FC2ブログ

記事一覧

劇場版プリパラ ルート3感想

 劇場版プリパラ「み~んなあつまれ! プリズム☆ツアーズ」は、ストーリーがある程度進むと、ストーリーが4つに分岐します。
 こちらは、そのうちの1つ、ルート3「スーパーミラクルツアー」の感想となります。全ルート共通部分、および、他の3つのストーリーについては、別の記事をご覧下さい。


 では、「スーパーミラクルツアー」の感想に入ります。
 こちらは、全ルート共通部分の感想記事と異なり、全部、文字は通常サイズ、通常字体にします。ブログ左上にある「文字サイズ変更」で変えられませんので、ご了承下さい。
 また、全ルート共通部分感想と同じく、このルートで流れた楽曲についても書きますので、ネタバレが嫌な人は、くれぐれも注意して下さい


 それでは、感想に入ります! ネタバレOKな方は、画面を下にスクロールして下さい。

































 まずは、このルートで流れた楽曲を挙げていきます。全ルート共通部分感想と同じく、画像を入れつつ紹介します。

ルート3・1曲目:Hop! Step!! Jump!!!     歌い手:MARs(マーズ)
左から、高峰みおん、あいら、天宮りずむ


ルート3・2曲目:Mirage JET     歌い手:Sprouts
左から、大瑠璃あやみ深山(みやま)れいなジェウン


ルート3・3曲目:サンキュッ!     歌い手:P&P(ピアピア)
左から、志々美(しじみ)かりんヘインシユン


ルート3・4曲目:Rosette Nebula     歌い手:ベルローズ
左から、森園わかな蓮城寺べる小鳥遊おとは


ルート3・5曲目:cherry‐picking days     歌い手:福原あん & 森園わかな


ルート3・6曲目:ALIVE     歌い手:涼野いと & 小鳥遊おとは


ルート3・7曲目:よいなかそ♪     歌い手:SERENON with K(セレノン ウィズ かなめ)
左から、藤堂かのん久里須かなめ城之内セレナ


ルート3・8曲目:ココロ充電!     歌い手:天宮りずむ


ルート3・9曲目:gift     歌い手:りんね




 このルートも、「プリズムショー」の中・上級編といったところでしょう。
 演技のすごさについては、ルート2「パーフェクトスターツアー」より劣るものの、こちらは、「プリティーリズム」本編で、「奇跡」と言えるような感動シーンに繋がったプリズムショーばかりです。
 その感動を味わったのは、プリズムショーを演じたメインキャラ達だけではなく、その周りのサブキャラ達も含まれています。誰かが結婚したり、バラバラだった家庭が修復されたりなど、多くのドラマを生み出しているようです。

 ですので、このルートも、私みたく「プリティーリズム」を知らない方達にとっては、内容についていけず、そこまで感動は感じられなかったでしょう。回想映像や、あいら達の解説があったとはいえ、メインキャラがどんな性格なのか、どんなドラマがあるのか、サブキャラとどんな関係があるのかなどが分からないですので、ピンと来なかったですね。
 逆に、「プリティーリズム」をしっかり見ていれば、ここで再び、大きな感動を味わう事ができ、思わず、目の奥が熱くなっていたかもしれません。他の分岐ストーリーと比べると、「プリティーリズム」を知っていると知らないとでは、感動の差はかなり大きいんじゃないかと思いました。もし、「プリティーリズム」をある程度見ていたら、このルートが最も良かったように思いますね。
 それだけに、いつか、「プリティーリズム」を本格的に視聴する事になったら、これらのプリズムショーがどんな感動をもたらしたのか、しっかり見届けて、そして、大きな感動を味わってみたいですね。

 他に気になったのは、7曲目に出たSERENON with K。
 ここのプリズムアクトは「スーパーヒロインタイム」。思わず、「君ら、プリキュアかよ!」とか「おいおい、この技、ファイヤーストライクじゃん!」ってツッコんじゃいました。(笑 & 「ファイヤーストライク」とは「Yes!プリキュア5GoGo!」のキュアルージュの技です)
 このプリズムショーは「パーフェクトスターツアー」の方がふさわしい気がして、本当に「奇跡」を起こしたのかどうか疑問に感じています。まあ、この点も含めて、「プリティーリズム」を本格的に視聴する事になったら、注目しておきたいものですね。



 ルート3「スーパーミラクルツアー」の感想は、これで以上です。

 このルートが終わっても、まだ、全ルート共通部分が少しあります。
 全ルート共通部分感想記事のリンクから、別ウィンドウまたは別タブで来られた方は、リンク元の記事にそのまま戻りましょう。同一タブで来た方は、ブラウザの戻るボタンで戻って下さい。

 また、他の分岐ストーリーはどんな内容だったのか? 気になる方は、下のリンクからどうぞ。もちろん、ネタバレには注意して下さい。

1の扉 → ルート1「ラブリードリームツアー」
2の扉 → ルート2「パーフェクトスターツアー」
4の扉 → ルート4「胸キュン!プリズムボーイズツアー」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター