FC2ブログ

記事一覧

プリキュア新聞 2015年春号

 今月13日から、「プリキュア新聞 2015年春号」が発売されました。
 一昨年、昨年と、3月、10月に発売された「プリキュア新聞」の5号目です。今回も、近くのコンビニの新聞売り場を見て、買いました!
 

 今回は、現在上映中の「映画プリキュアオールスターズ・春のカーニバル♪」を中心とした内容となっています。
 いつものように、この新聞の内容について、感想を交えながら、紹介していきます。


2、3面:春のカーニバル♪全容
 「プリキュアのお父さん」こと、鷲尾天(たかし)プロデューサーと、劇場版「ハートキャッチ」以来の復帰となったギャルマト・ボグダンプロデューサーの談話です。
 鷲尾さんは、復帰した理由、今作「プリンセス」、プリキュアシリーズの未来などについて、ボグダンさんは、「春のカーニバル」に音楽要素を取り入れた事などについて、それぞれ語っています。
 ちなみに、ボグダンさんは、なんと、私と同じ、千葉大学出身! 1993年に留学生として入学されたそうで、私の先輩に当たります。
 ボグダンさんが千葉大出身である事は知っていましたが、ここで挙げてくれると、なんか嬉しいですね。今後、ボグダンさんが、プリキュアシリーズにどう関わっていくのか、大いに期待したいです。


4~9面:イマココカラをおどろう
 「春のカーニバル」の劇中には、主題歌である「イマココカラ」に乗せてプリキュア40人がダンスするシーンがあります。
 このダンスを振り付けたのは、真島茂樹さん。「マツケンサンバ」でおなじみのダンサーです。そんな真島さんが、どうダンスの振り付けを考えたかを語ります。
 真島さんが考えたダンスは、映画館の座席に座ったままでも踊れるとか。ノビノビ曲に乗って楽しく踊ってほしい。そんなマジー流が、ダンスには込められているようです。
 6~9面には、「イマココカラ」の踊り方が載っています。


10、11面:5都市でおどる子どもたち
 「春のカーニバル」のエンディングには、「イマココカラ」に合わせて、多くの女児達が踊るシーンがあります。
 その収録が、北海道、東京、名古屋、大阪、福岡の5都市で行われ、その時の写真が、ここには沢山載せられています。
 前号に載せられていた「我が家のプリキュア」のパワーアップバージョンみたいなものでしょう。沢山の子供達が頑張って踊ろうとしているところを見ると、癒されます。


12、13面:ぬりえ
 プリキュア新聞には、もはや恒例ですね。
 今回は、前作「ハピネスチャージ」までの主人公プリキュア9人と、今作のプリキュア3人の塗り絵です。小さいお子様がいらっしゃる方は、彼らに塗らせて楽しませてあげましょう!


14面:史上初の合同会見
 1月29日に東京国際フォーラムにて、「プリンセス」と「春のカーニバル」のテレビ、映画合同会見が行われました。その時の写真が載せられています。


15、16面:広告のページ
 「プリンセスパフューム」「プリキュアチョコ」などのグッズの広告。


17面:オリラジ声優に挑戦
 「オリラジ」というのは、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの事。
 オリラジの2人は、「春のカーニバル」にて、オリジナルキャラである、オドレンウタエンを声役を演じます! そんなお2人の談話が載せられています。
 左はオドレン、右はウタエン
 オドレンを演じるのは、「あっちゃん」こと中田敦彦。あごヒゲや細身なところはソックリで大笑いしました。(笑)
 ウタエンを演じるのは、藤森慎吾。こちらは本人に似てないですが、昨日、劇場を見た感じでは、藤森っぽさが出ていて、かなり良かったです。
 ちなみに、藤森といえば、田中みなみアナウンサーと熱愛中ですが、その事についても少し触れています。子供向けアニメの新聞でその話題を出されてもな・・・。週刊誌や「サンデージャポン」とかで触れて下さい。(笑 & 「サンデージャポン」とは、日曜朝10時にTBSで放映されている芸能情報番組です)

 さて、オリエンタルラジオといえば、お笑いが大ブームだった頃は、「武勇伝」ネタに大いに笑いました。「フレッシュ」のゲスト声優として出演した「オードリー」並みに注目していましたね。それだけに、劇場視聴前は、この2人がどう演じるのか超楽しみでした。

 で、昨日、劇場を見たところ、私の期待を超えた面白さを出していたと思います。っていうか、オドレン&ウタエンが「春のカーニバル」一番の見所なんじゃないか、と思ったくらいです。
 この新聞の4、5面下部には、「オドレン・ウタエン盗賊伝」という歌がありますが、これが出たシーンは、新作のお笑いネタを出したんじゃないかと思ったくらい面白かったです。
 ここよりも更に面白かったところもありましたが、そこは劇場版感想の時に語ろうかな、と思います。プリキュアを知らなくても、オリラジファンの方は、必見でしょうね。


18面:広告のページ
 「春のカーニバル」「プリンセス」の主題歌シングルなどの広告。ミュージカルショーの告知もあります。


19面:ハピネス声優さん
 前作「ハピネスチャージ」でプリキュアを演じた声優4人の座談会。「ハピネスチャージ」を1年間演じ終えてのやりがいを中心に語っています。



20、21面:Go!プリ声優さん
 今作のプリキュア声優である島村侑さん、浅野真澄さん、山村響(ひびく)さんの談話です。
 出演が決まった時の心境、それぞれが演じるキャラについて、今後の意気込みを語っています。また、美しくドレスアップした3人が大きく映し出されています。


22、23面:テレビ新作のヒミツ
 今作「プリンセス」のプロデューサー・柴田宏明さんが、制作陣が若返った事、学生寮が舞台になった事、メインキャラ3人についてなどを語っています。
 特に、オープニングで、「花を、海を、星を追ってどこまでも」と歌っているところに出てくる女の子(下の画像のキャラ)については、「終わりの方で何かブチかます」との事。
 私は、6月7月に追加キャラになると読んでいますが、もしかしたら、そうではないのかも? このキャラの登場はいつになるのか? 今後が楽しみですね。


24面:モー娘がうたう
 「春のカーニバル」の主題歌「イマココカラ」を歌うのは、「モーニング娘。’15」。エンディングを歌う事が決まった時の喜びなどを語っています。
 また、妖精をデザインしたメンバーも。どの妖精も可愛く、「春のカーニバル」にも出ています。さらに、デザインしたメンバーは、声の出演もあります。
 あと、「モーニング娘。’15」は「春のカーニバル」エンディングでは、実写ダンスを披露しています。これも、なかなか良かったと思います。

 それにしても、今の「モーニング娘。」メンバーは全然知らない・・・。15年くらいの前の方が割と知っていますね。
 とはいえ、全体的に若々しさが感じられて良いですね。メンバーの平均年齢は約16歳。AKBグループで最も若いグループであるHKT48の平均年齢もこのくらいですので、納得ですね。


抜き取り面:ビッグポスター&プリキュア大図鑑
 表面は、プリキュア40人のビッグサイズポスター。いつも通り4面分あります。

 裏面は「プリキュア大図鑑」。今作の登場キャラについて紹介されています。
 プリキュア3人については、1人1面紹介されています。好きな物、口癖など、色んな事が書かれています。
 そして、一番驚いたのは、誕生日が設定されている事!
 これは、もしかしたら、今後、「マックスハート」や「スプラッシュスター」のように、誕生日回があるのかも!? 期待が膨らみますね。
 ちなみに、3人の誕生日がいつなのかは、ネタバレが嫌な方が多そうな気がしますので、白字にしておきます。気になった方は、矢印の右側を反転してみて下さい。

 はるか → 4月10日
 みなみ → 7月20日
 きらら → 9月12日



 こんな感じでした。
 今回の値段は350円。前号より30円値上がりましたが、この情報量で350円は安いと思います。
 まだ買っていない方は、お早めに近くのコンビニなどに行って買ってみましょう!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター