FC2ブログ

記事一覧

プリパラ 第17話感想

 「プリパラ」第17話「恐怖のハロウィン! ジャック・OH! 蘭たん!?」の感想です。


~ オープニング前 ~
 ある夜、らぁらに忍び寄る黒い影。
 が、これはお化けではなく、妹ののん。
 のんは、らぁらに怖がらせ方を教えていました。とはいえ、らぁらは怖がってばかりで分かってはいなさそうですが。



~ Aパート ~
 今日はハロウィン。校長も魔女のコスプレで盛り上がっていました。
 
 それでも、プリチケ狩りに没頭するのは変わりませんが。
まったく、これさえなけりゃ、子供達に大人気の校長になれるのに、もったいないなあ。

 プリパラでもハロウィンをやるそうで、アトラクションも色々作られるそうです。
 らぁらは、お化け屋敷のお化け当番になりました。しかし、らぁらは怖がりなので、自信がありません。そのため、オープニング前では、のんから怖がらせ方を教わりましたが、本当のお化けが出たらどうしようと怖がります。
 そんならぁらに、みれぃは違反チケットを貼り付けます。
 違反したのは、校則31条「生徒は非科学的な事を言ってはならない」。これで、通算199枚目ですので、ゴールデンチケットにリーチとなりました。みれぃは去る際に、ハロウィンが分からない視聴者達に、ハロウィンの説明をします。

 何だよ、まだ200枚じゃないのかよ。もったいぶらせやがって。せっかくシャンパン用意して待ってたのに。(笑)

 プリパラはハロウィン仕様に。ホログラム映像で演出できるそうです。
 
 らぁら達も仮装して、ハロウィンを楽しみます。
 
 クマはエンジェルの仮装です。パンダにするかエンジェルにするか迷ったとの事。パンダにしていたら、白と黒がまるで囲碁のようだとシオンに気に入られる、と思ってやめたそうです。
 

 ねーよ。めが兄ぃならともかく、ライバルチームのマネージャーには振り向きもしないだろ。とりあえず、私的には、くまモンのコスをするのが無難だったと思いますね。クマだけに。(笑)
 その直後、らぁら達は前方にいる女の子の仮装に感心しますが、その女の子は姿を消してしまい、らぁらはお化けが出たと怖がります。段差で転んだとかいうオチじゃないのか、これ?

 気を取り直して、らぁら達はハロウィンを楽しみます。カボチャのアイス、カボチャのパイ、カボチャの煮物を美味しく味わいます。
 そふぃは3連続アップで存在感をアピールするとか、サービス精神をよく理解してますねー。とりあえず、親衛隊は、このシーンを10本はダビングしておいた方が良いでしょう。(笑)

 少しして、らぁらは、コウモリの風船をバックに写真を撮ります。その直後。ある女の子が現れます。
 この女の子は、しきりに、らぁらの動きや言葉をマネします。また、「プリズムボイス」という言葉を口にします。
 なかなか会話が成り立たない中、マネージャーと思われるマスコットが女の子を呼びに来ました。
 女の子の名前は「ファルル」。マスコットの名前は「ユニコン」。ユニコンはファルルを連れ出し、らぁらと別れます。

 らぁらはファルルを不思議な子だと感じます。
 その直後、クマがらぁらを呼びに来ました。らぁらはクマに、プリズムボイスについて聞きます。簡単に言えば、とっても素敵でナイスな伝説の歌声との事。
 また、クマは、ファルルについて聞いた事があるようですが、よく覚えてはいません。とりあえず、らぁらは、お化け屋敷でお化け役をしに行きます。

 お化け屋敷では、オオカミ役のめが兄ぃが栄子達を怖がらせて、いや、ときめかせていました。

 もはや、お化け屋敷じゃねーだろ、これ。(笑)
 みれぃ、そふぃもお化け屋敷の中にいましたが、まったく怖がらず。クマは、アイドルとして、怖くなくても、怖がって可愛げのあるところを見せるよう言い、みれぃ、そふぃはアピールします。
 そうそう、みれぃはこういうところで、あざとさをアピールして株を上げなきゃ(笑)。ついでに、棒読みのそふぃが可愛くて悶えます。(笑)
 屋敷の中には、愛も。また、ちゃん子もお化け役なのか、この屋敷にいました。
 
 えーと・・・? ここって、お化け屋敷じゃなくて、何かのお笑い劇場ですかね?(笑)

 その頃、らぁらも何とか怖がらせようと奮って出るも、「お務めご苦労様」と言われる始末。上手くいきません。
 そんな中、さっき消えた女の子が怖がらせようとしていましたが、可愛いと褒められていました。
 またしても、女の子は消えてしまい、らぁらはお化けだと怖がります。



~ Bパート ~
 と言っても、本当に消えたのではなく、転んで見えなくなっただけでした。
 この子も、このお化け屋敷のお化け役で、名前は「」。「蘭たん」と呼んでほしいと言います。
 らぁらが、何で笑わせようとしたのかを聞くと、蘭はショックを受けて、怖がらせようとしてた、と答えます。この格好が良くない、と思った蘭は、どう思うか、聞きます。

 すごく・・・、可愛いです・・・。ここは正直に、こう答えなきゃ、人間失格ですよねー。(笑)
 らぁらは返答に困るものの、衣装はすべて自分で作ったと聞いて、すごいとほめます。でも、蘭は、怖がってくれずに、笑われている事に落ち込みます。褒められている事には変わりないんでしょうけどねえ。
 蘭は、ホラーが好きで、特殊メイクの勉強もしているようで、もっと沢山の人を怖がらせる、立派なお化けになりたいと思っています。そうしたら、天国に行けると言います。
「お化けの天国、それは・・・、恐怖の都、ホリウッドにゃ!」
 ・・・。あー、なんか、ツッこむのが面倒だ。まあ、どこかしらの感想ブログでは、ツッこんでるでしょう、きっと。(笑)
 蘭は、悲鳴を聞くとゾクゾクする、と言います。らぁらもステージに立って、ファンから歓声を浴びればゾクゾクするのと同じだと、蘭が言うと、らぁらは納得します。
 だけど、蘭は、全然怖がらせられないため、落ち込みます。メイクの出来が悪いからだと考えていますが、らぁらは、そんな事ない、と言います。熟考の末、

「蘭たん、怖がらせるのに向いてないんだと思うよ。だって・・・、可愛いもん!」
と言い、蘭は驚きます。
 ですよねー。さっきからずっと「ああ、もう、可愛くて困るな」しか、言葉が出てきませんし。これは、保存用、観賞用、布教用に最低10枚は画像を保存しておかなきゃな、とまで思っています。(お前は悪い意味で怖がられそうだな(笑))
 人を怖がらせるのが向いていない、と言われて落ち込む蘭。そんな蘭に、らぁらは、自分を怖いお化けにして、蘭の仮装がすごくよく出来ている事を証明する、と言います。

 少しして、Dressing Pafeの3人とウサギがお化け屋敷にいました。
 怖がりなウサギに対し、まったく動じないシオン。ドロシーはレオナに、怖かったら後ろに隠れるよう言います。

「レオナは、ボクがいないとダメなんだから、ゆ、勇気を出して、テンションマーックス!」「リラックス♪」
 ハイハイ、これは、ドロシーが怖がりってパターンですね、分かります。(笑)
 らぁらと蘭は協力して頑張ろうと意気込みます。まずは、影絵で怖がらせます。
 次は、コンニャク。ドロシーはますます怖がるものの、シオンは泰然自若。
 
 最後は、懐中電灯を自分に当てて、怖がらせます。
 気絶するウサギとドロシー。レオナは、
「ドロシーが気絶するなら、私も」と気絶したフリをします。シオンはドロシー達を連れ出します。
 

 ああ、もう、可愛くて困るなあ。この言葉を、この回だけで何回発しただろうか(笑)。私的には、「幽体離脱~」もやってくれると、更に嬉しかったですね。双子ですし。(笑)

 怖がらせる事に成功して喜ぶらぁらと蘭。蘭は、怖がらせる事に自信がつき、勇気をもらったと言います。
 
 そう喜んでいると、次の客が。さっきのようにして怖がらせますが、来たのは、みれぃ、そふぃ、クマ。ライブが近付いているので、呼びに来ました。

 という事で、ライブにエントリー。
 今回のコーデは、蘭が考えたデザインスケッチを元にしたもの。らぁらは「まじょっこピンキーハロウィンコーデ」、みれぃは「まじょっこファンキーハロウィンコーデ」、そふぃは「まじょっこトリッキーハロウィンコーデ」。

 
 曲は「Pretty Prism Paradise!!!」。メイキングドラマは「トリトリ! ハロウィンパーティー!」。

 今回もライブは大成功でした。らぁらと蘭は、トモチケを交換します。
 蘭はホリウッドに言ってくると言い、らぁらに感謝して別れます。が、またしても、途中で消えてしまい、らぁらは、蘭は本当のお化けだったんじゃないかと怖がります。
 と言っても、段差で転んだだけ。蘭は、明日の学校のためにそろそろ帰らなくちゃ、と言って、プリパラを出ます。

 その夜、らぁらはまだ怖がっていて、のんと一緒に寝る事に。のんが怖がらせると、さらに、怖がります。


 今回は、これで終了です。


次回:「レオナ、全力ダッシュなの!
 パプリカ学園に転校してきた、ドロシーとレオナ。
 ドロシーはますます、打倒SoLaMi SMILEに励むものの、レオナは「ドロシーがそう言うなら」と、曖昧です。本心はどうなのか? また、シオンはレオナに、メイキングドラマで気持ちを伝えるよう言いますが、どうなるのか?


【まとめ】
 タイトルには「恐怖のハロウィン」とあるものの、実際は、多くのキャラの可愛さに悶えまくって「幸せのハロウィン」でした。(笑)

 そんな訳で、今回は、真面目に考察する事があまりないですね。
 あるとすれば、蘭1人では、誰も怖がらせられなかったのが、らぁらと力を合わせればできた、というところですかね。「誰かと協力して頑張る事の大切さ」が今回のテーマだったかな、と思います。

 また、14話でオープニングが変わった時に気になったマスコット・ユニコンが本編初登場となり、ファルルの名前が明かされました。
 やはり、ユニコンはファルルのマネージャーっぽいですね。むしろ、声役が大谷育江さんである事に驚きました。可愛い声を演じる事に定評ある大御所ですし。
 ファルルについては、どうも人間ではなく、アンドロイドっぽい? 誰かのライブを見ると、完璧にそれを真似る能力とかあるのだろうか? ステージに立った時は、どんな実力を見せるのか、楽しみです。



 今回の感想は、これで以上です。ここからは、次回18話の感想についてです。
 次回の感想は、放映日当日に感想を書く余裕がありませんので、何日か遅れて投稿します
 翌日の来月2日(日)も感想は書けませんが、この日はプリキュア放送がお休みですので、プリキュア感想も休みになります。そのため、翌日に感想を書く余裕ができますので、来月3日(月)に投稿したいと思います
 放映日当日の感想を心待ちにしている方には、本当に申し訳ございませんが、来月3日までお待ち下さい。よろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスカウンター