルプスの山が見えるかもしれないと思って。」
「ホームシックかな? 君は、『サマーアイドルグランプリ』、さらには、『ドリームパレード』のプリンセス。つまり、最高のプリンセスである優勝候補。僕が認めた、才能ある女の子だ。君の成長を楽しみに待ってるよ。」
「はい!」
 

 それからしばらくして、ふわりは、プリンセス授業に意気揚々と臨みます。
 そんな時、またしても、プリパスの着信音が。らぁらの指摘で、ようやく連絡をとる事ができました。なかなか電話に出てくれない事に、トリコはすっかり落ち込んでしまい、クマが代わりに話していました。
 ふわりは、返事しなかった事に謝り、トリコは大事なマネージャーだと言います。この事に、トリコは感激し、新ブランドができあがった事を報告します。
 この事に、ふわりとらぁらは喜びます。


 今回のアイキャッチ


~ Bパート ~
 しばらくして、ふわりは、らぁら達6人と一緒にプリズムストーンへ。
 着いて早々、受付めが姉ぇとコスモは新ブランド誕生を祝います。新ブランドの名前は、「ココフラワー」。
 可愛いカントリーモチーフに、斬新なアレンジを加えつつ、ナチュラルな素材にこだわったのが「ココフラワー」。プリパラファッション界に革命をもたらしたと、コスモは言います。
 さらに、「ココフラワー」のブランドショップもオープン。
 もちろん、新たなコーデが描かれたプリチケも渡されます。そして、ふわりはプリチケをスキャンして、プリパラチェンジ。
 その後、トリコが、コーデがとても似合っていると、ふわりを称えます。さらに、ふわりのために作った新曲も届きました。

 一方、あろまとみかんは、カフェにて、食事をとっていました。カフェでも、「ココフラワー」誕生のブームに乗っており、記念プリンアラモードが限定発売されていました。
 あろまは、今最も注目されているふわりをアロマゲドンに入れたいと考えます。まあ、みかんは相変わらず、食い気に走っていますが。

 少しして、ふわりは、デビューライブに臨もうとしていました。
「ふわり、あのね。誰かに、自分の気持ちを届けるように歌うといいよ。そうすると、いつも以上に力が発揮できるんだよ!」
「誰かに・・・、気持ちを届ける・・・。」
 そう言われたふわりは、49話ラストで、多くの動物達に見送られた時の事を思い出します。
 しかし、トリコは、ふわりがライブに出る事に反対しています。トリコは、ふわりがステージに立ったら失敗ばかりするんじゃないかと、不安を感じています。
 そんなトリコをドロシーは黙らせ、ふわりにチャームを渡します。
 それでも、トリコは、不安を感じています。それどころか、ライブエントリーの手続きを覚えてない始末。
 しかし、問題なく、エントリー完了しました。
「ありがとう。」
「ふわり・・・。」
「行ってくる。大丈夫よ、トリコさん。絶対に成功させるから! 応援しててね!」

 そして、ふわりは、ライブに出ます。曲は、「コノウタトマレイヒ」。
 

 

 
 メイキングドラマは、「不思議の泉のオーケストラ」。
 


 

 


 ふわりのデビューライブは大盛況で終えました。
 
 この様子をネットを通じてみていたひびきも、なかなかの手応えを感じます。
 また、ふわりのチャームは、緑色の「ナチュラル」。さらに、アイドルランクも「新人アイドル」にまで急上昇しました。
 

 少しして、ライブを終えたふわりを、らぁら達6人は労います。
「ありがとう! 大好きな故郷、パルプスへの思いを表現してみたの。緊張してたけど、楽しかった! またやりたいわ!」
 この言葉に、らぁら達6人は、ふわりを自分達のチームに入れたいと意欲が湧き、互いのチームを刺激します。

 一方、校長のプリパスには、ひびきから電話が来ました。
 ひびきは、ふわりのライブを成功に導いたのは、校長の指導のおかげだと感謝しますが、歌とメイキングドラマは次から変えて、グランプリに備えなければ、と言います。

 それから後日、寮のふわりの部屋に1匹のヤギが。しかも、手紙つき。
 手紙の主は、ひびき。ふわりのデビューライブの成功を祝い、高級なヤギを進呈しました。
「プリンス様。私、絶対、素敵なプリンセスになります! 待って下さい!」

 今回は、これで終了です。


 エンディングも変わりました。
 曲は「胸キュンLove Song」。歌い手は、SUPER☆GIRLS
 ヤバい・・・。このエンディング、すご過ぎる・・・。曲は前回の方が良かったですが、画像が本気過ぎて、神エンディングなんじゃないかと思いました。
 画像もキャプチャーしましたが、大量にキャプチャーして、ここに載せるのは都合が悪いと思いましたので、最後に載せます。



次回:「み~んなプリパラ禁止命令
 ある日、突然、プリパラが法律で禁止されてしまいました。しかも、校長は、1年前のように、プリチケを没収しようとらぁらを追いかけ回します。
 真相を確かめるため、らぁらは、偶然会ったドロシーと一緒にプリパラを目指します。「プリパラが法律で禁止」とは、一体どういう事なのか?


【まとめ】
 ふわりの新ブランド「ココフラワー」が誕生し、デビューライブを果たしました。

 ふわりのライブについては、予想通り、可愛さ満点でしたね。いやー、おかげで、どこの部分をキャプチャーして載せるか迷いました。まったく、「可愛い」ってのは、ある意味、罪ですな!(笑)
 また、曲やダンスについても、プリンセス候補とされているだけあってか、SoLaMi SMILEやDressing Pafeのような派手さはないものの、流れるような動きに目が行きました。
 まあ、「お姫様っぽい」と言われれば、そうでもないと思いますが、そこは、今後次第でしょう。プリンセスになるための素養をしっかり身につければ、今後、どこかのライブシーンで、本物のプリンセスを思わせる上品なステージを繰り広げるんじゃないかと期待したいですね。

 また、今回は、ライブの素晴らしさだけでなく、深く考える要素があったのも良かったですね。今回のテーマは、「ふわりを想う者達の大切さ」だったと、私は感じています。
 ふわりは、パルプスの動物達の事を想ってライブを展開しましたが、それができたのは、動物達がふわりを想っていたからでしょう。
 ふわりと別れるのは寂しいけど、今後のふわりの活躍や成長を願っている。ふわりは、動物達の優しい想いを感じて、自分も動物達のために頑張りたいと思ったのでしょうね。ライブに出る直前のらぁらからのアドバイスの後に、動物達との別れのシーンを出してきたのは、かなり良い演出だと思いました。

 もちろん、ふわりを想う者は、パルプスの動物達だけではありません。
 プリンセス候補と認めたひびき、今回のテビューライブまでに色々とアドバイスしてくれたらぁら達6人、新ブランドを考えてくれたコスモ、新曲を用意しためが兄ぃ、ライブをエントリーしてくれたトリコ、指導内容は厳しいながらもプリンセスになる事を見込んでいる大神田校長。
 彼らの誰か1人でも欠けていれば、今回のデビューライブは実現しませんでした。住む環境が大きく変わったふわりにとって、これだけ沢山の人達に想われているのは、幸せな事でしょう。
 沢山の者達に支えられて、「プリンセス」という夢が実現する。その大事さに気付けば、今後、プリンセスを目指す意識が大きく変わり、更なる飛躍が期待できるんじゃないかと、私は考えています。
 そして、今回のアイドルランク急上昇で、ファンは大勢増え、より一層、ふわりの力になる事でしょう。自分を想う、多くの者達の期待にどう応えるのか、今後もしっかり注目したいと思います。


 最後に、後回しにした、エンディングの画像です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうですか、皆さん? すご過ぎて、鳥肌ものですよね! このエンディングほど、スタッフロールのジャマさを呪った事はないですね(笑)。今回のふわりのデビューライブの素晴らしさも、このエンディングに持ってかれました。
 しかし、こんな神エンディングも、10月になったら変わってしまう可能性が大きいのがな・・・。画像はこのままで、歌だけ変えてほしいのですが、無理ですかね・・・。
 まあ、それでも、この神画像の数々は、すごく励みになりました! スタッフ様、ありがとうございます!
 よーし・・・、これで、今後も戦えるぞ! どんな暑い夏がやってこようと、この神エンディングを清涼剤だと思って、熱く乗り切りたいと思います!
スポンサーサイト



コメント

Unknown

ファルルの復帰は情報からわかってたとは言え、
ここまで早いとは思ってなかったです。
早くても9月ごろと思ってたので。
でも、これでサマーグランプリと、
その次の秋のグランプリの心配はなくなりました。
ファルルを加えればちょうど10人で2チームできます。
公式のキャラ紹介的にファルルは一時復帰みたいですけど、
秋には1クール目のOPで出てたもう1人のシルエットキャラが
参戦するのでファルルと入れ替わりでちょうど10人になるんです。
ちなみに秋に新キャラというのは確かな根拠があります。
今度発売するプリパラのファンブックのやつの表紙で、
シルエットと一致するゲームのCGモデリングキャラが写ってたんです。
プリ♥パラ公式ファンブックDREAM2というファンブックの表紙です。
ちなみにこれはあくまで推測ですけど、
プリンス・ヒビキは一期におけるファルルポジと予想してます。
ゲームに参戦する時期的な可能性も考慮に入れると。
ドロシー&レオナ、復活したファルルのようなケース以外は
追加参戦キャラは1キャラずつなので、
ゲームでのCGモデリングが判明してないプリンスは最後の方と思うんです。
ファルルみたいにアニメには早いうちに出てきましたけど、
ライブとゲーム参戦は物語後半からというパターンと思うんです。

ふわりに関してはプリンス関連で今後が不安に感じました。
プリンスはふわりの曲とメイキングドラマを変えようと持ちだしてますけど、
その話をふわりが知ったらどう考えるのか不安です。
でも、逆に言えばこの辺がふわりのターニングポイントになると思います。
プリンスの理想のプリンセスを目指すのか、
それとも自分らしいプリンセスを目指すのかというところです。

EDについては最高ですね、特にレオナ。
そんなEDの水着シーンに興奮気味なところに
耳寄りな情報があります。
今月号のちゃおに載ってるマンガ版のプリパラは水着回けんそふぃ回です。
ソラミ・ドレシ・アロマゲドンの水着姿が見れますよ。

Unknown

こんにちは

>みれぃの取り締まり、最近、生ぬるいのでは?

アロマとか廊下はしてたけど 違反チケットでなかったしね


 >メイキングドラマは、「不思議の泉のオーケストラ」。

ジュネさんお前は テレビの前で叫んだプリズムファン
です。 

http://pbs.twimg.com/media/CJCGlh9UkAAcRXo.jpg:large" rel="nofollow" target=_blank>http://pbs.twimg.com/media/CJCGlh9UkAAcRXo.jpg:large


プリパラの食べ物は金がかかる 

あれマスコットだけの話じゃなかったのか 
ああ リアルマネードレスド 

>新エンディング

大勝利だよね いやさ いつもいつも実写ばっかりで
毎回ゼッボグに成ってたけど ついに大勝利だよ


Unknown

ふわりのライブは、ひびきの言う通り「デビューとしてはOK、プリンセスを目指すなら変更」です。
あと、ふわりへ、一言。
パプリカ学園からでも、空は見えるぞ。

らぁらが(サマーアイドルグランプリはともかく)ドリームパレードの真のプリンセス候補なのか…とも、思いました。
靴の踵が…とか言ってるけど、小道具までしっかり用意されているあたり、校長ははじめからプリンセス授業に参加させるつもりだったとしか思えない。
あと、ライブ前にふわりにしたアドバイスの内容にも、プリパラの先輩以上の「おや?なんか、すごいこと言ってるぞ!」って、思いました。

とは言うものの、今回はOPとEDが全てもってった感じですね。
ファルルが帰ってくるなら、ソラミ&ファルル&ふわり、ドレシ&アロマゲでサマーアイドルグランプリやって欲しいです。
EDの画像のすばらしさには、ただただ感動…感謝・感激です。

名無しさんへのコメント返信

 コメント、ありがとうございます!

 ファルルのアニメ本編への再登場は、ゲームの再登場時期を考えると、7月下旬から8月上旬でしょうかね。
 再登場したらしたで、2期から見始めた視聴者のために、どんな子なのかを示したり、1期ラストでらぁら達と別れてからどう変わっていったのかを示すのに、数話は尺を割くでしょう。となると、「サマードリームアイドルグランプリ」が行われるのは、8月下旬あたりかも?
 まあ、いずれにせよ、ファルルの再登場をじっくり待ちたいものですね。

 「サマードリームアイドルグランプリ」については、ひびきが出るにせよ、ファルルが出るにせよ、2期始まってから今回までライブシーンに出た事がある9人については、全員出してもらいたいもの。
 また、SoLaMi SMILE、Dressing Pafe、アロマゲドンについては、メンバー分断しないでもらいたいな、と思っています。

>ふわりに関してはプリンス関連で今後が不安に感じました
 やはり、ここは気になりますよね。私は、1期において、理想のアイドル像が、ファルルとユニコンで違っていった事を思い出しました。
 ふわりのプリンセス像と、ひびきのプリンセス像の違いが大きく打ち出されるのはいつなのか? 「アイドルドリームグランプリ」で敗れた時なのか、それとも、次回単独ライブに臨む時なのか? 目が離せないですね。


>今月号のちゃおに載ってるマンガ版のプリパラは水着回けんそふぃ回です
 コメントもらう前から、この事は知っていましたが、「ちゃお」を買おうとは思っていません。「プリパラ」と「アイカツ!」くらいしか興味が湧かない雑誌に、500円以上も出費するのは、ちょっと・・・。後にコミックス化されたら、それを買おうと思っています。

山さんへのコメント返信

 山さん、どうもです!
 今回もコメント、ありがとうございます!

>(48話で)あろまとか廊下は走ってたけど 違反チケットでなかったしね
 違反チケットって、みれぃの気分やその場のノリでしか、出てないように思いますよね。もはや、校則なんて、あってないようなものだと考えています。(笑)


>(今回のメイキングドラマについて)ジュネさんかお前は
 わざわざ、画像も提供して下さって、ありがとうございます。私も、「ああ、そういえば、ジュネのプリズムショーにも、同じようなものがあったな」と感じました。


>(新エンディングについて)大勝利だよね いやさ いつもいつも実写ばっかりで
 別に私は、実写でもOKだと思ってますけどね。小さい女の子が頑張って踊っている姿って、健気で可愛いじゃないですか!
 まあ、でも、ああいう美麗画が沢山出たのは、大勝利だと思いますね。

かぼちゃ大好きさんへのコメント返信

 かぼちゃ大好きさん、どうもです!
 今回もコメント、ありがとうございます!

>ライブ前にふわりにしたアドバイスの内容にも、プリパラの先輩以上の「おや?なんか、すごいこと言ってるぞ!」って、思いました
 やはり、ここは、主人公の役目ですよね。それに、昨日で、このアニメが始まってから、ちょうど1年経ち、これまでの経験や成長からあのセリフが出たと思うと、かなり良かったと感じています。


>ファルルが帰ってくるなら、ソラミ&ファルル&ふわり、ドレシ&アロマゲでサマーアイドルグランプリやって欲しいです
 ライブが終わったら解散という事情を抱えているとなると、「サマードリームアイドルグランプリ」をやるまでは、5人ライブはやらなさそうな気がしますし、SoLaMi SMILEの残りメンバー候補の少なさも加味すれば、その2チームが良さそうな気がしますね。
 ただ、ふわりは、SoLaMi SMILEよりもDressing Pafeの方が仲が良いのも気になるんですよね。
 最新話次第で、今後のチーム展望が目まぐるしく変わるため、メインアイドル間の親密度は、ここしばらく大注目したいところ。話の流れをぶち壊すようなチーム構成にはしないでほしいと思いますね。

ヤギのインパクト…

こんばんはです。

名無しさんのコメントにもありましたが、ひびきの中にある『プリンセス』のイメージとふわりのキャラクターとのズレが今後の鍵になりそうですね。 今回披露された歌も衣装も、ふわりの性格をより引き立てるものではあるのですが…

さて、ちょっと視点を変えまして。
今回のギャグ要素には70~80年代アニメのパロディとも言えるものが見受けられました。 ふわりのキャラクターは『ハイジ』からとっているのは言わずもがなですが、『紫のバラ』もとい『紫毛のヤギ』は予想外でした(笑)

次回のエピソードはらぁらのデビュー一周年、およびゲーム稼働一周年に合わせた内容のようです。 アニバーサリーコーデ、ゲットしておきたいです♪

Re:ヤギのインパクト…

 MiriAさん、どうもです!
 コメント、ありがとうございます!

 先月は全部の回で出番があり、ついにオープニングにも出ちゃったりと、すっかりヤギで味占めちゃってますよね、スタッフ様達は。こうなったら、ライブシーンにも出てメーメー賑わせてほしい、と少しばかり期待しています。(笑)

 次回は、らぁらのデビュー一周年の話が展開されそうですが、とりあえずまずは、法律でプリパラを禁止にしたヤツにツッコミの嵐を浴びせたいですね。(笑)

ソラミスマイルかドレッシングパフェか

プリパラの放映開始から早くも1年となり今回で52話目となり既にプリキュアシリーズの話数を上回っています(プリキュアシリーズは1タイトルあたり大体49話程度なので。但し通算話数では550を超えている)。また1年で52話まで到達するということは年末年始を除くとほぼ毎週放映されているということになります。勿論、プリキュアシリーズ同様今後も続いて欲しいアニメの1つです。

さて、ふわりの勧誘にはソラミスマイル、ドレッシングパフェとも躍起となっているようで、どちらも一緒にライブをやりたいという意図がよくわかります。ソラミスマイルもドレッシングパフェもふわりが加わると大いに盛り上がりそうなのでどちらも勧誘には熱心なのだろうと思います。前話を見た目ではややドレッシングパフェ寄りにも見えますが今後の展開次第では変化も予想され注目したいです。

Re:ソラミスマイルかドレッシングパフェか

 キュアパラファンさん、どうもです!
 今回もコメント、ありがとうございます!

 ふわりは、SoLaMi SMILE、Dressing Pafeのどちらにつくにせよ、決めるのはふわりですので、その決定打を作るための話の流れを上手く作れるかどうかが制作者側に求められるでしょう。
 まあ、ドリームシアターライブをやったら解散ですので、組めなかったチームも、組むチャンスは近いうちにやってくると割り切ってほしいものですけどね。

参考になります

35歳2人の娘(1歳と2歳)の父親です。
プリパラはいつもレコーダーに録画して、夜ごはんの時に家族全員で見ています。
しまじろうのわおからプリパラまで流しで録ってますので、このサイトの詳しい解説はためになります。
今回の筋トレ?のシーンは娘がまねするくらい面白かったです。
これからも分かりやすい解説、よろしくお願いいたします。

Re:参考になります

 ビーストおばっちさん、どうもです!
 コメント、ありがとうございます!

 私の感想は異様に長いのに、「解説が分かりやすい」とおっしゃって下さるなんて・・・。感激です! 本当に、ありがとうございます!
 今後も、この感想スタイルを維持していきたいと思いますので、適度に覗いて下さると嬉しいです。

 あと、ビーストおばっちさんは、2歳の娘さんと1歳の娘さんがいらっしゃるんですか。となると、近い将来、デパートとかでプリパラのゲームで遊んだりする可能性も!?(もしかしたら、1年後は稼動していないのかもしれませんが)
 それに、「プリキュア」を見る事になったら、姉妹仲良くプリキュアごっこで遊びそうで、楽しみですね。これからも、家族仲良く、幸せにお過ごし下さいませ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター