FC2ブログ

記事一覧

ドキドキ!プリキュア 第26話感想

 「ドキドキ! プリキュア」第26話「ホントの気持ちは? 六花またまた悩む!」の感想です。


オープニング前。
 「あたしの夢は総理大臣です! そして、みんなの笑顔を守ります!」
と、学校の授業で、自分の将来の夢を発表するマナ。
 一方、六花の将来の夢は医者。しかし、医者を目指している理由について疑問を感じています。
 それにしても、マナは総理大臣になりたいのか。壮大な夢ですし、実際になったら、面白いかも。しかし、国会議員でないと選べないのがなあ・・・。選挙で選べる、都道府県知事や市町村長とかなら良いのですが・・・。もしかしたら、マナの住む国はアメリカ大統領みたく、国民投票で首相を選べるのかも!? 「どちらにせよ、住む世界が違うんだから、議論するのは無意味だろ?」とか、現実的なツッコミはクシャポイしておきます。(笑)


Aパート。
 茶店であんみつを食べるマナ、六花、ありす、真琴。ここでも、六花は、医者を目指す理由について疑問を感じています。母が医者であり、それに憧れているのはありますが。
「それはつまり、本当の気持ちではなかったという事ですね。」
と言う亜久里。彼女は店内にいました。以前から、この店のあんみつが気に入っていたようで、通い詰めていたようです。

 そして、この恍惚の表情。っていうか、デコ光らせんな。そして、約7秒後には、デコ強調してるんじゃないか、と思わせる、下の画像。

これは、何だ、「アイドルマスター」の伊織を意識してるのか? 中の人的に。(笑)
「ねえ、本当の気持ちじゃないって、どういう事?」
「その答えは、自分で探すものじゃなくて? どうも、あなたは心が揺らいでいるようね。ならば、ちょうどいい機会です。自分の本当の気持ちについて、とことん悩んでみては、いかがですか?」
そう言って、亜久里は4人と別れます。

 夕方、マナと六花はエースの事について語っていました。
 少しして、六花は、父が3か月ぶりに帰ってきて、母も帰りが早いらしく、久しぶりに一家団欒できる事を楽しみにしていました。
 そして、六花もマナと別れ、家に向かいます。

 敵のアジト。イーラはリーヴァとグーラに遊ばれます。
 アジトを出て、海に出たイーラ。すぐさま、雷に打たれ、海中に落ちます。

 夜、六花の家。急患が入ったのか、母は帰れなくなったようです。父も飛行機の欠航で帰れなくなったようです。という事で、一家団欒はお預けに。
 六花はいつもの事だと、気にしてないように言いますが、ラケルは、本当は寂しいんじゃないか、と六花を気にしているような表情。
 六花は、そんなラケルの耳をくすぐり、明日はデートしよう、と言います。

 翌日、六花とラケルは自転車で海に行きました。どうでもいいですが、2日続けて、同じ服なんだな。たぶん、同じ服が何着もあるんでしょうけど、それでもバリエーションつけてほしいな、なんて思います。私だけですかね?(笑)
 海に来た理由は、これといってないようです。そして、
「風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ 砕けてものを 思ふころかな」
と、百人一首の歌を言います。ちなみに、現代語訳すると、
「風が激しくて、岩に打ち当たる波が自分だけ砕け散るように、私だけが心も砕けんばかりに物事を思い悩んでいるこの頃だなあ。」
 まさしく、今の六花がそんな感じですね。
「やっぱりママに憧れてただけだったのかな? 思えばプリキュアになったのも、生徒会に入ったのも、マナと一緒ならって思ったからだし。結局、私って、いつも誰かに憧れているだけなのかも。それじゃ、私自身の気持ちは一体どこにあるんだろう? 私はどうしたいのかな?」
「それは、きっと六花にしか分からないケル。」
「そうね・・・。」
 その直後、浜辺に人が倒れているのを見つけます。
 それは、昨夜雷に撃たれたイーラでした。ラケルは警戒しますが、六花は少し迷った末、イーラを助ける事に。簡単にではありますが、ケガの手当てをします。
 しばらくして、イーラは目を覚ましますが、
「あなたが・・・、助けてくれたんですか? ありがとうございます。それにしても、ボクは何を・・・? いや、そもそも、ボクは誰だ・・・?」
と、どうやら、記憶喪失になったようです。
 その後も手当てを続ける六花。イーラに優しいと言われて、照れます。

 いやー、これぞ「ひしかわいい」ってやつですね! こういう時によく使われるのは「りっかわいい」なんでしょうけど、あえてマイナーなところを突くのが私ですので、「ひしかわいい」にしました(笑)。それに、歳の近い男子とあまり接してないんだろうなあ、とも感じました。何にせよ、貴重なデレ六花、ありがとうございました!
 その直後、腹の虫が鳴り、六花は家に帰り、オムライスを作ります。
 オムライスをテーブルに運ぶ途中、段差につまずきますが、イーラがキャッチします。

 こんな感じでしたが。このあたりで、「ふざけんな、イーラ!」とか「俺と入れ替われや!」などと思った輩は多そうですね。(その前から続出してそうですけど&笑)
 無事で良かった、と言う六花に対し、「天使のような人だ」と言うイーラ。まったく、記憶喪失なのに、よくそんなセリフが出てくるよな。天井にカンペでも用意されてるんじゃないのか?(笑)
 その後、今の体勢にラケルがツッコみます。

 それにしても、この怒っているラケルがカワイくて良いですね!(笑)
 その後、食事となりましたが、イーラはスプーンを持つのも難しいようです。という事で、六花が食べさせる事に。

それを面白くないと感じるラケル。

 いやー、ハッハッハ! ホント、ラケルがカワイイわ! 「ケガしてるからって甘やかし過ぎケル」なんて言ってたけど、イーラにやきもち妬いてるんでしょ? 分かるよ?(笑)
 ついでに、六花とラケルって本当に似てるよな、って思いました。このやきもち妬きなところとか、下の画像の、イーラに優しいと言われて照れてたところとか。

 ラケルは六花の弟って感じで良いですよね。
 ラケルがふてくされているところに、シャルルとランスがやってきました。六花がイーラにオムライスを食べさせているところを見て、目が点になります。


Bパート。
 六花がイーラを助けた事について、他の子にも話します。ありすは、六花らしいと言いますが、真琴は警戒し、亜久里は甘いと言います。
 亜久里は続けて、イーラを助けて後に何か起きたら責任取れるのか、ケガしてようが敵である事は変わらない、と言い、変身します。しかも、ラブキッスルージュを手にします。イーラを倒す気でいます。
 六花は間に入って、やめるよう言います。ちょうどその時、雨が降り出します。
「その者の今までの行い、忘れた訳ではないでしょう?」
「もちろん憶えているわ。でも、どんな人であっても、ケガをして苦しんでいるのなら、私は助けてあげたい。でなきゃ、きっと後悔する。私は後悔したくない! 自分の思いを信じるわ!」
 ラケルも他の3人も六花をフォローします。
 ちょうどその時、グーラが現れます。エースは、六花の思いを見極めさせてもらう、と言い、その場を去ります。
 その後、マナ達も変身。イーラはマナ達が変身するのを見て、記憶が戻ろうとしています。
 プリキュア達とグーラとのバトルでも、自分の記憶が戻りつつあり、苦しむイーラ。グーラに自分の名前を呼ばれ、完全に記憶を取り戻します。
 グーラの攻撃で、イーラを巻き添えにされそうになりましたが、イーラはそれを弾いて、プリキュアを倒すのは自分の役目だと言います。
 ダイヤモンドは、イーラが記憶を取り戻した事に安心した表情で、「良かった」と言います。
「なんで怒んねーんだよ? 変なヤツ。」
「だって、嬉しいんだもん。きっとこれが、私の素直な気持ちなんだと思う。」
 直後、グーラが直接攻撃を仕掛けてきます。イーラは風を起こして、プリキュア達を吹き飛ばします。そのため、グーラの攻撃の軌道から外れる事に。
 これは意図的でしょうね。バトル後の1シーンを見た感じでも、これをきっかけに和解に繋がりそうな気がしますが、果たして?
 その後、イーラは去り、ダイヤモンドからオーラが出ます。エースも出てきます。
「見せてもらいましたわ。あなたの本当の気持ち。プリキュア5つの誓い! 一つ! プリキュアたるもの自分を信じて決して後悔しない!」
 ダイヤモンドは、エースがイーラを倒そうとした事が、自分の本当の気持ちを出させるための演技だったと気付き、礼を言います。
 その後、ダイヤモンドはグーラと対等以上に戦い、
「お行儀の悪い食いしん坊さん! このキュアダイヤモンドがあなたの頭を冷やしてあげる!」
と言います。3話以来ですね。「あなたの頭を冷やしてあげる!」というセリフ。
 その後、エースショットで、グーラを泡に閉じ込め、ダイヤモンドがダイヤモンドシャワーを放ちます。
 グーラは、頭だけ泡から出るようになり、ダイヤモンドシャワーをかき氷と思って飲み込みます。それでも構わず、技を放ち続け、どんどん飲み込ませます。
 全然効かなかったかのように思えますが、氷を食べ過ぎたために頭が痛くなりました。この痛さに耐えられず、グーラは撤退します。

 その夜、六花の両親が家に帰ってきてました。
「改めて言うのも照れくさいけど、私、夢ができたの。」
「夢って、医者じゃなかったっけ?」
「私の夢はお医者さん。ただ、今までとちょっと心構えが違うっていうか。」

 今回はこれで終了です。


次回、「バレちゃった!? キュアエースの弱点!」
 「プリキュア5つの誓い」のラストが明かされそうですね。
 あと、次回は8月に入っていますので、エンディングが変わりそうですね。
 だが、それよりも・・・、
日本の伝統美、来たぜ! イエイ!

 

 

 例年と違って、浴衣ではないですし、今作の浴衣姿はカットされそうな気がしますが、これはこれで良いでしょう。
 伝統美姿が出るのは、全話のうち2、3%ほどしかありませんが、私にとっては重要要素です! これがなければ、最後まで見る気にはなれません!
 という事で、次回は、酒を片手に伝統美姿を堪能します!


~ まとめ ~
 ラケルのカワイさを堪能しつつも(笑)、六花の成長が見られた回でした。

 Aパートでは、六花は、敵であるイーラを助けました。母が一家団欒よりも急患を助ける事を優先したところや、マナの誰かれ構わず愛を振り撒くところを、自分の行動に繋げた事で「いつも誰かに憧れているだけ」から抜け出せたのは良かったかな、と思います。前話までは、憧れを具体性に繋げるような描写が、これといってなかったですしね。
 それに、医者は患者を選べるような立場にはありません。患者が自分にとって気に入らない者だから助けない、となると、罪に問われます。そう考えれば、イーラを助けた事は、医者の夢に1歩近付けたのではないかと思います。
 とはいえ、今後、何かの壁にぶつかったり、他に何かやりたい事を見つけたりなどして、医者の夢を諦めるのかもしれません。たとえそうなったとしても、今回イーラを助けた事みたく、悔いなく選んだのであれば、それを支持します。24話感想でも述べましたが、プリキュア達には、後に起こりうるリスクをあれこれ考えるよりも、今に対して「悔いなき決断」を選び続けてほしい。それが私の願いです!
スポンサーサイト



コメント

ナイチンゲール六花

お久しぶりです。

久々に感想を書きますが、普段はスタッフの作風を踏まえて感想を書いていますが、見所が多すぎて長めになります。

今週のスタッフ
脚本:米村正二(スマイルシリーズ構成)×演出:田中裕太
7月の頃になると山場の回とは違う形で必ず名エピソードが生まれます。
キュアビートに覚醒したが、未だにマイナーランドに居た頃の自分が犯した過去の罪の重さに縛られていたエレンが、マモル親子との出会いを皮切りに迷いを振り切って、仲間として本格的に生まれ変わる姿を描いたスイート23話
ジョーカーによって苦く辛い敗北を喫し、死の危険に怯えながらもキャンディとの約束を果たす為にキャンディを助けにバッドエンド王国へ向かうみゆき達の決意を描いたスマイル22話
どちらも共通して『テーマに込めた人物の心理描写』を優先して描写する事が出来るこのお2方が担当してました。

今回は、医者になるのが本当に自分の夢なのかどうかを、落雷のショックで記憶喪失になったイーラを絡めて展開されました。
前回も論いましたが、六花はメンバーで一番重く生々しい悩みを抱える女です(当然体重じゃないです)。
今までの自分の行動が附和雷同に行動してることが多く、自分に主体性が見い出せずに悩んでました。
しかし今回はイーラを介抱したり、16話でレジーナに見せた真琴よろしく容赦なく攻撃しようとしたエースからイーラを庇うその姿から、彼女は何の見返りも見せずに困ったら助けるナイチンゲールの精神を持ち寄ってましたね。
敵と分かっても困ってる人を放っておけない姿は、やはりマナと一緒にいる間に身に付いた『無償の愛』が本当の気持ちだと思わされました。

因みに百人一首の設定を忘れる事無く絡んだ事と久々のダイヤモンドの個人名乗り(手で菱形になるアレ)を出したのは良い印象でしたね。
又戦闘においても後述しますが、ダイヤモンドが持ち前の頭脳でグーラを撃退し、単独でラブハートアローを出すバンクも出してくれるなど、ダイヤモンド好きには堪らない演出が続々と出てましたね。。

イーラも落雷で記憶喪失になるベタさを差し引いても、最後のシーンで葛藤が芽生えていたのがポイントですね。
あんまりに短い絡みでしたが、六花に接して貰っている間に芽生えた感情が、元に戻っても少し残っていましたからね。
吹き飛ばしたりはしましたけど直ぐに助けてしまったので、これは後の伏線になるのでは思いますね。
4話で思っていたのですが、もしかしたらイーラは六花の事が好きになった可能性が高いので、そこを視野に入れて今後を見届けましょう。

それにしてもエースには笑いましたね。
皆が六花の味方になってしまいぼっちになったら逃亡して、いざイーラが戻ったらドヤ顔で『試したのです』発言したのがww
まぁ本人は、今までも敢えて憎まれ役を買って出る覚悟でスパルタに鍛えてましたからね。
只それを別にしても、敵にかける言葉は少し物騒でしたね。
これが響やみゆきがこの場に居たら、マナ達以上に待ったをかけてたかもしれませんね。

作画監督:小松こずえ(映画スマイル総作画監督)
特に見所といえば、六花がイーラを介抱している際に口に含む姿を見て、シャルルとランスの唖然とした表情が見ものです。
また4話の時のように耳を触られて気持ちよくなったり、イーラに優しいと言われただけで、あの赤面するラケルの表情が可愛かったですね。
そのラケルも、イーラを介抱してたさいに彼女を信じてると言い切ったのは、流石はパートナー妖精って感じでしたね。
小松さんは割とキャラをこう魅せたいって感じが伝わるデザインが特徴ですね。

それとグーラ。
今回イーラが記憶喪失になって、そして戻る切っ掛けになった張本人でしたが、今回は兎に角滑稽。
技を食うのは兎も角、ダイヤモンドシャワーの食い過ぎでアイスクリーム頭痛を喰らうのが兎に角吹きました。
あれは頭脳派のダイヤモンドだから出来る芸当でしたね。

Re:ナイチンゲール六花

 横浜学園都市部さん、お久しぶりです!
 コメント、ありがとうございます!

>敵と分かっても困ってる人を放っておけない姿は、やはりマナと一緒にいる間に身に付いた『無償の愛』が本当の気持ちだと思わされました
 そうですね。これまで、マナが誰彼構わず愛を振りまくところに小言を言っていた事がよくありましたが、それが自分に回ってきても同じ事をする、というのは、やはりマナの事を認めてるんだな、と思いました。

>ダイヤモンド好きには堪らない演出が続々と出てましたね
 それだけに、最後の「またみてね」がハートだったのが残念なところ・・・。

>もしかしたらイーラは六花の事が好きになった可能性が高いので、そこを視野に入れて今後を見届けましょう
 「好きになった」というのはオーバーかもしれませんが、「気になる存在」になったのは確かでしょうね。
 イーラの記憶が戻った時の六花の笑顔が、今後の話でも良い方向に繋がるよう期待したいです。

>ラケルも、イーラを介抱してたさいに彼女を信じてると言い切ったのは、流石はパートナー妖精って感じでしたね
 そうですね。ラケルと同じく、男の子妖精&キャラクターカラー青の「ハートキャッチ」のコフレを思いました。
 コフレも、グータラなえりかに呆れながらも、やる時はやるえりかを認めているところもありました。あの関係性も良い物語を作っていたと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター