fc2ブログ

記事一覧

ヒーリングっど♡プリキュア 第24話感想

HEALING24.png

 今話の名セリフ:「風って、自然の思いを届ける力を持ってるんじゃないかな・・・。」(樹サクヤ)

 「ヒーリングっど♡プリキュア」第24話「いま行きます! お手当てを風に乗せて」の感想です。


~ オープニング前 ~
 ある日、ひなたは、雑誌に載っていたカフェの話をしていました。そのカフェは、おおらか市という所にあり、電車で2時間以上かかるとの事。
 ひなたは、今度の日曜日に皆で一緒に行こうと声をかけます。ですが、アスミは、そのカフェが紹介されているページの隣のページに目が行きました。
 そのページの内容は、おおらか市街から外れた湖畔について。
    
 のどかは、アスミがその湖畔に注目しているのを見て、ここに行こうと提案。弁当を持ってハイキングに行こうという話になり、皆、賛成しました。

「じゃあ、早い方が人も少なそうだし、駅に朝6時集合でどう?」
   
「まだ夜ニャ!」
「朝ラビ!」
   
 朝6時が夜って、どんだけ遅起きなんだよ。この2人、日曜日は、相当遅い時間まで寝てるんじゃなかろうか。
 まあ、かく言う私も、8時頃に朝食を食べた後は、数時間寝てますけどね。世間一般から見れば結構だらしないと思っています。(笑)


~ Aパート ~
 そして、日曜日を迎えました。
   
   
    
「ふわあ~、素敵・・・。」
「来て良かった・・・。」
「本当ね・・・。」
   
    
    
    
    
   
    
    
    
   
   
   
    
    
    
   
    
   
「アスミちゃん、なんか自然とお話ししてるみたい・・・。言葉が分かるの?」
「いいえ。思いが伝わってくるのです。」
   
「思い? 草や木の?」
「土や花、そして、湖の。」
「ここはとても気持ちいいよね・・・。生きてるって感じ・・・。」
   

 その直後、雛の鳴き声が聞こえてきました。少し歩くと、雛を見かけます。
   
 のどかは、巣から落ちたんじゃないかと心配し、雛を触ろうとしましたが、誰かが制止の声をかけました。

「触っちゃ駄目よ! この子は、たぶん巣立ちの時なんだよ。まだ上手く飛べないだけ。」
    
「親鳥が近くで見ているかもしれない。人間が勝手に連れて行っては駄目だよ。」
   
 ひなたは、何で親鳥が助けに来ないのか疑問に感じますが、アスミは、自分達がいると親鳥が近寄れないと言います。野生の雛にとって、人が近くにいる事はストレスになります。
 その後、女性は手袋を着けて、雛を安全な所に移動させました。
 雛から離れると、親鳥の声が。雛が無事な事に、安心したそうです。

 女性の名前は「樹 サクヤ」。このおおらか市で樹木医をやっています。
 木の様子を見て、診断をし、何か問題があれば処置をする。それが、彼女の仕事です。
「サクヤさんは、どうして樹木医になったんですか?」
   
「小さい頃からここによく来ててね・・・。友達と、家族と、1人でもよく来たな・・・。ここにいると心が休まるの・・・。」
    
「私の大好きな場所・・・。だから、ここにある木や自然を守りたいと思ったの・・・。」
    
「木は大地に根を張って、繋がっているでしょ? 地球と。木が枯れたり元気がないのは、地球の悲鳴なんだって、私は思ってる・・・。」
    
「サクヤさんは、木だけじゃなくて、地球もお手当てしてるんですね!」
   
「地球のお手当て? そんな大げさなものじゃないけど・・・。」
   
    
「木が、話してる・・・。」
   
「風が吹いただけでしょ?」
「そう。でも、話してるよ。木が。お互いに元気って声を掛け合ってる。」
   
「風って、自然の思いを届ける力を持ってるんじゃないかな・・・。」
    
「なんて、私の思い込みだけどね。」
   
「そんな事ありません。サクヤさんは、本当に自然の思いが分かる。いえ、分かろうとしている。」
   
   
「ここの自然が素敵なのは、きっとサクヤさんがいるからです。私も、ここが大好きです・・・。」
    
「ありがとう。」
   

 辺りが夕方となった頃、のどか達はサクヤと別れ、家に帰りました。
 しかし、ある夜、この湖畔にダルイゼンが。例の雛を見かけ、メガパーツを取り込ませました。



~ Bパート ~
 その翌朝、ラテは体調を崩しました。メガビョーゲンが、あの湖畔に出現した事を知ります。
 ニュースでも、おおらか市に怪物が現れた事が報道されていました。しかも、映像には、サクヤが湖に向かって走っている姿が。

「やめて・・・。木が泣いてる・・・。湖も泣いてる!」
   
「うるさいな・・・。」
   
   

 おおらか市までは、かなりの距離がありますが、それでも行くしかありません。
 そんな中、アスミは・・・、
「サクヤさん・・・。助けます、サクヤさんを・・・。あの素敵な自然を・・・。」
   
    
    
    
「風よ・・・。私の思いを運んで・・・。」
    
    
「ええーっ!? 何、あれ!?」
「おおらか市の湖!?」
   
「あれを通れば湖へ行けます。行きましょう。地球のお手当てに!」
   
    

 そして、湖に到着。しかし、サクヤは、怪物の攻撃を受けて、気を失っていました。
 怪物の名は「ネブソック」。ここの自然を救うため、のどか達は変身します。


「またお前達か・・・。本当にどこにでも現れるな。」
「ダルイゼン!」
    
「兄ちゃん! コイツら、何だ?」
「いーっつも、兄ちゃんの邪魔をするんだ・・・。」
   
「じゃあ、倒しちゃっていい? 倒したら褒めてくれよな、兄ちゃん!」
    
 「兄ちゃん」と呼ばれて、まんざらでもない顔してるな、オイ。バテテモーダから「兄貴」と呼ばれて病みつきになったんでしょうか。(笑)

 ネブソックの猛攻に、グレース、フォンテーヌ、スパークルは押されてしまいますが、アースは問題なく対処。
 しかし、ネブソックの攻撃の余波で木が倒れ、気を失っているサクヤに当たりそうになってしまいます。ですが、ここはアースが守りました。
 それでも、ネブソックは容赦なく攻めてきます。ここは、グレースがシールドで回避し、スパークルが反撃でネブソックの攻撃を止め、フォンテーヌがサクヤを担ぎました。

 その後、ネブソックが急降下。プリキュア達は回避しますが、その破壊力はかなりのもの。
 が、ダルイゼンは、所詮その程度だと評価。それを聞いて悔しく感じたネブソックは、かなり高い所まで飛びましたが・・・、
    
「おっかねー!」
    
「たっけーとこ、超おっかねー!」
「高い所怖いんだ・・・。」
「飛べるのに?」
    
 まあ、飛べるといっても、雛が素体ですからね。高い所が怖いのは、分からなくはないかも。
 つーか、アース1人だけギャグ目になってねぇ。まあ、大人な雰囲気を醸し出していて、あまり合わないという判断から、そうしなかったんでしょうけど、キミもギャグ目になったっていいのよ? 私的には、その方がおいしいから。(笑)

 高い所は怖いネブソックですが、それでも、積極的に攻撃を繰り出してきます。
 ここは、アースが相手。ネブソックの攻撃を回避し続け、他3人の力を借りて、空高くジャンプ。
 ネブソックは、アース1人を追いかけ続けたために・・・、
   
   
「たっけー! おっかねー!」
    
 ネブソックが落ちてきたところを、アース以外の3人がトリプルキック。
 再び上空に追い出し、そこを、ヒーリングハリケーン。ラテの具合が回復し、雛や湖、周りの木々も元に戻りました。気を失っていたサクヤも目を覚ましました。

「サクヤさんが気が付いて、木も草花も湖も喜んでいます。」
   
   
「私の思い込みです。」
   
   

 その後、すこやか市に戻るのどか達。風の力を借りてここまで来たように、帰りも同じようにしたいところですが・・・、
「できません。あれはとても力を使うので、続けてはできないのです。」
   
『えーっ!?』
「って事は電車で帰るの!?」
「電車賃足りるかな・・・。」
「私、お使い頼まれたんだけど・・・。」
   
「せっかくだから、カフェ寄ってかない?」
「行ってみたい!」
「それどころじゃないでしょ!」
    

 今回は、これで終了です。


次回:「勇気を出して! とらわれのペギタン
 ペギタンは、ちゆと一緒に、ちょっと怖い映画を見ていました。ペギタンは、怖くないと強がるものの、ちゆはペギタンの頭をなでながら可愛いと声をかけます。
 その後、ちゆが少し部屋を離れた間、ペギタンが部屋からいなくなってしまいました。皆でペギタンを探す事になり、ラテに匂いを辿ってもらったら、公園のベンチで途切れていて・・・。
 一体、ペギタンは、どこに行ってしまったのか?


【まとめ】
 おおらか市にある湖畔にハイキングにやって来たのどか達は、「樹 サクヤ」という樹木医と会い、彼女の仕事に感銘を受けたものの、その後日、雛鳥にメガパーツを取り込ませて生まれた怪物「ネブソック」が、湖畔やその周りの自然を蝕んでいきましたが、アスミが風の力を借りて、湖に通じる道を開き、ネブソックを浄化しました。

 という事で、今回は、自然豊かな場所でハイキング。今作は、過去作と比べると、自然の豊かさが目につき、最初の3話の感想記事では、自然を感じたポイントを挙げてもいました。
 そして、今話は、全24話中、最も自然の豊かさが描かれていたと感じ、すごく今作らしい回だったと感じています。私は、ここ何年も、自然の豊かさとは無縁の生活を送り続けてますので、すごく目を惹かれましたね。
 特に、あの湖畔は、すごく綺麗だったと感じています。いつか、都会の喧騒から離れて、ああいう場所で一夜を過ごしてみたいな、と感じました。

 そんな中で、「樹サクヤ」という樹木医が登場。湖、および、その周辺の動植物の保全が彼女の仕事であり、そういうキャラを出してきたという事は、人と自然の共存の大切さを語っていたように感じます。
 自然は、景観が美しく、私達人間の心を癒してくれるものばかり。しかも、私達の寿命をはるかに超えて、その美しさを保っており、力強さも兼ね備えていると思います。

 しかし、そんな自然にも寿命はあります。いくら自然が力強いといっても、自然の力だけでは、永遠に美しさを保てないでしょう。
 それには、人の手が必要なように思います。と言っても、人の個性はそれぞれで、中には、動物の捕獲や木の伐採に遠慮しない者達もいますが、自然の美しさに感銘を受けて、それを守りたいと思う者達が、それなりにいるから、自然は美しいものだと、いつまでも認識されているのでしょうね。
 自然が人の力を必要としているように、私達人間も生きていくには自然の力が必要です。光合成により生み出される酸素とか、身体に必要な水など。
 そういう意味では、人も自然も本質的には同じであり、「共存」が大切なのだろうな、と思いました。今後どこかの回でも、自然について深く考えさせる話があったらいいな、と楽しみにしています。

 さて、次回は、ペギタンが行方不明になってしまうという話。っていうか・・・、
   
 なんか、すげー目してるんですけど。そういえば、以前のどかがペンギンのポーズをしていた時に変な目をしていましたけど、あながち間違いではなかったって事でしょうか。(笑)
 なんとなく、次回は、ちゆとペギタンが絆を深める話になりますかね。振り返ってみると、これまでのちゆメイン回は、パートナーとの絆を深める話はなかったですので、次回は注目度高めに見た方がいいのかもしれません。
 次回予告を見た感じでは、ペギタンの災難に笑いまくりそうな気がしますが、シリアスどころもきっちり描いてほしいな、と期待しています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ヒーリングっど♥プリキュア 第24話 いま行きます!お手当てを風に乗せて

湖へハイキング。 泳ぐよな? 水着がない? 誰もいないから全裸でヘーキヘーキ。 頑なに泳がないのは、いかにもプリキュアらしいというか、玩具屋Bが水着を売ってないせいもあるのか。 夏がなくて春から秋になってしまった感のあるヒープリ、上手く水着回回避したなって。 樹木医のお姐さん登場、鳥インフルとか怖いから迂闊に動物に触るなっていう社会派な話。 木や風が話してるとか危ないことを言うお姐さんが...

ヒーリングっど・プリキュア テレ朝(9/13)#24

第24話 いま行きます!お手当を風に乗せて ひなたが、おおらか市の人気のカフェに行きたいと相談する。しかし、アスミがおおらか市の自然の風景を見て興味を持つ。それを知ったのどかが、湖にピクニックに行こうよと提案する。アスミちゃんが決めれば良い。それならお弁当を持って人の少ない朝早くに行きたい。朝の6時集合はひなたには難しい。早朝の湖は誰も居ないのでラビリンたちも自由に行動できる。のどかたちも走...

ヒーリングっど♥プリキュア第24話 感想

【いま行きます!お手当を風に乗せて】 完全にあれだね、夏編がオールカットされちゃったね😢 制作側はやはり放送休止が決まる辺りから、調整に入っていたのだろうか。 調整に入って放送再開の目途が付いてから、再度、物語の展開をどこを削って違和感なく自然な低で放送休止前の回とつなぐように微調整されたのかな。 夏編も数回やっただけで急に秋へと切り替えたら不自然さが出てくる、それにキュアアース登場...

ヒーリングっどプリキュア24+仮面ライダーセイバー2+魔進戦隊キラメイジャー23

魔進戦隊キラメイジャーエピソード23「マブシーナの母」内容魔進ザビューンによると、マブシーナの母・マバユイネが生きていると分かる。オラディン王のことを誤魔化すマブシーナと宝路(庄司浩平)そんななか、キンコ邪面が出現する。敬称略もう、なんて言ったら良いんだろう。まさに“戦隊”という感じではあるのだが。想像を超えていて、斜め上に行ってるよ(笑)いっそ、マブシーナ。。。変身しちゃえば?ってか、完全...

ヒーリングっど プリキュア 24話 「いま行きます!お手当てを風に乗せて」

電車に乗ってハイキング。 森では木のお医者さんのお姉さんと出会う。 後日、この森でメガビョーゲンが出現。 巣から落ちた雛鳥が実験台にされた模様。ああ…。雛鳥が…。 森までは2時間もかかる。さすがのプリキュアも高速移動はできないらしい。 すると、アスミが瞬間移動の特殊能力を発動。 ただし、いつでも発動できるわけでない様子。遠方時の実費負担はきつそう…。 メガビョーゲンは無事に浄化...

ヒーリングっど♥プリキュア 第24話「いま行きます!お手当てを風に乗せて」

みんなでハイキング! ラテわんわん楽しそう(^^) おすわりしてごはん待ってるラテわんこかわええ(≧▽≦) 樹木医サクヤさんとの交流がよかった。 彼女のレクチャーにヒープリガールズ感激。 巣立ち前のひな鳥にも善処、自然への造詣が深いサクヤさん。 そのひな鳥をモンスター化するダルイゼンの外道っぷり メガパーツを使ってるだけにかなりのパワー。 グレース、フォンテーヌ、スパークル...

ヒーリングっど♥プリキュア 第24話「いま行きます!お手当てを風に乗せて」

ヒーリングっど♥プリキュアの第24話を見ました。 第24話 いま行きます!お手当てを風に乗せて アスミが興味を持った、おおらか市の湖畔へハイキングに出かけたのどか達は緑に囲まれた湖のまわりで遊んだり、お弁当を食べたりして楽しんでいると、何かの鳴き声が聞こえてくる。 茂みの奥へ行ってみると、巣から落ちたひな鳥の姿があった。 助けようとしたその時、ひなに触れてはいけない、と呼び止める女性...

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

アクセスカウンター