FC2ブログ

記事一覧

プリキュア10周年公式アニバーサリーブック

 10日くらい前から、「プリキュア10周年公式アニバーサリーブック」が発売され、私も買って読んでみました!

 3年前には、「プリキュアぴあ」というのが出ましたが、それの2014年バージョンといった感じです。

 では、この本の構成について、感想を交えながら、紹介していきましょう。


2、3ページ:イントロダクション


4~7ページ:「オールスターズ・ニューステージ3」
 「ニューステージ3」のストーリーについて簡単に紹介しています。


8、9ページ:「ハピネスチャージプリキュア!」
 現作「ハピネスチャージ」のストーリーについて簡単に紹介。


10~45ページ:プリキュア紹介
 「ニューステージ3」に出てくるプリキュア全36人を紹介。キュアビューティは「ビューティー」に間違えられています。(笑)
 声優さんのコメントも載せてあります。「プリキュアぴあ」では、1人2ページ分の紹介でしたが、今回は1人1ページ分です。


46~73ページ:テレビ&映画シリーズ プレイバック
 前作「ドキドキ」までのテレビシリーズ全10作と、プリキュア映画全16作の紹介。
 テレビシリーズの紹介では、ストーリー、全話リスト、妖精達の紹介が載せてあります。
 映画の紹介では、ストーリーを100字以内で解説。「ニューステージ1」でプリキュアになったキュアエコーの紹介もここにあります。


74~83ページ:アニメーター座談会
 「オールスターズ」シリーズの作画監督である青山充さんを中心に、志田直俊さん新谷直大さん森宗弘樹さんの4人が対談。プリキュアの裏話、アニメーターについてなど、色んな事を語って盛り上がります。


84~87ページ:CGヒストリー
 最近の「プリキュア」シリーズでは、エンディングを中心に色んな場面で、当たり前の使われているCG。その技術と進歩を振り返ります。


88~91ページ:おもちゃコレクション
 現作「ハピネスチャージ」までの全11作品の変身アイテムとパワーアップアイテムのおもちゃを紹介。「ああ、あったね、こんなの」と、視聴当時が懐かしく感じますね。


92~95ページ:コスチュームショー
 日本各地で行われるイベントやミュージカルショーでは、プリキュアの着ぐるみを目にするでしょう。その着ぐるみが、ここで紹介されています。


96~143ページ:テレビ&映画シリーズ スタッフコメント
 これが、この本のメインでしょう。
 テレビ&映画シリーズのオープニングやエンディングに名を連ねるスタッフ様達。そんな彼らが「プリキュア」シリーズ10周年を記念し、お祝いのコメントを残しました!
 文章のみでコメントを残した方もいれば、イラストを描いた方もいて、コメントの形は様々。この本に載せられているコメントは、なんと、140人分以上にもなりました!

 以下、私が印象に残ったコメントベスト10を挙げていきます。イラストで選んでいるのもあれば、人で選んでいるのもあり、選定基準は安定していません。(笑)

1. 
 これを描いたのは、上北ふたごさん。「なかよし」でプリキュア漫画を描いている方ですね。
 「なかよし」は、買った事がないのですが、ネットに出回っている画像を見ると、この人の描く百合度は、すごいですよね。たいてい、悶絶してます。(笑)
 ちなみに、私がプリキュアにハマったのは、この方の描いたコミックスも大きく影響してます。8年くらい前に「マックスハート」映画2作目のコミックスを適当に立ち読みしたら、あまりの百合度にドキドキが止まらず、気付いたらドップリハマっていました。(笑)

2. 
 これは、左のサインにある通り、稲上晃さんのコメント。「ふたりはプリキュア」全3作のキャラデザ担当の方です。原点作品ですので、当然選びました。

3. 
 右下にもある通り、香川久さんのコメント。「フレッシュ」のキャラデザ担当の方です。
 せつなはイースにしているところがポイントですね。キュアパッションに転生した事で、イースは死んだものとして扱われていますが、イースとしての人生がなければ、プリキュアにはなれなかったと思いますので、そういう思い入れみたいなものがあって、イースを描いたのかもしれませんね。

4. 
 これを描いたのは、「スイート」と「ドキドキ」のキャラデザを担当した高橋晃さん
 プリキュア9人だけでなく、レジーナも一緒です! 小学生プリキュアもいるものの、こう見ると、「スイート」と「ドキドキ」の子達って総じて美人揃いなんだな、と感じます。

5. 
 右下にもある通り、成田良美さんのコメント。プリキュアファンで、この方を知らない人はいないでしょう。1作目から10年以上も渡り、脚本を担当されている方ですね。
 重いストーリーを出してくる事も結構ありますが、たくさんの感動をもらっているのも事実です。もはや、この方が引退すればプリキュアシリーズ終了、といっても過言ではないでしょう。そんなあなたを「プリキュアの生き字引」と言わずして何と言う!(笑)

6. 
 これは「ハートキャッチ」のザコ敵であるスナッキー。描いたのは、河野宏之さん
 1作目から作画監督ローテーション入りされている方で、プリキュアファンなら、誰もがご存知でしょう。個性的な作画で定評のある方です。(笑)
 プリキュア達の作画については、クセのある作画のせいで、シリアスな場面でも笑いを込み上げさせるのが多いですが、幼女や妖精の作画は結構上手いんですよね。でも、個性的な作画も「プリキュア」を面白くさせている要素だと思いますので、これからも頑張ってほしいです。

7. 
 こちらは、青山充さん
 「オールスターズ」シリーズの作画監督を務め、テレビシリーズでも1話分の原画を1人で担当されており、もはや神の領域に入ってると思います。ですので、当然のベスト10入りです。

8. 
 何だ・・・。この、つい襲いたくなってしまうようなマナの寝姿は・・・。六花、ありす、真琴、亜久里、レジーナがこのマナを見たら、どんな行動に移すのか見てみたいですね。(笑)
 これを描いたのは上野ケンさん。「ハートキャッチ」と「ドキドキ」映画で作画監督を務めた方です。

9. 
 このコメントを残したのは、五條真由美さん。「マックスハート」2年間のオープニングとエンディング、「スプラッシュスター」のエンディングの歌手です。
 「プリキュア」シリーズのオープニング&エンディングで、私が一番好きなのは「スプラッシュスター」の「笑うが勝ちでGO!」。という事で、五條さんのコメントをベスト10に入れました。

10. 
 右下にもある通り、工藤真由さんのコメント。「プリキュア5」の2年間と「スイート」のオープニング、「ハートキャッチ」のエンディングの歌手です。
 工藤さんの歌は、カッコよく、ノリのいいものが多いな、と私は感じています。
 「スイート」では、フェアリートーンの声役も務めました。いつか、宮本佳那子さんみたく、プリキュアの声役もやってほしいな、と期待しています。

 
特別付録:プリキュアオールスターズ36ポストカード
 サイズは、一般郵便はがきと同じ。表面は上のような感じで、裏面はポストカードになっています。これがプリキュア36人分あります。


 こちらは裏表紙。変身前のプリキュア35人と妖精達が全員集合!
 この中には、あゆみも! 左上の方にいます。上の画像では見にくいと思いますので、拡大してみましょう。
咲に抱きつかれて嬉しそうな舞が近くにいましたので、ついでに入れちゃいましたー。(笑)

 もちろん、グレルとエンエン、「ニューステージ3」の妖精ユメタもいます。


 こんな感じでした。プリキュアファンなら、ぜひ買っておきたい1冊ですね。
 ちなみに、お値段は税込み1,050円でした。来月は消費増税となり、税込み1,080円となるため、30円値上がります。
 ですので、早めに買っておいた方が良いでしょう。たかが30円、されど30円。1円を笑う者は1円で泣きます。プリキュアファン必携のこの本、買うならいつ? 今でしょ!(笑)
 もう古いですよね、このネタ(笑)。まだ買ってない方は、お早めに、お近くのコンビニや書店で購入し、感動を味わって下さい!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスカウンター