FC2ブログ

記事一覧

「いろつく」で遊んでみた Part25

 「『いろつく』で遊んでみた」第25回です。

 さて、先週末、「大学入試センター試験」が行われました。
 「大学入試センター試験」とは、国公立大学の共通1次試験。どこの大学を受けるにしても、同じ問題を解く事になります。
 問題のレベルは教科書に準じたもので、そこまで高くはないものの、高い得点が取れないと、志望大学合格が厳しくなりますので、油断はできません。
 それに、自分の将来がかかった大事な試験でもありますので、プレッシャーもかかり、難しく感じる受験生も多いでしょう。
 そのために、普段通りの実力を出せなかった受験生もいるかと思いますが、2次試験の結果次第では巻き返しもできますので、諦めずに希望を持ってほしいものです。

 また、私立大学の入試も来月上旬に控え、本格的な大学受験シーズンに入りました。
 読者の中に大学受験生がいらっしゃいましたら、体調管理に気を付けつつ、1日1日を大事に過ごして下さい! そして、ベストの状態で本番頑張って下さい!

 前置きが長くなりましたが、今回の「いろつく」は、「大学入試」に絡めて、「大学」ネタで3本出します。

 まずは、「センター試験能力診断」。
 先程述べた「大学入試センター試験」における能力について、「冷静さ」「プレッシャー耐性」「アクシデント対応力」「」「風邪に対する抵抗力」「実力発揮能力」「記憶力」「集中力」の8項目を5段階評価で診断します。
 結果は、こうなりました。

 私がセンター試験を受けたのは何年も前ですが、この結果にかなり近かったなって思っています。昨年は、色んな検定や資格の試験を受けましたが、そのときもこんな感じでした。
 「記憶力」と「プレッシャー耐性」の低さを、最高ランク5の「冷静さ」と「アクシデント対応力」で補えているのが、すごく納得してるところですね。試験始まって、最初はプレッシャー感じていますが、時間が経てば、落ち着いて解けるようになっていますし、試験勉強で忘れた箇所についても、ヒラメキで何とかなっているところが多いです。

 次は、「あなたに向いてる学部診断」。
 大学には色んな学部がありますが、どの学部に向いているのかを診断します。具体的には、「文学部」「経済学部」「法学部」「教育学部」「農学部」「工学部」「医学部」「理学部」の8項目を5段階評価で診断します。
 結果は、こうなりました。

 私は理学部出身ですが、理学部はランク2と低い結果に。工学部の最低ランク1もショックでした。
 反対に、文学部、医学部が最高ランク5だったのが驚き。そういや、「ドキドキ!プリキュア」の六花は医者を目指していてますし、百人一首を趣味としているあたり、文学少女を思わせるところもあります。という事は、「いろつく」での、六花と私の相性の良さは、この診断にも表れた、と見て良さそうですね。(笑)

 最後は、「相性の良い大学ランキング」。
 相性の良い大学ベスト5を表示します。結果は、こうなりました。

 1位は「大同工業短期大学」。50年近く前に廃止されたものです。廃止数年前に「大同工業大学」が設置され、今から5年前に大学名が「大同大学」となったようです。ちなみに、この診断結果が出た時、大同大学がどこにあるのか知りませんでした。在学生、卒業生の読者がいたら、すいません。
 2位、3位はいずれも北陸にある国立大学。4位、5位は中国地方にある私立大学。という事で、関東地方内の大学は1個もランクインせず。なんか悲しいなあ・・・。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Msk-Mtn

Author:Msk-Mtn
 プリキュアに絶賛ドハマリ中の1980年代生まれの老けたお兄さん。
 このブログは、goo blogバージョンもあります。そちらをご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。

 このブログは、リンク・トラックバック・コメントは基本的に自由です。また、リンク・トラックバックについては、事前報告も不要です。
 ただし、トラックバックは、トラックバック先が、記事と関係のないものでしたら、削除いたします。また、コメントも、内容によっては、返信しなかったり削除する事もありますので、あらかじめご了承下さい。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

アクセスカウンター