FC2ブログ

記事一覧

Go!プリンセスプリキュア 第5話感想

 「Go!プリンセスプリキュア」第5話「3人でGO! 私たちプリンセスプリキュア!」の感想です。


~ オープニング前 ~

 バレエのレッスンに取り組む、はるかとみなみ。
 アロマは、前回、きららがプリンセスプリキュアの仲間に入らず、プリンセスパフュームとドレスアップキーを返した事に怒っていました。
 みなみは、あの仕事の忙しさと学業をこなしているのであれば、仕方ないと思っていますが、はるかは、プリキュアになったきららは素敵だったし、大きな夢も持っていてすごいと感じていて、きららの仲間入りを諦めていませんでした。


 今回は、オープニングの主題歌紹介の部分の画像に、きららが追加されました。
 前話   今回
 次回は、「オールスターズ・春のカーニバル」上映開始日まで1週間を切りますので、劇場告知バージョンになりそうですね。


~ Aパート ~
 その後、はるかはきららに会いに来ました。
 きららは、自分にプリキュアになってほしい事を察していましたが、トップモデルになる事に全力をかけている以上、プリキュアをやっている暇はない、と気持ちは変わりません。
 ガッカリするはるかに、きららは、自分のスケジュールを体験してみないか、と言います。

 その放課後、きららは駆け足で校舎を出て、はるかは何とか追いかけます。
 少しして、きららははるかに、今日のスケジュールを確認させます。レッスンにスポーツジム、雑誌の撮影が3本、その後はインタビュー、夕方からはファッションショーのオーディションと、ハードスケジュールです。きららが学校を出てから急いでいるのは、そのためです。

 という事で、まずは、モデルのレッスン。
 はるかもやってみますが、ぎこちなくなります。

 次は、雑誌の撮影。
 
 自分で、どのポーズが良かったか選んだりもします。自分ではなく、衣装が可愛く見えなければダメだと、厳しく選定します。

 最初の撮影は終わりましたが、もう、次のスタジオに行かなければならず、スポーツジムに行く時間はありません。ジムに行くのは諦めて、次のスタジオまで走って向かいます。
 その後も、きららはハードスケジュールをこなしていき、はるかもついていきます。
 

 

 

 あまりの忙しさにバテバテのはるか。そんなはるかに、きららは、マーブルドーナツを差し出します。

 その後、2人はドーナツを食べます。
 はるかは、こんなハードスケジュールをこなす、きららのすごさを認めます。
 その直後、きららは、前回聞きそびれた、はるかの夢を聞き、はるかは、プリンセスだと答えます。
 プリンセスプリキュアになっているため、もうプリンセスになっていると、きららは言いますが、2話でアロマが言っていたように、それだけではまだまだだと、はるかは言います。
「ふーん。あたしもまだ届かないかな・・・。」
 はるかは、きららの目線の先にある、女性に目が行きます。
 彼女は、トップモデルのステラ。きららの母親でもあります。
「ママはね、キラキラ輝く、あたしのお星様。」
「ママの仕事を知った時、あたしの夢もモデルになった。それで、事務所に申し込んだら、受かっちゃってさ。ノーブル学園に入ったのも、ママの母校だからなんだよね。」

 
 この後に控えているオーディションの審査員であるボロロ・ボアンヌのファッションショーに、きららの母も出た事があり、それだけに、きららも、この後のオーディションに気合いが入っています。
 そして、きららとはるかは、オーディション会場へと向かいます。

 その後、オーディションが行われます。
 ボロロ・ボアンヌ
 きららよりも先に、何人かが先に自分のキラキラした姿を披露しますが、誰もボアンヌに認められません。
 少しして、きららの番を迎えます。
 
 しかし、これも、Noを突き付けられ、何かが足りないと言われます。

 その後、オーディション出場者達は、何が足りないのかを模索します。
 そんな中、はるかは、きららを、プリキュアになった姿と重ね、2人は、星の飾りを見つけます。

 そして、再度、披露。
 
繋ぎ編集して、全身を映す技量がなかったですので、分割して挙げました。全身姿を見たかった方、すいません・・・。

 この姿に、ボアンヌは好評と受け取りました。

 ようやく、この日のスケジュールが終わりました。
 きららは、はるかのおかげで、120%の力が出せたので、プリキュアにはなれないけど、何かお礼をしたい、と言います。
「本当はね、今でも、すっごく仲間になってほしい! でも、分かったよ。夢にすべてを捧げる天ノ川さんの気持ちが。だから、色々ジャマしちゃって、ごめんなさい! 私も、真のプリンセス目指して、頑張る! 天ノ川さんは、天ノ川さんの夢をつかんで。私、応援してるから!」
 門限が近いですので、2人は急いで寮に帰ります。


 今回のアイキャッチのパフ



~ Bパート ~
 それから後日、きららは、オーディションの結果が待ち遠しいせいか、落ち着きません。

 ある日、きららは、みなみとすれ違います。
「はるはるって、変な子だよね。プリキュアにならないって言ったのに、あんな笑顔で、分かったってさ。クラスのみんなは、ああじゃなかったよ。あんな子、初めて。こっちの調子がおかしくなっちゃう。何なの、本当・・・。」
 そんなきららを、みなみは笑います。
「ごめんなさい。でも、その気持ち、分かる気がするわ。確かに、あの子は変わってるわね。」
「みなみんもね。『海藤みなみ』だから、みなみん、でしょ?」

 同じ頃、クローズは、何とかしてプリキュアをやっつけなければ、と考え、近くにいた、男子学生に目をつけます。そして、その学生を絶望の檻に閉じ込め、ゼツボーグを召喚します。
 ゼツボーグが現れた事を知った、はるかとみなみは現場に行き、プリキュアに変身します。

 その頃、きららは、寮母の白金から、電話が来た事を知ります。
 相手は、ボアンヌ。オーディションに合格した事を告げます。
 その直後、きららは、急いで校舎を出て、どこかに向かいます。

 フローラとマーメイドはゼツボーグと戦っていますが、ゼツボーグが書いた字を実体化させて攻撃、防御に活用してくるため、なかなか近付けません。
 2人は力を合わせて、ゼツボーグ本体に攻撃できましたが、反撃されてしまいます。
 その後も、健闘はするものの、ダメージがかさんでいき、追い込まれます。

 そんな時、きららが、アロマとパフの前にやって来ました。
 きららは、プリンセスパフュームとドレスアップキーを渡してほしいと言います。ですが、アロマは、プリキュアにならないと言っていたきららに渡す気はありません。
「あたしはトップモデルになる。その夢は変わらない。変わらないけど、同じくらい大切なものができたの!だから・・・、あたしはプリキュアになる!」
 そして、きららは、プリキュアに変身します。

 さて、今話を見た読者の方は、気付いたでしょうか? 今回のきららの変身シーン、前話と比べると、ある部分が変わっていた事に。
 どこが違っていたかは、まとめ部分にて後述します。今回のきららの成長を象徴していると思いましたので、まとめ部分で述べた方が、都合がいいでしょう。
 
 
 キュアトゥインクルに変身直後、ゼツボーグに強烈な一撃を与えます。
「キュアトゥインクル、・・・で合ってるよね?」
 その後、3人は力を合わせて、ゼツボーグと戦い、追い詰めます。
 最後は、トゥインクルが、モードエレガントにチェンジし、トゥインクルハミングでゼツボーグを浄化します。

 それでも、クローズは立ち向かおうとしますが、ディスピアの声が聞こえてきます。ディスピアに退くよう言われたクローズは撤退します。
 その後、トゥインクルは、絶望の檻に閉じ込められた男子学生を救出します。

 それからしばらくして、辺りは夕方になっていました。
「受かった。オーディション、受かった。なんか、はるはるに言いたくなちゃったんだよね。どうしたの? 応援してくれるんでしょ? だったら、一緒に喜んでよ。」
 その直後、はるかは、きららを祝福し、抱き付きます。
 
「プリキュアさ、これからも手伝っていいよ。」
「本当!? で、でも、お仕事が・・・。」
「あたしの100%を、200%にすればいいだけだよ。はるはるとなら、簡単に120%に行けたんだし、楽勝だって!」
「そんな訳で、よろしく! はるはる、みなみん。」

「よろしく頼むわね。」
 はるかは、きららがみなみを「みなみん」と呼んでいる事に驚きます。
 あまりの親しさに、はるかは、みなみを「みなみさん」と呼ぶ事に。みなみも、はるかを「はるか」と呼ぶ事になりました。
「きららちゃん! これからよろしくね!」
「うん!」

 

 今回は、これで終了です。


次回:「レッスンスタート! めざせグランプリンセス!
 きららが仲間になり、3人のプリンセスプリキュアが揃いました。
 次のステップは、究極のプリンセス「グランプリンセス」になる事。そこで、アロマは、はるか達に、「プリンセスレッスンパッド」を渡します。
 レッスンパッドを使うと、「ミス・シャムール」が現れます。
 彼女は、プリンセスのたしなみを指導するとの事。はるか達は、どんなレッスンをする事になるのか!?
 また、ディスダークからは、新幹部が出撃しそうですね。



【まとめ】
 きららが、はるか達の仲間に加わり、プリンセスプリキュアが3人揃いました。

 きららが仲間入りしたのは、前話感想の予想通り、はるかとの友情が決め手でした。
 「予想通り」と言っても、この展開がベストだったと思います。このアニメは、友情の尊さを説くものであり、それを強みに10年以上もシリーズを続けている訳ですしね。

 前話では、きららは、自分の夢を追いかけるあまり、自分本位になり過ぎていましたが、今回は、友達を持った事で、他人付き合いの大切さを考えるようになったのが、大きな変化でしょうね。
 前話、今回と、はるかは、きららの夢を高く評価したり、きららのハードスケジュールに付き合ったりしました。
 きららは、今までそんな子はいなかった、と言っていただけに、はるかがあそこまで親身に付き合ってくれた事は、すごく嬉しかったでしょう。それが、オーディションに合格した嬉しさを分かち合おう、とはるかの元へと急いでいった事や、プリキュアとして戦っているはるかを助けたいと思った事に繋がった訳ですね。きららは、本当に良い友達に巡り会えたと思います。

 ついでに言うと、変身シーンの表情にも繋がっていたと思いますね。
 という事で、Bパート感想部分で後回しにした、前話と今回のきららの変身シーンの違いについて述べます。実は、今回のきららの変身シーン、ドレスアップキーをプリンセスパフュームに差し込む前の表情が、前話と違うんですよね。
前話   今回
 前回のは、少しムッした表情に見えますが、今回のは、微笑んでいる感じですよね。
 他にも、右腕の上がり具合とか、右手人差し指の指先の位置など、違いは多々ありますが、表情変化が一番のポイントだと思います。
 皆さん、気付いてましたか? たかが変身シーンと思って見飛ばしていたら、大損でしょうね。
 前話は、プリキュアになる事に、とりあえず感しかなかったのに対し、今話は、友達と一緒に頑張りたい、という思いが笑顔にさせたのでしょう。もしかしたら、今話の表情が普通で、前回のは意図的にああいうものにしたのかもしれませんが、この部分を変化させたスタッフ様達は、本当に素晴らしい仕事をしたと思います。

 元々、夢への情熱がかなり高かったきららですが、友達を持てた事で、その意気込みが更に高まっていきました。そんなきららが、今後、色んな人と会って、自分の夢にどれだけ近付けるか、期待ですね。

 さて、今回で、プリンセスプリキュアが3人揃っただけでなく、3人とも、下の名前で呼び合うようになりました。
 親密度がグッと高まって、良いですよね。今作が始まって、昨日でちょうど1か月となりましたが、今回で、今作「Go!プリンセスプリキュア」の真のスタートを迎えたと言ってもいいでしょう。
 プリキュアとして、どう力を合わせてディスダークに立ち向うのか、そして、自分の夢などに向かってどう頑張っていくのか、これまで以上に熱を上げて、注目していきたいと思います!
スポンサーサイト



コメント

Unknown

きららは当初2人(はるかとみなみ)をあまり歓迎しておらずハピプリで初期のいおながひめを嫌っていたのと同じような状況になるのでは・・・と心配でしたが思ったより早く仲間になり一件落着です。3人が出揃ったことで本格的なGOプリのスタートということでこれからの3人の活躍が楽しみです。
3人が出揃うのは前作でも11話、4人体制となったのは24話とかなり遅かったのですが5話で揃うのは速いものです。

さて、最近はGOプリの他、アイドルマスター、プリパラ、ミルキィホームズ、スーパー戦隊も見ています。これらもプリキュア程ではないがなかなか面白くアイマスやプリパラは可愛らしい人物も多くプリキュアとはまた別の面白さがあります。

Re:Unknown

 225765さん、どうもです!
 今回も、コメント、ありがとうございます!

>きららは当初2人(はるかとみなみ)をあまり歓迎しておらずハピプリで初期のいおながひめを嫌っていたのと同じような状況になるのでは・・・と心配でしたが思ったより早く仲間になり一件落着です
 2人をあまり歓迎してない、と言っても、決して嫌っていた訳ではなく、自分の夢に全力を注ぎたかっただけですので、仲間入りのハードルは、そこまで高くはなかったでしょう。変に仲間入りを長引かせると、「春のカーニバル」にも影響が出ますので、仲間になるタイミングは今回がちょうど良かったんじゃないかと思います。


>3人が出揃うのは前作でも11話、4人体制となったのは24話とかなり遅かったのですが5話で揃うのは速いものです
 しかし、過去作と比べると、そんなに早くないんですよね。第1話開始前に変身前の姿が3人以上分かっている作品は、今作以外にも「プリキュア5」「フレッシュ」「スマイル」「ドキドキ」がありますが、いずれも、第4話までに仲間が3人になった事を考えると、きららの仲間入りは遅かったと思います。
 ですが、これはこれで良かったと思います。きららの魅力が存分に伝わりましたしね。これから3人がどんな友情を築いていくのか、すごく楽しみです。


>アイマスやプリパラは可愛らしい人物も多くプリキュアとはまた別の面白さがあります
 どちらも、女の子が頑張る姿や、友情の大切さを中心的に描いているのが良いですよね。キャラの可愛さに癒されるだけでなく、深く考えさせられるところもありますので、どちらも面白いと思います。
 アイマスについては、現在放送中の「シンデレラガールズ」はまったく知りませんが、プリパラは毎回見ており、このブログには、その感想も載せています。興味がございましたら、そちらも覗いてみて下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター