FC2ブログ

記事一覧

ヒーリングっど♡プリキュア 第44話感想

HEALING44.png

 今話の名セリフ:「だから私は、戦い続ける・・・。今までと同じ、ううん、今まで以上に戦い続ける・・・。」(花寺のどか)

 「ヒーリングっど♡プリキュア」第44話「みんなでお手当て!! すこやかな未来のために」の感想です。


~ オープニング前 ~
 前話の続きです。
 ネオキングビョーゲンの動きや蝕みの広がりを抑えるために、テアティーヌは他のヒーリングアニマル達と一緒に結界を広げていましたが、その力も限界を迎えようとしてました。
 その時、結界の外からグレース達がやって来ました。そして、再び、ネオキングビョーゲンに立ち向かいます。


~ Aパート ~
 グレース、フォンテーヌ、スパークルの攻撃は、変わらずネオキングビョーゲンに通用しないものの、アースの攻撃はバリアに弾かれませんでした。
 ビョーゲンズの力はビョーゲンズを吸収する。シンドイーネを取り込んでビョーゲンズの力を乗せればネオキングビョーゲンのバリアを通せるという考えが奏功しました。

 その後、グレース、フォンテーヌ、スパークルの3人がネオキングビョーゲンの攻撃を抑えつつ、アースが力を込めて攻撃。ネオキングビョーゲンのバリアを崩す事ができました。
 このまま一気にいきたいところですが、わずかに遅かったと言うネオキングビョーゲン。ネオキングビョーゲンが力を込めると、結界が破壊されてしまいました。
 そして、プリキュア達やテアティーヌを自身に取り込み、一気に地球を蝕みました。



~ Bパート ~
 少しして、のどかが目を覚めました。ラビリンやちゆ達も近くにいますが、気を失っています。
「絶望するような事でもなかろう。人間とて我らと変わらぬ。いや、地球上の生物のすべて、万物が同じだ。」
   
「いずれかの生命がはびこれば、別の生命が絶滅へと追いやられる。この世界は、そのようにできているのだ。」
    
「生きるという事は、戦う事。戦いに勝った者だけが、生きる事を許される。その勝者が我一人であったというだけだ。」
    
    
   
    

「生きる事は戦う事・・・。そうだね・・・。私もそう思う・・・。」
「のどか・・・。」
    
「私は、病気と戦ったから、今、元気でいられる・・・。」
   
    
    
    
「ちゆちゃんは、未来の目標に向かって、ずっと戦ってて・・・。だから、毎日が充実してて・・・。」
   
    
   
   
「ひなたちゃんは、自分の嫌いなところと戦いながら、いつも笑顔で、どんどん強くなって・・・。」
    
    
   
   
「アスミちゃんは、戦いの中で生まれて、今もずっと、大好きなラテのために戦い続けて・・・。」
    
    
   
   
「ラビリンもペギタンもニャトランもラテも、故郷を離れて、地球のために、ずっと戦い続けてくれてる・・・。」
    
    
   
「私達、いつも何かと戦ってる・・・。戦いながら生きてる・・・。あなたの言う通り・・・。」
   
「だから私は、戦い続ける・・・。」
   
「今までと同じ、ううん、今まで以上に戦い続ける・・・。」
   
「勝つためじゃない・・・。負けないために・・・。私が健やかに生きるために・・・。」
    
「大好きな人達が健やかに生きられるように・・・。」
   
「他のすべてを見下して、虐げて、奪ってくる、あなたみたいな存在のせいで、悲しむ人が増えないように・・・。」
    
   
「フフッ。今更人間1人に何ができよう?」
「できるラビ!」
   
「ラビリン!」
「諦めない人が1人いれば、勇気付けられる人が生まれるラビ!」
   
    
「一緒に戦う仲間が増えるラビ!」
   
「仲間ができたら、支え合える!」
「弱い心も、貫きたい強い思いも!」
    
   
「そして、一緒に立ち向かえる!」
   
「失敗しても、間違っても!」
「笑い飛ばして、フォローし合って!」
   
    
「もっと大好きな仲間になる!」
   
「大切なものがどんどん増えて・・・、」
「もっともっと守りたくなって!」
    
   
「もっともっと諦められなくなるのです!」
   
   
「ちゆちゃん! ペギタン!」
   
「ひなたちゃん! ニャトラン!」
   
「アスミちゃん! ラテ!」
   
『ラビリン! のどか!』
    

    
「一人じゃ難しくても・・・、」
「みんなで手を取り合って!」
「諦めずに!」
「戦い続けます!」
    
    
「まさか、あの子達に勇気付けられるとは・・・。」
   
「そう、私はまだ、諦めたくない!」
   
「やるな、ひよっこ達! そうだ! 諦めねえ!」
    
「この星の命を、ビョーゲンズ達に渡したくありません!」
   
   
『のどか・・・。』
   
   
『ちゆ・・・。』
   
   
『ひなた・・・。』
   
「こんなところで終われねえ!」
「私には、まだやりたい事がある!」
「僕には、やりたい事がある!」
    
   
『もっと生きたい!』
『生きたい!』
『生きたい!』
『生きたい!』
『生きたい!』
「生きたい!」
    
    
    
    
「私達は!」
『生きたい!』
    
『生きたい!』
   
    
    
   
「何だ・・・。この生気に満ちた光は・・・。」
   
    
    
「これって・・・。」
「みんなの思いです。」
   
「この星に生きるすべての命が、心の肉球にキュンときた。生きたいという叫びの結晶です!」
    
「地球のみんなの・・・。」
「思いの結晶・・・。」
   
「こざかしいマネを! 許さんぞ!」
   
「絶対に負けないラビ!」
「この星のすべての皆さんと、」
『手と手を繋いで!』
『ハートを繋いで!』
『地球をお手当てする!』
   

『スタート!』
    
『プリキュア! オペレーション!』
    
   
『重なる二つの花!』
    
「キュアグレース!」
   
   
『交わる二つの流れ!』
    
「キュアフォンテーヌ!」
   
   
『溶け合う二つの光!』
    
「キュアスパークル!」
   
『時を経て繋がる二つの風!』
    
「キュアアース!」
   
    
   
『地球をお手当て! ヒーリングっど♡プリキュア!』
    

 そして、グレース達は、ネオキングビョーゲンと戦います。
    
    
    
    
    
    
「今ラテ!」
   
『ヒーリングっど♡アロー!』
    
   
『プリキュア! ファイナルヒーリングっど♡シャワー!』
    
    
    
「この我が、見習いどもと人間なんぞに・・・。」
   
『私達は、生きる事を、健やかな未来を、諦めない!』
    
    
    
    
「ヒーリングッバイ・・・。」
   
『お大事に!』
   

    
   
「浄化・・・、」
「できたのね・・・。」
「良かった・・・。」
「お疲れ様でした。」
   
    
   
「みんな、すべての力を出し切ってくれたのね・・・。」
「ママ・・・。」
   
「ラテ、あなたが皆さんを手当てして。今のあなたなら、できるはずよ。地球中から届いた力を、その身に宿したあなたなら・・・。」
   
    
    
    
「ありがとう・・・。優しく真っ直ぐな、地球のお医者さん達・・・。」
   

    
「こんなところで眠っちゃって・・・。」
「疲れ切っているのでしょう・・・。」
「そりゃ、あんな怪物をやっつけてくれたんですから!」
    
「知らなかったな。この子達が、ずっと、私達を守ってくれてたなんて・・・。」
「きっと何か、重大な事情があって隠してたんだよ・・・。」
「この子達の思いを、尊重してあげたいですね・・・。」
   
「今まで通り何も知らない、という事で・・・。まさか新聞に書かないよな?」
「そんな事しませんよ! プライバシーを守る事も、ジャーナリストには大切な事ですから!」
    
「じゃ、せめて私達から、こっそりお礼だけ言わせて下さい。」
「ありがとう、お嬢さん達・・・。」
『ありがとう!』
    

 そして、平和な日々を過ごすのどか達。
   
「今日は、のどかのお見送りはしないのですか?」
「ああ、僕らがいない方がおしゃべりでき・・・、」
   
   
「アスミちゃん。ドレッシング、何がいい?」
   
「お姉ちゃん。これ、部屋で食べて。」
   
「え? 部屋で? どうしてそんな?」
「いいの! あげたいの!」
    
「見て! ひなたってば、またお弁当置いてっちゃった!」
「今日は、みんな忙しいな! 誰か届けてくれないかなー?」
    
   
    
    
「よう、アスミちゃん! これ持ってきな!」
「みんなで食べな!」
    
「まあ、ありがとうございます。でも、なぜですか?」
「気にしない! 気にしない!」
    

 それから後日・・・、
    
「アスミちゃんもヒーリングガーデンに行っちゃうんだね・・・。」
「はい。ずっとラテのお傍にいたいので・・・。」
   
「寂しいペエ・・・。」
「泣くなよ! 永遠のお別れじゃないっての!」
    
「またいつか進化したビョーゲンズが現れるか分からないラビ。その時に備えて、もっともっと勉強しないといけないラビ!」
「今度はオレ達だけでお手当てできるようにならないとな!」
    
「分かってるペエ・・・。それでも、やっぱり寂しいペエ・・・。」
   
「私もよ、ペギタン・・・。」
「ちゆ・・・。」
   
「ひなた、どうした? さっきから静かだな?」
「べ、別に、何ともないし! アタシ、これでも成長したし!」
    
   
「のどか・・・。」
「なあに? ラビリン?」
    
「お手当て手伝ってくれて、本当にありがとうラビ! 今度こそ元気で、平和な日常を・・・。」
   
   
「危ない事に巻き込んじゃって、ごめんラビ!」
「ずっと心配してくれてたもんね・・・。ありがとう・・・。」
    
「でもね、私ね、大変だったけど、楽しかったよ!」
    
   
「のどか・・・。」
「ラビリン達と一緒に過ごした日々は、本当に楽しくて、新鮮で、私、生きてるって毎日感じてた!」
   
    
「ラビリン達が1人でお手当てできるようになって、パートナーが必要なくなっても、私達、お友達でしょ?」
    
「ラビ! ずっと友達ラビ!」
   

    
「それでは皆さん、ごきげんよう!」
「バイバイラテ!」
「今度遊びに来るペエ!」
「いつでも待ってるわ!」
    
   
「みんなもヒーリングガーデン、遊びに来いよな!」
「うん! 絶対! 絶対行くから!」
    
「みんな! 元気でラビ!」
「みんなも、元気でね!」
    
   
「またね・・・。」
   

 今回は、これで終了です。


次回:「おいでませ♡ヒーリングガーデン!
 ラビリン達が帰ってからしばらくして、のどか達がヒーリングガーデンに遊びに行きました。
 ネオキングビョーゲンを浄化するために一緒に頑張ってくれたヒーリングアニマル達とも会えて、のどか達は喜びますが、突然メガビョーゲンが現れました。一体なぜ?
 久しぶりのお手当てのため、思ったより浄化に時間がかかりそうですが、その時、ラテの強い思いが力になり、光の中から現れたのが・・・。


【まとめ】
 ネオキングビョーゲンは、のどか達を取り込み、地球全体を蝕みましたが、地球に生きるすべての命の「生きたい」という思いが、新たなヒーリングステッキを生み出し、その力でネオキングビョーゲンを浄化し、それから何日か経った後、アスミとラビリン達はヒーリングガーデンに戻り、のどか達は笑顔で見送りました。

 のどかの笑顔が素敵過ぎて、素晴らしい最終回だった! 生きてるって感じ!
 感動をありがとう! ヒーリングっど♡プリキュア!


 今話の感想を簡単にまとめると、こんな感じですね。
 ああ、もちろん、今話が最終回じゃないって事は分かってますよ? 今話が最終回でもおかしくないくらい、ものすごく盛り上がってた上、感動したって事です。
 っていうか、前作も同じような事を書いてますね。ハハハ。(笑)

 まずは、今回で、ラスボス・ネオキングビョーゲンを撃破。地球に生きるすべてのもの達の「生きたい」という思いが、ヤツを倒す力になりました。
 「生きる」という事は「戦う」事。なるほど。確かに、私達がこうして生きて何かをやってる事は「戦い」なのかもしれませんね。
 その何かは、簡単にできる事もあれば、難しい事だってあるでしょう。だけど、それを不可能と決めつけず、思考を巡らせたり、身体を鍛えたり、時には誰かと協力するなどして、「困難」という壁に立ち向かい、難しいと思っていた物事ができる事も多々あります。
 その「戦う」気持ちが、地球が誕生した時からずっと存在し続けた事で、今の世界があるのでしょう。そして、それは、未来を作るためにも必要でしょうね。
 私達は、生きて何かを成し遂げるために戦っている。それは、周りのものを蝕んで死に追いやるネオキングビョーゲンへの良い「特効薬」だったと思いますね。

 ネオキングビョーゲンを倒した後、のどか達は、すべての力を出し切って、しばらく眠っていましたが、その時の寝顔がすごく気合入れて描かれてましたね。美少女感が半端なかったです。
 そんなのどか達を、すこやか市の人達が感謝していたのも、良い描写でした。そして、のどか達がプリキュアとして世界を救った事を秘密にしたのも。
 今まで正体バレとなった作品はいくつかありましたが、本人達の知らぬところでプリキュアである事がバレて、そして、それを知った者達もそれを黙っておくというのは、これまでのプリキュアシリーズでは初めての事ゆえに、結構面白かったと思いましたし、粋で温かい人達とも思いました。

 それからしばらくして、のどか達とヒーリングアニマル達との別れの時が来ましたが、この時は、のどかの笑顔が素敵過ぎたなあ・・・。
 ここまで来るのに様々な困難な事があったのに、「楽しかった」ですからね。それも、同じBパートでは、ネオキングビョーゲンに対し、力強い目で抗っていたと思うと、尚更あの笑顔が際立ちますね。
 ここまでのどか達の活躍や成長を追い続けて、本当に良かったです。

 そして、前期エンディング「ミラクルっと♡Link Ring!」が流れたのも神演出でした。
 エンディング映像は、昼から夜、夜から昼への変化と、四季の変化が描かれ、時の移ろいを感じさせてくれるものでした。それだけに、あのBGMが流れた時は「そうか・・・。もうこんな時がやってきたのか・・・」と感じ、感慨深い気持ちになりましたね。
 おかげさまで、今話が最終回でもおかしくないくらいの感動を味わいました。感動をありがとう! ヒーリングっど♡プリキュア!

 さて、次回は最終回。
 今作開始前は「悠木碧さんが主人公役とかマジか!」「これが主人公プリキュアのビジュアルか。生足に目が行っちゃうなあ」などと感じ(笑)、また、コロナ禍による約2か月の放送休止期間や2度の春映画延期といったトラブルもありましたが、気付けば、次回がラスト。時が経つのは早いですね。

 最終決戦は今回で終わったものの、最終回ですし、それにふさわしい大きな見所は用意されているのでしょう。
 最終回といえば、ここ近年は、次回作の主人公プリキュアが登場していますが、次回もそうなるのか? また、のどか達の将来の姿は描かれるのか?
 最後の1秒まで、全キャラの行動にしっかり注目し、そして、万感の思いで、最終回の感想を書きたいと思います!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ヒーリングっど・プリキュア テレ朝(2/14)#44

第44話 みんなでお手当!!すこやかな未来のために テアティーヌ様やヒーリングアニマルで張った結界の効果が危うくなってきた。そろそろ限界ではとネオキングビョーゲンが待っている。彼女たちが戻るまで頑張る。4人とラテが結界内に戻ってきた。シンドイーネは浄化されたのか、あの程度ならいつでも生み出せる。次々に攻撃するがバリアが防ぐ。しかしキュアアースの攻撃は通過する。それならばと全員でキュアアースを...

ヒーリングっど♥プリキュア 第44話 みんなでお手当て!!すこやかな未来のために

シンドイーネの力を取り込み、ネオキング病原様を攻撃するアスミンとプリキュアども。 プリキュアが病原体でキングが患者だと錯覚しそうだけど、患者はあくまで地球。 ネオキング病原様が予防接種ずみ、みたいな話があったんで、ちょっと混乱してしまうんですがそれは… 生存競争みたいな話をネオキング病原様がしてた。  なるほど なんか妙に納得してしまった。 ネオキング病原様が勝って、病原ズの住みやすい...

ヒーリングっど♥プリキュア 第44話 感想

【みんなでお手当!!すこやかな未来のために】 来週は後日談なので実質、今日が最終話です。 いやぁ~良かったよ!すこやか市の皆さん、良い意味でだよ、花寺さんたちがプリキュアだけどあえて知らないふりをするその姿勢、良かったよ! 悪い意味での知らないふりは私的に好きじゃないけど、あえて今までの経緯は知らないけど花寺さんたちを受け入れて何事もなかったかのような日常に戻す。 終盤で前期EDテー...

ヒーリングっどプリキュア44+仮面ライダーセイバー22+魔進戦隊キラメイジャー43

魔進戦隊キラメイジャーエピソード43「汚れた英雄」内容ヨドン皇帝を取り込んだガルザは、皇帝ロードガルザになり、オラディン王の処刑に動き始める。充瑠(小宮璃央)たちは、オラディン王を救おうと、クランチュラに協力してもらい、ヨドンヘイムへ。敬称略まあ、そういう設定があるだろうとは思っていたが。若干。。。。充瑠が充瑠なので、お花畑的な展開であるが。それでも、意外と良い感じだと思えるのは、今作が、シ...

ヒーリングっど プリキュア 44話 「みんなでお手当て!!すこやかな未来のために」

ネオキングビョーゲンとの最終決戦。 ときには、プリキュアまでがネオキングビョーゲンに吸収されてしまうことも!? 最後は、みんなの力で浄化に成功。 のどかたちがプリキュアであることが、街の人たちにはバレてしまった。 でも、知らないふりをしてくれるみたい。新しいパターンかも? ビョーゲンズの脅威がなくなり、ヒーリングアニマルはヒーリングガーデンへ帰ることになった。 地球のエネルギーか...

ヒーリングっど♥プリキュア 第44話「みんなでお手当て!!すこやかな未来のために」

ヒーリングっど♥プリキュアの第44話を見ました。 第44話 みんなでお手当て!!すこやかな未来のために 策を講じたアスミの技はネオキングビョーゲンのバリアを通過し、ダメージを与えることに成功するが、希望が見えたその瞬間にテアティーヌの結界が解かれてしまう。 拘束から解き放たれたネオキングビョーゲンはのどか達を一気に取り込み、やがて地球全体を蝕んでいく。 取り込まれた内部でネオキングビ...

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアと「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」に絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスカウンター